ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




トンズランス感染症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






トンズランス感染症
腹部に肌がこすれ合うだけで感染する

(トンズランス感染症)
  • 一般の水虫は、足の指などに感染することが多いが、2000年頃から日本に持ち込まれた新しいタイプの水虫は、お腹などの胴体や頭部に症状が出る。

白癬菌の一種である「トリコフィトン・トンズランス」とよばれる菌で起きる。

  • もともとは中南米に見られる菌であったが、1960年代にアメリカに持ち込まれ、1990年代にヨーロッパに広まった。
    順天堂大学練馬病院の比留間政太郎教授によると
  • “トンズランスの特徴は、日本に以前からある白癬菌に比べて感染力が強いこと。
  • そのため肌と肌をこすり合わせただけで、その部分の皮膚表面に赤い乾燥した湿疹が広がる
  • 頭髪の根元(毛根部)に好んで寄生する
  • 顔や胴体にできた湿疹を放っておくと、やがて頭髪部に住み着いて、かゆみ・フケ・抜け毛の原因となる。
  • 強い感染力の割に症状はマイルド。そのため本人も感染に気づかなずにキャリア(保菌者)になっていることがある。

診断方法は見ただけではムリ。
  • 乾燥した湿疹の表面を粘着テープではがしたりしたり、ブラシで集めた頭髪のフケに含まれる菌を培養する必要がある。


格闘技で・・・
  • 肌が触れあうことで感染するので柔道やレスリングなどで広まる。


関連情報 水虫
ツメ水虫
カビ
手足症候群
カンジダ症









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬