副作用の種類

薬効分類




抗甲状腺薬
一般名 チアマゾール(MMI)
商品名 「メルカゾール」
作用
機序
甲状腺のペルオキシダーゼを阻害することによりヨウ素のサイログロブリンへの結合を阻止し、さらに、ヨードサイロシンのトリヨードサイロニン(T3)、サイロキシン(T4)への縮合を阻害して甲状腺ホルモンの生成を阻害する
効能・
用途
用法
用量
5mg錠、
注射:10mg /1ml
(内服薬)
  初期量・・・1日30mg  分3〜4
    重症には1日40〜60mg まで
    機能亢進症状が無くなれば、1〜4週ごとに漸減
  維持量・・・1日5〜10mg
(注射薬)
  1回30〜60mg 皮下注・筋注・静注 




慎重に 肝障害がある者
白血球減少症(中等度以上の)がある者
その他の血液障害の者
併用注意 クマリン系抗凝血薬・・・ワルファリン
  プロトロンビン時間をチェックしましょう
ジギタリス製剤に影響を与える
注意 投与開始2ヶ月後に、重篤な無顆粒球症を引き起こし、死亡した事例がある。
過量投与
(中毒)
甲状腺腫
甲状腺機能低下が現れる





メルカゾールの副作用
(重大な副作用)
  1. インスリン自己免疫症候群→低血糖・・・中止・処置
  2. SLE様症状・・・・中止・処置
    SLE様症状 発熱
    紅斑
    筋肉痛
    関節痛
    リンパ節腫脹
    脾腫
    →中止・処置
  3. 黄疸・・・・・・・中止・処置
  4. 横紋筋融解症・・・急性腎不全に注意
    横紋筋融解症 筋肉痛
    脱力感
    CK上昇
    血中ミオグロビン上昇
    尿中ミオグロビン上昇
    →中止・処置
  5. 肝機能障害・・・・中止・処置
  6. 間質性肺炎・・・・・中止しステロイドホルモンの投与
    間質性肺炎 発熱
    咳嗽
    呼吸困難
    胸部X線異常
    →中止
    ステロイド投与
  7. 血小板減少・・・・中止・処置
  8. 血小板減少性紫斑病・・・・中止・処置
  9. 抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎症候群
    ANCA関連血管炎 急性進行性腎炎症候群
    感冒様症状
    紫斑
    皮膚潰瘍
    →直ちに中止
    ステロイド投与
  10. 再生不良性貧血・・・・中止・処置
  11. 第Z因子欠乏症・・・・中止・処置
  12. 低プロトロンビン血症・・・・中止・処置
  13. 白血球減少
    白血球減少 発熱
    全身倦怠
    咽頭痛
    定期的検査
    異常が発現→中止
  14. 汎血球減少・・・・中止・処置
  15. 無顆粒球症・・・・中止・処置




(その他の副作用)・・・減量・休薬
  1. 嘔吐
  2. 悪心
  3. かゆみ
  4. 関節痛
  5. 筋肉痛
  6. 下痢
  7. 倦怠感
  8. 紅斑
  9. こむらがえり
  10. GOT上昇
  11. GPT上昇
  12. 色素沈着
  13. 食欲不振
  14. ジンマシン
  15. 頭痛
  16. 唾液腺肥大
  17. 脱毛
  18. 浮腫
  19. 発熱
  20. 発疹
  21. 末梢神経異常
  22. 味覚減退
  23. めまい
  24. リンパ節腫脹






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬