副作用の種類
薬効分類
覚醒剤中毒









米国で覚醒剤の一種『メタンフェタミン』の蔓延が問題になっている。
市販の風邪薬から簡単な方法で製造できることがネット上に広まり、いまやコカイン・大麻を抜いてトップに躍り出た。
メタンフェタミンの常用者(メス)は全米で約150万人。更正施設の入所者は2003年度で13万6千人。

・コカインなどのように怪しい場所で売人に接触する必要がない。

・自分でつくることが出来る。

・貧者のコカインといわれ、連邦政府の関心が薄かった。

・女性と男性がほぼ半々。
アイオワ州では2005年、風邪薬を購入する際に身分証明書の提示を義務づけた法律が成立し、メス製造の摘発数は激減した。






TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬