メイラード反応
あんカスから
  • 関西大学の長岡康夫准教授は、あんかすなどの食品廃棄物から細胞の酸化を防ぐ作用があることを見つけた。
    サプリメントに応用

  • 細胞を形成するタンパク質に糖が過剰に結びつく『メイラード反応』が起こると、タンパク質が酸化し、細胞がもろくなる。
    その結果、
  • 肌はツヤが無くなり→カサカサ肌
  • さらに悪化すると血管が破れて血液が漏れだし、
  • 腎臓疾患や失明につながることもある。


  • また、メイラード反応は糖尿病患者に起きやすく、合併症の原因にもなっている。

  • 関大のグループは、[そばがら]や[あんかす][醤油の搾りかす]などの食品廃棄物を砕いて粉末化し、タンパク質に似た構造の化合物にした。
  • そこへグルコース という糖の水溶液に混ぜ、50℃で熱した。
  • その結果、メイラード反応を40〜50%抑えることができた。




チェック
多糖類」「エネルギー」「グルコース 」「糖質」「単糖」「栄養素」「炭水化物








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査