ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



味覚を変える物質



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




味覚障害 広告



ストロジン
  1. マレーシアの湿地に生える草「キツネノマゴ」の葉に含まれる成分。
  2. 乾燥した葉を口に含んでかみ、その後に水を飲むとまるで濃い砂糖水を飲んでるような甘さを感じる。
  3. 葉はいくらかんでも何の味もしない。
  4. 30分間続く。口をすすいでストロジンを流してしまうと甘みは感じなくなる。
  5. 横浜国立大学の栗原良枝教授が発見
大豆のリポタンパク質
  • 舌がしびれるような苦みを消す





ミラクリン
  1. アフリカ西部に生えている灌木、ミラクルフルーツの実から抽出。
  2. 酸っぱいものを甘く感じさせる

糖分なくても・・・甘い
  • 筑波大学の江面浩教授らは舌の器官にとりついて酸っぱい成分が甘く感じられるタンパク質の大量生産技術を開発した。
  • アフリカ原産の果物「ミラクルフルーツ」が含む物質を、遺伝子組み換えトマトで作った。
  • タンパク質はミラクリンといい、口に含むと舌で味を感じる味蕾の受容体にはまる。そこへ、レモンのような酸味の液体がくると、タンパク質が変化して受容体を刺激し、甘みの感覚が脳に届いて甘く感じる。
  • 大阪大学の安藤英由樹准教授らは舌を電気で刺激し、甘みを出す実験に成功。
  • 電気刺激をしながら40℃に温めた水を口に含むと、糖分が入っているように感じるという。











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬