ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




水虫の漢方薬



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)










水虫 (白癬)の漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 葛根湯
    • 72歳の婦人。
      毎年夏になると足に水虫が出来るのだが、今年はことにひどくて、10日ほど前から歩くこともできない。
      往ってみると、あまりのひどさに驚いてしまった。両足の足底は全体がグシャグシャになって皮が剥けかかり、黄色の浸出液がジクジク出て、しかもそれが細菌感染を起こして、臭い膿臭を漂わせている。 2日前からは悪寒と頭痛がするので、寝込んでしまったという。口渇があり、お茶をよく飲む。便通は快通しない。足は前から非常に痒かったが、ここ数日は痛くで仕方がないという。
      体格中等大、肉付き普通、脈はやや浮、腹は心下部がやや堅く張っている。頭痛・悪寒があり、表証の存在は確実である。とすれば薬方は何かということで迷ってしまった。葛根湯を先ず使いたいところだが、口渇、煩躁により白虎加人参湯も考えられる。また局所の状態から考えれば排膿散や十味敗毒湯なども考えられる。合方という手もあるが、それでは反って効果が無いこともあるし、また効果があっても、後々のためにならない。そこで十味敗毒湯プラス石膏を煎剤で与え、葛根湯のエキスを兼用することにした。これならば表証の除去にも、局所の病変の根本的治療にもよいと考えたのである。
      1週間分の薬を与えたら、“薬を飲んだら、見る見るうちに良くなった、5日目ぐらい後にはほとんど普通と同じくらいきれいになった”と報告があった。1週間後、家人が薬を取りに来て“もう外見上は何ともない。皆不思議に思っている”とのことであった。
      そこで今度は十味敗毒湯だけを1週間分与えた。この時、私は水虫そのものの治療は十味敗毒湯の薬効だろうと考えていた。ところが、4、5日すると電話がかかってきて“煎じ薬を飲んでいるが、また足が痒くなってきて、病人が心配して粉末も飲みたがっているがら至急送って下さい”とのことである。
      これはこれはと思って、私はいささか驚いてしまった。ことによると、これは葛根湯が効いたのではないかと気づいたのである。早速葛根湯エキスを1週間分送っておいた。そして7日後、家人がやってきて、“粉薬を飲んだらカユミが止まりました。もう少し薬は続けます”というので、葛根湯が効いたらしいことは、先ず間違いなさそうである。そこで今度は、家人が両方の薬を下さいというのを、強いて説得して、葛根湯エキス剤だけ1週間分与えた。そして、その後は全く順調である。《大塚敬節》
  3. 加味逍遥散
  4. 十味敗毒湯
  5. 消風散
  6. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  7. 当帰芍薬散
  8. 防風通聖散
  9. まきょうよっかんとう
    1. 白癬症:(乾燥し、一部分が湿潤)
    2. 鵞掌風にして、指間に水疱を生じ、そうよう甚だしく、之を掻けば自然に液汁滲出し、平日尿利減少せる証。《奥田謙蔵》
    3. 軽症で、化膿傾向がない者に有効。化膿の傾向があれば十味敗毒湯+連翹がよい《大塚敬節》
    4. 31才女性。手と足の爪が茶褐色で、光沢無く萎縮してガサガサの者に2週間で治った(+葛根湯)《大塚敬節》
  10. 苓桂朮甘湯








鵞雁風 (がかんふう)
=汗疱、みずむし。







○あせび・キハダ・クララ・サイカチ・サンショウ・スギ・ドクダミ・松ヤニ・ムクゲ・ムラサキ。



<1>ラベンダープラス没薬
<2>ティートリ
<3>マリーゴールド:ひび割れしているとき



関連情報 水虫

水虫治療薬

ツメ水虫

カビ

手足症候群

カンジダ症
トンズランス感染症








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬