聞こえない(耳の閉塞感)



ドクトルアウン ブログ  東洋医学  よく使う漢方薬 漢方の臨床  なおるかも




耳が聞こえない 漢方薬
一物瓜蒂湯

益腎散
  1. (精気のない耳聾)


黄竜散
  1. (風呂に入って水が耳に入って、膿が出る者)

九味羗活湯

銀翹散

杞菊地黄丸

薑蝎散
  1. (腎虚による耳聾)


桂香散
  1. (風虚耳聾を治す)


五苓散+陳皮・枳殻・紫蘇・生姜
  1. (湿の耳聾)


滋陰地黄湯
  1. (色欲におぼれ右耳聾・大病後の耳聾)

地黄湯

焼腎散
  1. (腎虚耳聾)


四物湯+知母(塩酒炒)・黄柏(塩酒炒)・菖蒲・遠志

磁石羊腎丸
  1. (諸般の耳聾) 
   

小柴胡湯
  1. (胸脇苦満、往来寒熱、食食欲不振、舌白苔、微熱、神経質)


消風散
  1. (口渇、内熱、聴力が低下し聞こえない、)


腎気丸+磁石・破故紙・菟絲子・黄柏
  1. (虚証の耳聾)


清神散
  1. (風気が耳を塞いで、二重に聞こえる者)


清聡化痰丸
  1. (肝胃に弱さからくる耳聾)


聡耳湯
  1. (耳が良く聞こえず、又は二重に聞こえる者)

当帰芍薬散
  1. (貧血、冷え性、疲れやすい、月経不順、神経症状)


人参黄蓍湯+知母((塩水炒)・黄柏(塩水炒)
  1. (精気がない耳聾)


補骨脂丸
  1. (精気のない耳聾)


補中益気湯(疲れやすい)

竜胆瀉肝湯
  1. (目が充血、怒りっぽい、湿熱激しい)


竜胆湯
  1. (忿怒が胆火をおこし耳聾になる者)


凉膈散+大黄(酒炒)倍量
  1. (雨水が耳に入り腫痛)


六味丸+遠志・菖蒲・黄柏(塩水炒)・知母(塩水炒)
  1. (腎虚の耳聾)







耳が聞こえない
耳が遠い。

○耳聾はみな熱に属する。
  1. 左の耳聾
    • =足少陽の火に因る症で、よく怒る人に多い
    • [竜薈丸]
      [竜胆湯]
  2. 右の耳聾
    • =足太陽の火に因る症で、色欲に溺れる人に多い
    • [六味丸]
      [滋陰地黄湯]
  3. 左右ともに聞こえない:醇酒美食家に多い
    • [通聖散]
      [滾痰丸]
      [酒製通聖散]
      [清聴化痰丸]








耳聾の種類
<1>風聾:
  • 風邪が耳に入ると必ず耳の中がかゆく、又は頭痛し風熱が欝する。
  • [酒製通聖散]
    [開痰散]
    [桂香散]


<2>湿聾:
  • 雨の水が耳に入って腫痛する。
     [黄芩(酒炒)・羗活・防風・荊芥]
     [五苓散+陳皮・枳殻・紫蘇・生姜]         
     [黄竜散+竜脳]


<3>虚聾:
  • 長い下痢、又は大病後の風邪で耳が鳴る:
     [四物湯+知母・黄柏(塩酒炒)・菖蒲・遠志]
     [腎気丸+磁石・破故紙・菟絲子・黄柏]


<4>精気がなくて耳が遠くなる:
  • [人参養労湯+知母・(塩水炒)・黄柏(塩水炒)]
     [補骨脂丸]
     [益腎散]

 

<5>腎虚耳聾:
  • 六味丸+遠志・菖蒲・黄柏(塩水炒)・知母(塩水炒)

 





耳あか(耳垢)
・乾いている?湿っている?
  • 耳あかにはカサカサした(乾型)とネバネバした(湿型)があります。
    北海道医療大学の新川詔夫特任教授は、「世界で圧倒的多数はネバネバの湿型だが日本人の平均85%までがカサカサの乾型です。
  • 本来、古代人は湿型だった。だが数万年前、突然変異で東アジアに乾型が生まれ、その周辺に広がった」と指摘する。

世界33民族の遺伝子を調べたところ、カサカサの乾型の出現率は次の通り。

  • 東北アジア・・・96~87%
    東南アジア・・・73~47%
    南太平洋・・・・45~21%
    中央アジア・・・38%
    東ヨーロッパ・・25~18%
    西ヨーロッパ・・21~10%
    アフリカ・・・・・・ 5~0%


日本には湿型の遺伝子を持つ土着の縄文人と大陸から渡来した乾型の遺伝子を持った渡来人と混血を繰り返したらしい。

  • 耳あか遺伝子の都道府県別分布を調べている長崎西高校の調べでは、乾型の比率が高いのは
    京都・・・・98.1%
    岐阜・・・・97.8%
    大分・・・・95.8%
    愛媛・・・・94.4%
    福井・・・・93.8%
    和歌山・・93.4%


耳の細胞の寿命・・・34.5




関連情報

耳管開放症

聞こえない

原田病











    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved