ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



むぎちゃ(麦茶)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




緑茶

紅茶
漢方書籍
広告






『腹八分目にお茶一杯』というのが、昔からの健康法の1つ。

この日本茶には抹茶、煎茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶・・・・など、実に様々の種類がある。

大麦(オオムギ)を焙煎して、お湯、水を注いで飲用する麦茶が大流行になったのは、江戸時代からだという。

花のお江戸では、精白米を食べることが流行し、ビタミンB欠乏症からくる「脚気」がはやり。“江戸わずらい” の言葉も生まれた。

足がだるく、むくみが出て、息切れするという脚気の予防のために、至る所に『麦湯店』が出来たほどだ。

ビタミンBは、真夏の暑さで消耗しがちなスタミナを守るには、不可欠という。高いお金を出して栄養ドリンクなどを飲むより、麦茶こそが夏バテを防ぎ、やる気を呼び戻してくれる最適な飲み物










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査