ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



目がおかしい見えにくい


HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)






広告



みえにくい時の漢方薬
越婢加朮湯
  • 1 21歳の未婚の婦人。
    訳もなく、ただ涙が流れ、人の前に出るもの恥ずかしいといって来院した。初診は昭和27年11/29。
    私と対談しているときも、涙がポロポロとこぼれる。いままで大学病院の眼科にかかり、遠視と結膜炎が有ると云われて手当を受け、眼鏡も新調したが、やはり涙の流れるのは同じだと云う。なお流涙の他に、口渇と不眠があり、下痢しやすい。しかし便秘すると気持が悪いので、下痢は気にならないという。野菜と魚肉が嫌いで、甘味を好む。月経は正常である。涙の流れるのは、風邪の時や、冷たい風に当たった時が、特にひどい。したがって夏より冬が悪いと云う。
    私はこれに越婢加朮湯10日分を与えたが、これを飲むと、涙の出るのが減るようだという。そこで10日分を与えて、経過をみることにした。1ヶ月ほどたつと、涙の出ない日が多くなった。しかし翌年の正月に薬を10日ほど休んだ時は、また少し後戻りする傾向があった。そこで、たまには休むことはあったが、10ヶ月ほど服薬して、ほとんど、涙を流すこととはなくなった。《大塚敬節》


桂枝茯苓丸
  • 1 中心性漿液性網脈絡膜症
    30歳女性。初診昭和33年2/6。患者は昨年11月に右視力障害を訴え、眼科の診断を受けたところ、白内障と中心性網膜炎という病名であった。いろいろ治療してもらったが好転せず、ほとんど視力が無くなってしまった。そしてついに不治の宣告を下されたので他の大病院の眼科や伊豆の眼科の長老に紹介され診てもらったところ、残念ながら手遅れで失明に近いと云われた。
    この患者は銀座の大きなバーのマダムで、堂々たる貫禄で顔色もよく、主訴は右側の視力障害と頑固な頭痛、肩と首筋の凝りであった。頭痛は月経時に烈しく、月経は遅れ勝ちで、かつ子宮後屈があると云われたことがある。8年前に出産1回、人工流産数回を繰り返している。腹証はによる下腹部反応が顕著であたので、桂枝茯苓丸に大黄0.3を加えて投与した。
    10日間の服用によって、肩凝りや首筋の凝り、それと頑固な頭痛がウソのように取れて、20日後には視力の回復を自覚し、1ヶ月後にはピンポン遊びが出来、2ヶ月後には悪い方の眼で新聞が読めるようになった。
    4ヶ月後には左右とも視力が0.9となり、発病当初からの主治医は全くの奇跡で、漢方が効いたことを率直に認めると言っているとのことである。
    《矢数道明》


杞菊地黄丸

杞菊地黄丸ブルーベリー紅参

杞菊地黄丸霊芝紅参


滋腎明目湯
  1. 過労による眼精疲労
  2. 白内障
  3. 加齢による視力障害に


四物湯
  1. 疹後、毒気、眼を攻め、翳膜の生ずるを治す「荊芥」《方読便覧》
  2. 目、暴に赤起し、雲翳、疼痛忍ぶべからざる者を治す:「、防風、竜胆、防已」= 四物竜胆湯《済世抜粋方》


大柴胡湯


桃核承気湯
  • 1 80余歳男性。
    斧で薪を折っていたところ、木の屑が眼に飛び込み、たちまち眼は腫れ、疼痛が激しく堪えがたいほどであったが。3日後、突然、めまいがしてたおれてしまった。そこで家人が驚いて余に治を乞うた。診てみると、眼球が破裂し、3液と血がともに鼻の端から迸出している。先生がいうのに、早く治を施さないと、この病気は恐ろしいもので、すぐに他のよい眼にも波及して、めくら(盲目)になると。そこで突出した眼球を截断し、乳汁で洗ってから甘草湯を与え、ホータイで縛ってからイスに寄りかからしめ、桃核承気湯を与えた。これを飲むこと20日余りで全治することが出来た。《眼科一家言》
    2 網膜炎
    桃核承気湯は、結膜、角膜の諸疾患で、充血、疼痛が甚だしく、大便が秘結し、少腹急結の状あるものに候があるばかりでなく、虹彩炎、毛様体炎、鞏膜炎などにも応用せられる。《大塚敬節》
    3 虹彩炎:
    《小倉重成》がによる虹彩炎12例の治験を発表。その大部分が桃核承気湯、大黄牡丹皮湯、当帰芍薬散、大柴胡湯等を2〜3方ずつ合方したもので奏功している《大塚敬節》


当帰芍薬散

八味丸

補中益気湯

苓桂朮甘湯
  1. 夜盲症:雀目:「車前子」《先哲医話》
  2. 雀目には、鶏肝を乾燥して作末し、本方に兼用する。《奥田謙蔵》
  3. 夏秋の間、小便瀝利、雀目の者を治す。《類聚方広義》
  4. 流行性結膜炎:風眼:「車前子・細辛・黄連」= 明朗飲《和田東郭》


六味丸




雀目(じゃくもく)
  • =夜盲症。





病名 症状 場所 原因




視力の低下、
眼痛
毛様体
水晶体
毛様体の動きや、水晶体の弾力性の低下により、焦点が合いにくくなる。

物体が二重に見えたり、ゆがんで見える。 角膜 角膜や網膜の変質、ゆがみにより、焦点が定まらない状態。


まぶしい、暗い、目のかすみ。視力の低下。 水晶体 加齢などで、本来透明であるはずの水晶体が酸化し、白濁した状態になる。


視野の欠損や失明。自覚症状は少なく、異常に気づいて医療機関を受診した時には症状が進行しているケースが多い。 水晶体
硝子体
房水(角膜と水晶体に栄養を供給する透明の液体)の産生と排出のバランスが崩れて眼圧が高くなり、視神経の障害によって視野が欠ける。


糸くずや虫(蚊)が飛んでいるように見える。 硝子体 硝子体(眼球内部の大半を占める無色透明のゼリー状の組織)の中に線維性の混濁が生じる。



視力低下や視野の欠損。
物体がゆがんで見えることも。
硝子体
網膜
硝子体の老化・変質による牽引で網膜の一部がはがれる。





視野がぼけたり、ゆがんで見える。

見たいものが見えない。

アメリカでは中途失明原因のトップ。
網膜黄斑部 網膜の中心にある黄斑部が老化し、老廃物が蓄積されると網膜の下に新生血管が生え、視細胞の破壊や出血により視力障害を起こす。
黄斑部はもともとは凹んでいるのが、盛り上がってくる





見えにくい(見えづらい)
(病名)(症状)<場所><原因>

近視・老眼
  • 視力の低下、眼痛
  • ・毛様体、水晶体
  • ・毛様体の動きや、水晶体の弾力性の低下により、焦点が合いにくくなる。


乱視
  • 物体が二重に見えたり、ゆがんで見える。
  • ・角膜 や網膜の変質、ゆがみにより、焦点が定まらない状態。


白内障
  • ・まぶしい、暗い、目のかすみ。視力の低下。
  • ・水晶体
  • ・加齢などで、本来透明であるはずの水晶体が酸化し、白濁した状態になる。


緑内障
  • ・視野の欠損や失明。自覚症状は少なく、異常に気づいて医療機関を受診した時には症状が進行しているケースが多い。
  • ・水晶体、硝子体
  • ・房水(角膜と水晶体に栄養を供給する透明の液体)の産生と排出のバランスが崩れて眼圧が高くなり、視神経の障害によって視野が欠ける。


飛蚊症
  • ・糸くずや虫(蚊)が飛んでいるように見える。
  • ・硝子体
  • ・硝子体(眼球内部の大半を占める無色透明のゼリー状の組織)の中に線維性の混濁が生じる。


網膜剥離
  • ・視力低下や視野の欠損。
  •    物体がゆがんで見えることも。
  • ・硝子体、網膜
  • ・硝子体の老化・変質による牽引で網膜の一部がはがれる


黄斑変性症
  • ・視野がぼけたり、ゆがんで見える。
    見たいものが見えない。
    アメリカでは中途失明原因のトップ。
  • ・網膜黄斑部
  • 網膜の中心にある黄斑部が老化し、老廃物が蓄積されると網膜の下に新生血管が生え、視細胞の破壊や出血により視力障害を起こす。
    黄斑部はもともとは凹んでいるのが、盛り上がってくる








目の症状 主な疾患
明るいところで見えにくい
(昼盲)
[中心部の白内障]
[全色盲]
[白子]

(副作用で)
「ジゴキシン」
「ニューロタン」
「ワイパックス」
暗点がある [中心性網膜炎]
[黄斑変性症]
[黄斑円孔]
[眼底出血]
[視神経炎]
急に見えなくなり、
目が痛む
[緑内障]
[角膜潰瘍]
[ブドウ膜炎]
コンタクトレンズ障害
急に見えなくなり、
目は痛くない
[網膜中心性閉塞]
[眼底出血]
[網膜剥離]
[ブドウ膜炎]
[視神経炎]
黒いものが飛んでいる
(飛蚊症)
[硝子体出血]
[ブドウ膜炎]
[後部硝子体剥離]
[強度の近視]
[眼内の手術後]
黒目が濁っている [角膜炎]
[角膜潰瘍]
[角膜混濁]
[翼状片]
[緑内障]
[眼球癆]
暗いところで見えにくい
(夜盲)
[網膜色素変性]
[先天性夜盲]
[ビタミンA欠乏]
ゴロゴロする
(異物感)
[結膜異物]
[角膜異物]
[睫毛乱生]
[眼瞼内反]
[結膜結石]
[角膜びらん]
[角膜潰瘍]
視野に変化がある [網膜剥離]
[網膜色素変性症]
[眼底出血]
[緑内障]
[視神経萎縮]
[脳梗塞]
[脳出血]
[脳腫瘍]
視線が一致しない [斜視]
[眼筋麻痺]
[眼窩腫瘍]
ダブって見える
(複視)→(両目で)

両目で見たときに物が二重に見え、片方の目で見たときにはひとつに見える。

「物が二重に見える」
[眼筋麻痺]
[眼窩腫瘍]
[外傷]
[眼窩の骨折]
[筋無力症]
[多発性硬化症]
[ギランバレー]

☆副作用で
「アレビアチン」
「エクセグラン」
「エリスパン」
「コンスタン」
「シグマート」
「セルシン」
「ソセゴン」
「ソラナックス」
「ダントリウム」
「テグレトール」
「デプロメール」
「プラビックス」
「プロベラ」
「ポララミン」
「マイスリー」
「メイラックス」
「ランドセン」
「ルボックス」
「ワイパックス」
ダブって見える
(複視)→(片目で)
[乱視]
[近視]
[角膜混濁]
[白内障]
[水晶体偏位]
だんだん視力が下がった [近視]
[乱視]
[遠視]
[白内障]
[黄斑変性症]
[視神経萎縮]
[ブドウ膜炎]
[角膜炎]
[角膜変性]
[多発性硬化症]
近くが見えにくい [老視]
[遠視]
[調節障害]
疲れやすい
(目が疲れる)
「疲れ目」
[遠視]
[老視]
[眼鏡が合わない]
[斜視]
[単なる疲労]
[神経質]

「ケルロング」
「ブラダロン」
電球の周りに虹が見える
(虹視症)
[緑内障]
[角膜炎]
[角膜混濁]
[結膜炎]
[コンタクトレンズの入れすぎ]
[眼鏡の汚れ]
水滴がたまったように、ゆがんで見える [原田病]
涙がこぼれる
(流涙)
[鼻涙菅狭窄]
[涙嚢炎]
[異物感や羞明がある]

☆以下の副作用で起きる
「オイグルコン」
「ダントリウム」
「TS-1」
「ヘパリンカルシウム」
光が見える
(光視症)
[網膜剥離]
[片頭痛]
[眼球を強くこすったり圧迫した時]
瞳(ひとみ)が濁っている [白内障]
[網膜芽細胞腫]
[未熟児網膜症]
物体が赤く見える [白内障の手術後]
物体が青白く見える [白内障の手術後]
まぶしい
(羞明)
[結膜異物]
[角膜異物]
[睫毛乱生]
[眼瞼内反]
[結膜結石]
[角膜びらん]
[角膜潰瘍]
[中心部の白内障]
[全色盲]
[白子]
まぶたが痛い [麦粒腫]
[帯状ヘルペス]
[虫さされ]
目を動かすと奥が痛い [視神経炎]
目が赤いだけ [球結膜下出血]
[上強膜炎]
目が赤く目やにが出る [結膜炎]
[涙嚢炎]
目が赤く痛んだりかすんだりする [角膜炎]
[ブドウ膜炎]
[強膜炎]
[緑内障]
目が痛い
(眼痛)
[角膜潰瘍]
[緑内障]
[強膜炎]
[ブドウ膜炎]
[全眼炎]
[電気性眼炎]
[コンタクトレンズの入れすぎ]
[三叉神経痛]
[眼窩の炎症]
[副鼻腔炎]

「TS-1」
「デプロメール」
「ドラール」
眼窩が痛い 「インドメタシン」
目がショボショボする 「グルファスト」
目がかすむ 「テノーミン」
「ベシケア」
目が乾く [乾燥角結膜炎]
[結膜炎]
[ドライアイ]
目がかゆい [アレルギー性結膜炎]
[眼瞼炎]
目が閉じることができない
(兎眼)
[顔面神経麻痺]
[眼球突出]
[眼瞼外反]
目が飛び出る
(眼球突出)
[眼窩腫瘍]
[バセドウ病]
[強度近視]
目が開かない
(眼瞼下垂)
[先天性眼瞼下垂]
[動眼神経麻痺]
[外傷]
[筋無力症]
[異物感がある眼瞼麻痺]

「エビリファイ」
「ジプレキサ」
「テルネリン」
「リスパダール」
「ルーラン」
眼球挙上 ☆以下の副作用で起きる
「エビリファイ」
「ジプレクサ」
ゆがんだり
(変視症)
小さく見える
(小視症)
[中心性網膜炎]
[網膜剥離]
[網膜出血]
黒目が溶ける コンタクトレンズ障害
保育社「目の病気」より





眼科検診
  • 視力障害の原因には
    • 「緑内障」
    • 「糖尿病網膜症」
    • 「変性近視」
    • 「加齢黄斑変性症」
    • 「白内障」
    の5大疾患で全体の3/4を占める。

  • 包括的検診では
    1. 近視や乱視の程度を調べる屈折検査
    2. 眼球の圧力を測る眼圧検査
    3. 目に光を当てて内部を調べる細隙灯顕微鏡検査
    4. 目の内壁の写真を撮る眼底検査





眼底検査
光干渉断層計(OCT)
  • 「筑波大学と東京工業大学発のベンチャー「光コム」は、2007/12/17、従来の10倍の高速光干渉断層計(OCT)を開発。
  • これまで難しかった3次元動画の作成も簡単になった。
    眼・腸・血管の検査に応用できる
    OCTは光を使って表面から数_b程度の深さまでを調べる装置で、眼底などの検査に利用されてきた。今回、1秒間に30万カ所のデータを処理できる。従来5秒罹っていた3次元画像が1秒以下で可能になり、目が動かない短時間に検査できるようになった。



散瞳剤がいらない
  • キャノンは瞳孔を開くため点眼する散瞳剤を使わずに眼底を撮影できるデジタル眼底カメラを2008年5月に発売する





化学物質過敏症
  • 2010年、勤務先で有機溶剤を吸い込んで化学物質過敏症になった男性が同症の原因となった眼球運動の障害について労働基準監督署から労災認定された。
    化学物質過敏症の後遺症が原因の労災認定は初めて。
    男性は半導体などの洗浄設備のメンテナンスに従事。
  • 作業で使った有機溶剤入りの接着剤が原因で頭痛・めまい等の症状が現れた。
  • 病院で診察した結果、中枢性眼球運動障害と判明。
  • 化学物質過敏症の状態と診断された。




チェック
関連情報
目の異常の漢方薬  医薬品による目の異常
目の構造
黄斑変性症」「目がかすむ弱視「緑内障網膜・視路障害」「網膜障害」「白内障」「角膜混濁」「眼底検査」「ウイルソン病」「アトピー性白内障」「アスタキサンチン」「皮膚粘膜眼症候群」「内障」「黒内障」「ステロイドの副作用」「活性酸素」「キトサン」「エイズ」「多発性硬化症










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査