神経系
中枢神経系
脊髄
末梢神経系 脳脊髄神経 脳神経(12対)
脊髄神経(31対)
  • 頸神経(8対)
  • 胸神経(12対)
  • 腰神経(5対)
  • 仙骨神経(5対)
  • 尾骨神経(1対)
自律神経 交感神経
副交感神経




末梢神経
(peripheral nervous system:PNS
末梢神経


  • 中枢神経系(脳と脊髄)以外のすべての神経要素からなり、中枢神経系とほかのすべての体器官とを接続する
    • 中枢神経系
      • =末梢からの刺激を受け、これに対して興奮を起こす中心部
    • 末梢神経系
      • =中枢神経系から出る神経線維の束の総称。
      • 刺激や興奮を伝導する部分。

  • (末梢神経系の機能的分類)
    1. 体性神経系:身体の運動や感覚機能を司る神経系
      • 遠心性・・・運動神経
      • 求心性・・・感覚神経
    2. 自律神経系:循環・呼吸・消化など各種の自律機能を司る神経系
      • 遠心性・・・交感神経と副交感神経
      • 求心性・・・内臓の感覚神経
  • 【遠心性と求心性】
    • 遠心性神経=興奮を中枢から末梢に伝える神経
    • 求心性神経=末梢からの興奮を中枢へ伝える神経

  • (末梢神経の形態的分類)
    1. 脳神経=脳(脳幹)から直接出る末梢神経
    2. 脊髄神経=脊髄から軸索が出ている末梢神経

  • PNS(末梢神経)は、体性神経と自律神経(ANS)からなる。

  • 体性神経は骨格筋と皮膚を神経支配している。

  • 末梢神経の体性神経成分は、運動神経と知覚神経の軸索を含む。

  • 運動神経の細胞体は前角灰白質にあり、知覚神経の細胞は後根神経節にある。






自律神経系
(autonomic nervous system:ANS)
  1. 自律神経系は、2つの神経系から構成される。
    1. 副交感神経系(parasympathetic nervous system)
      • は、4対の脳神経(CN:V・Z・\・])と仙髄S2-S4レベルに由来し、
        • V=動眼神経
        • Z=顔面神経
        • \=舌咽神経
        • ]=迷走神経
    2. 交感神経系(sympathetic nervous system)
      • は、胸髄と上部腰髄(T1-L2)に関連を持つ
  2. 自律神経系は、連なった2つのニューロンから構成されている。
    • 中枢神経系から発した節前ニューロンが、末梢自律神経節に位置する節後ニューロンとシナプスを形成している。
    • 自律神経系の節後ニューロンの軸索は、平滑筋・心筋・腺を神経支配する
  3. 基本的に、交感神経系は体を動かし(いわゆる戦闘態勢or逃走態勢)、副交感神経系は消化や恒常性維持の機能を調整する。
  4. 通常、交感神経と副交感神経は協力して内臓機能(呼吸・心臓血管機能・消化・腺分泌機能)を調整する。


手足のしびれ」「足がしびれる」「麻痺」「半身不随」「多発性神経炎
糖尿病」「多発性硬化症」「脚気」「多発性硬化症」「巨赤芽球貧血
感覚異常性大腿神経痛」「ギランバレー症候群」「脳性マヒ
甲状腺機能低下症」「シックハウス症候群」「ムチ打ち症
頚部椎間板障害「HAM」「手根管症候群






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬