ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。   

  • 麻薬
  • (まやく)

HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品


疼痛
モルヒネ
薬物依存症
覚醒剤中毒



麻薬
〇耽溺性(精神的/身体的)を有する薬物を麻薬という

〇以下の種類があり、鎮痛作用が強い。
  1. 天然麻薬・・・
    1. [アヘン末]
    2. [アヘンチンキ]
    3. [モルヒネ]
    4. [コデイン]
  2. 部分合成麻薬・・・
    1. [ヘロイン]
  3. 合成麻薬・・・・・・・
    1. [ペチジン]
    2. [メサドン]

モルヒネ
  • 呼吸抑制、徐脈、縮瞳、嘔吐、多幸感を示す

(ヘロイン)
  1. 身体依存性が強い。
  2. 肺水腫、感染ほか、モルヒネと同様の症状を示す。

(コカイン)
  • 中枢神経興奮性の天然麻薬であるが、局所麻酔作用がある。

(合成麻薬)・・・TFMPP
  • 2008年、警視庁城東署は、合成麻薬の『TFMPP』と『BZP』を所持していたニュージランド国籍者を麻薬取締法違反容疑で逮捕した。
    TFMPPやBZPは中枢神経を興奮させる作用があり、「脱法ドラッグ」と呼ばれている。
    2003年10月に、麻薬に指定された。

医療大麻
  • カナダ、オランダ、イギリスでは、医療大麻が使用されている。
    アメリカでは一部の州で合法化されている。
    大麻には鎮痛、催眠、抗ガン、眼圧の低下作用などが知られている。





麻薬    Narcotics









アヘン [アヘン]
[アヘンチンキ]
アヘン・トコン散 [ドーフル散]
アヘンアルカロイド・アトロピン [オピアト]
[パンアト]
アヘンアルカロイド・スコポラミン [オピスコ]
[パンスコ]
[弱オピスコ]
[弱パンスコ]
塩酸アヘンアルカロイド [オピアル]
[パンオピン]
塩酸エチルモルヒネ [塩酸エチルモルヒネ]
塩酸オキシコドン [オキシコンチン]
[パピナール]
塩酸モルヒネ [アンペック]
[塩酸モルヒネ]
[オプソ]
[パシーフカプセル]
[プレペノン1%シリンジ]
オシシメテバノール [メテバニール]
モルヒネ・アトロピン [モヒアト]
複方オキシコドン [パピナール]
複方オキシコドン・アトロピン
(略称:ピコアト)
[パピナール・アトロピン]
リン酸コデイン [リン酸コデイン]
リン酸ジヒドロコデイン [リン酸ジヒドロコデイン]
硫酸モルヒネ [MSコンチン]
[カディアン]
[ピーガード]








塩酸コカイン [塩酸コカイン]







塩酸ペチジン [塩酸ペチジン]
[オピスタン]
塩酸ケタミン [ケタラール]
ケタミンがうつ病の候補に
  • 2014年、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターは、海外でうつ病の治療薬候補として臨床研究がされている「ケタミン」が働く仕組みの一端を解明した。
  • 脳の活動を画像で観察できる度麹の技術を使って、ケタミンの投与後に「やる気」に関わる脳の部分が活発になっていることを突き止めた。
  • ケタミンは麻酔薬としても使われているが、日本では依存性などから麻薬に指定されている。
  • 研究チームは、PETと特定の神経細胞に結合する薬剤で脳内の活動を可視化する技術を使い、アカゲザルの脳内を調べて薬が働くメカニズムの一端を解明した
クエン酸フェンタニル [フェンタネスト]
フェンタニル [デュロテップ]
合剤 [タラモナール]
[ペチロルファン]


塩酸メタンフェタミン [ヒロポン]




ケタミン
ケタミンがうつ病の候補に

2014年、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターは、海外でうつ病の治療薬候補として臨床研究がされている「ケタミン」が働く仕組みの一端を解明した。

脳の活動を画像で観察できる度麹の技術を使って、ケタミンの投与後に「やる気」に関わる脳の部分が活発になっていることを突き止めた。

ケタミンは麻酔薬としても使われているが、日本では依存性などから麻薬に指定されている。

研究チームは、PETと特定の神経細胞に結合する薬剤で脳内の活動を可視化する技術を使い、アカゲザルの脳内を調べて薬が働くメカニズムの一端を解明した。
ケタミンは
麻酔薬」で、幻覚や妄想などの作用があるため、日本では2007年に「麻薬」に指定された。

2009年エール大学のチームが抗うつ効果を初めて報告した。

一般にケタミンを合成すると「R型」と「S型」の2タイプができる。
麻酔薬としては混合したものが使われている。

(R型)
千葉大学の橋本謙二教授は「R型」と「S型」だけを抽出したもの抗うつ効果をマウスで実験した。
 体の大きいマウスと10日間同居したマウスは、ウツのような状態になる。砂糖水を飲む回数が減り、水に入れた際に抵抗する時間が短くなる。
そこへ、R型を投与すると、S型を与えた時に比べて砂糖水を飲む回数が増え、水の中でも抵抗する時間が長かった。

(S型)
ヤンセンファーマはS型ケタミンを開発中。2013年にFDAから「画期的な治療薬」の指定を受けた。



抑制系と興奮系
(抑制系)
  • アヘンから作るモルヒネ、ヘロインなどは抑制系の薬物
  • 幻覚などの精神病症状は現れません


(興奮系)
  • ヒロポンなどの覚醒剤が興奮系の薬物
  • 幻覚などの精神病症状が出てきます。
  • 覚醒剤中毒をなおすための特効薬はありません。
  • 覚醒剤を体験したという脳の記憶は無くなりません。









    
ドクトルアウン  ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved