毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう アルファベット順 50音順
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/

目が痛い


HOME 広告 通販 病院ランキング 血液検査 副作用 漢方薬



コンタクトレンズ障害
医薬品による緑内障
強膜炎
側頭動脈炎
球後視神経炎
角膜炎
群発性頭痛
シックハウス症候群





目が痛い (眼痛)
目が痛い=眼疼


針灸のツボ
  • 「騎竹馬穴(肝兪の上1寸)。脊柱に近く接し、脊柱を去る約1寸。」《沢田流聞書鍼灸眞髄》

    (目痛)・・・「和ク」「曲池」「肝兪第1行」「合谷(沢田流)」」

雪眼炎
  • 「紫外線による角膜障害である雪眼炎は日中、スキーをしている時には発症しない。多くは、紫外線を受けた6〜24時間後に目が充血し痛くなる。時間が経過しているため原因が分からず、次の日もゴーグルやサングラスを掛けないまま滑ってしまい、炎症を拡大させる。特に年間で紫外線量が最も多い3〜5月の春スキーの場合は、曇り空でもゴーグルをつけて目を保護するように気を付けよう



眼縁炎
  • =【風弦赤爛】【眼弦赤爛】【爛弦風】
    「小児のただれ目によく似て、多くは婦人の血症からくる。大人にも小児にもある。この症格別に赤いものを俗に血目という。また格別赤くないものを湿目という。
    《柚子流眼療秘伝書》
    1. 湿目には葛根湯+朮・大黄を用いる。
    2. また血目には桃核承気湯を用いるがよい。
    3. また格別に血の多い者には当帰建中湯または桃核承気湯を用いる」





漢方療法
  1. 眼眥と白眼が疼痛する・・・昼激しく痛み、陽に属する。
  2. 目珠と黒眼が疼痛する・・・夜激しく痛み、陰に属する





目が痛いときの漢方薬
  1. 越婢加朮湯
    1. (眼球が赤く腫痛)
    2. 眼球膨張、熱痛し、瞼胞腫脹し、及び爛瞼風、痒痛、羞明し、ニ涙 多き者を治す。応鐘散を兼用し、時に梅肉散或いは紫円を以て之を攻める。《類聚方広義》
  2. 夏枯草散[2]
  3. 救苦湯
  4. 眼疼1号
  5. 杞菊地黄丸
  6. 瀉青丸
  7. 十全大補湯+枸杞子・甘菊
  8. 升麻葛根湯
  9. 通導散
  10. 八味地黄丸+枸杞子・甘菊
  11. 苓桂朮甘湯
    1. 眼痛み赤脈を生じて開くこと、能はざる者を治す《方機》
    2. 飲家、眼目雲翳を生じ、昏暗、疼痛、上衝、頭眩、瞼腫れ、K涙多き者を治す。車前子を加えて最も奇効有り。当に心胸の動悸、胸脇支満、心下逆満等の症をもって目的となすべし。《類聚方広義》
    3. 越中二口の誓光寺の僧、某が診治を乞うて云うのに、私は眼が悪いけれども、見えない訳ではない。ただ物を久しく見ていることが出来ない。無理に見ていると、大小無数の四角いもの円いもが現れ、それがやがて消えると、今度は錐のようなものが眼中に差し込んで、その痛みは堪えがたい。このような症状が3年も続いているという。
      先生がこれを診察したところ、上気して煩熱の状態があり、筋肉がピクピクと痙攣している。そこで苓桂朮甘湯とT黄散をつくって服用せしめたところ、數10日で普通に物を正視出来るようになった《建珠録》


チェック
コンタクトレンズ障害」「医薬品による緑内障」「強膜炎側頭動脈炎」「球後視神経炎」「角膜炎群発性頭痛」「シックハウス症候群







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬