ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



メタボローム解析



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




代謝
アミノ酸ローディング
アミノインデックス
広告



生体のナゾ解明の手法
  • ゲノム解析(全遺伝情報解析)
  • プロテオソーム解析
  • RNAのトランスクリプトーム解析
  • メタボローム解析





メタボローム解析(全代謝物解析)
  • 細胞内にはタンパク質の構成成分であるアミノ酸や有機酸、脂質、糖類など様々な物質が含まれている。
  • これらの代謝物の種類や量を網羅的に調べるのがメタボローム解析。
  • 人の代謝物は数千種類といわれ、体の状態などによって変化するする。
  • たとえば、
  • ガン細胞は悪性度が高いほどエネルギーを生み出すときに消費する酸素が少ない。
  • ガンは正常細胞とは異なる代謝物を分泌するため、血液や唾液などに混ざる代謝物からガンを早期発見できる可能性がある。

分析感度を上げる技術
  • 人などの細胞内に含まれるアミノ酸や糖などの物質の種類や量を網羅的に調べるメタボローム解析の感度を高める手法を慶応義塾大学の曽我朋義教授と平山明由特任助教らが開発した。
  • 研究チームは「キャピラリー電気泳動質量分析装置」を改良した。この装置は細胞をすりつぶした溶液に電圧をかけて細かい管に通す。管の先で溶液をスプレーして次の分析装置に悪小売り込み、中に混ざる物質の重さと量を測る。
  • 曽我教授によると、ガンの中のごく少数の悪玉細胞「がん幹細胞」は従来、50万個集めて分析していたが、新技術では1万個ですむ



チェック
必須アミノ酸」「分岐鎖アミノ酸(BCAA) 」「細胞」「ダイエット」「肝硬変」「血糖値がたかい」「劇症肝炎」「トナカイ」「大豆」「スズメバチ」「スポ−ツ障害」「尿素窒素」「胎盤エキス」「L-カルニチン」「クレアチニン









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査