ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




むくみ



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




むくみの漢方薬
アコニンサン

いんちんこうとう

  1. 虚実中間証
  2. 口の渇き、尿量の減少
  3. 軽度の黄疸

越婢加朮湯

加味逍遥散

九味檳榔湯

桂枝茯苓丸

杞菊地黄丸

五苓散
  1. 口の渇き、尿量の減少
  2. 嘔吐・めまいがある人のむくみ。

牛車腎気丸
  1. 虚証
  2. 疲れやすい、高齢者
  3. 下肢の脱力感や冷え・しびれがある。
  4. 頻尿
  5. のどが渇く。

柴陥湯

柴苓湯
  1. 虚実中間証
  2. 胸脇苦満
  3. 尿量減少、タンパク尿

四君子湯

小青竜湯

真武湯 

真武湯人参湯

疎経活血湯

大黄牡丹皮湯
  1. 血蔵虚気塞ぎ流通せず、面の浮腫を治す。《霊苑方》

猪苓湯
  1. 残尿感、排尿痛、血尿
  2. 下半身のむくみに。

猪苓湯四物湯

桃核承気湯

当帰芍薬散
  1. 虚証タイプ
  2. 色白で冷え症、貧血、
  3. 月経周期にあわせてむくみが出る女性。

二朮湯

二陳湯

人参湯

八味地黄丸

八味地黄丸+陳久散

半夏厚朴湯

平胃散

防已黄蓍湯
  1. 虚証タイプ
  2. 水太りで色白、全身倦怠感
  3. 多汗傾向で、ひざの関節に腫れと痛みがある。

防風通聖散
  1. 実証
  2. 腹部に皮下脂肪がたまり、便秘がち。

補気建中湯

補中益気湯


補中益気湯加工ブシ末


麻黄細辛附子湯

麻杏甘石湯

木防已湯
  1. 虚実中間証
  2. みずおちがつかえてかたい。
  3. 呼吸困難、動悸を感じる人に。




六君子湯

苓甘姜味辛夏仁湯

苓姜朮甘湯

苓桂朮甘湯

六味丸
  1. 虚証
  2. 疲れやすく、尿量減少or多尿
  3. ときに口の渇きを訴える。




【民間療法】(五十音順)
○アオギリ・アオツヅラフジ・アカネ・アケビ・アサガオ・アズキ・アマガエル・イタドリ・イチヤクソウ・イノコズチ・イボタノキ・ウキグサ・ウコギ・ウシバサイシン・ウツボグサ・ウナギ・オオツヅラフジ・オオバコ・オケラ・オトギリソウ・オミナエシ・カラスウリ・キカラスウリ・キササゲ・キュウリ・キリ・クマツヅラ・クロマメ・コイ・ゴボウ・スイカ・スイセン・スギ・スギナ・ゼンマイ・ダイコン・ダイコンソウ・タニシ・タバコ・タラノキ・タンポポ・チャ・ツユクサ・トウガラシ・トウキ・トウゴマ・トウモロコシ・トロロアオイ・ナギナタコウジュ・ナスビ・ナズナ・ナデシコ・ナメクジ・ニワトリ・ネギ・ネムノキ・ノイバラ・バショウ・ハス・ハトムギ・ハンゲショウ・ヒオウギ・ヒガンバナ・ヒヨドリジョウゴ・ビワ・ヘチマ・ボケ・ボタン・ミカン・ムクゲ・ムベ・メドハギ・メハジキ・モッコク・ヤツデ・ヤマゴボウ。

○[アズキ+コイ+フナ+ハブソウ+ゲンノショウコ]。


【宝石療法】・・・[ダイヤモンド]








むくみ・・・→浮腫
⇒血管外の細胞外液(細胞間液)が組織間隙に異常に貯留した状態。

体内の組織間隙に水が多量に貯留して外からむくんで見える状態。





チェックしましょう
片足だけがむくみ、
血管が浮き出ている
・下肢静脈瘤
深部静脈血栓症
片足だけがむくみ、
血管が浮き出ていない
リンパ浮腫
両足がむくみ、
血管が浮き出ている
下肢静脈瘤
深部静脈血栓症
両足がむくみ、
血管が浮き出ていない
心不全
腎不全
甲状腺機能低下症
低タンパク血症
全身の疾患
歩くとふくらはぎが痛み、
休むと痛みが消える
閉塞性動脈硬化症
歩き始めのほうが痛い 腰部脊椎菅狭窄症







局所性と全身性
浮腫が局所性で左右非対称の場合を局所性浮腫といい、
全身に及ぶ場合を全身性浮腫と呼んでいる

局所性浮腫
  • 局所性浮腫には
  • 毛細血管壁からの水の出入り、リンパの流れが関係している。
    1. 炎症性浮腫
    2. 静脈性浮腫


全身性浮腫の分類と原因
  1. 心臓性浮腫
    • (うっ血性心不全など)
  2. 肝性浮腫
    • (肝硬変や腹水による)
  3. 腎性浮腫
    • (糸球体腎炎、ネフローゼ、腎不全による)
  4. 内分泌性浮腫
    • (粘液水腫、甲状腺機能亢進症、月経前浮腫による)
  5. 起立性浮腫
    • (起立性低血圧など)
  6. 医原性浮腫
  7. 特発性浮腫


クインケ浮腫(血管神経性浮腫)
  • =血管運動神経の局部的興奮により毛細管の透過性亢進し組織間に漏れる。(南山堂ー医学大辞典)





むくみに用いる西洋薬利尿薬
腎臓での尿の生成を増加させ尿の出をよくする薬剤を利尿薬という。


利尿薬の働きには
  1. 尿の生成をうながして余分に貯留した体内の水を排泄し、むくみを改善するタイプの利尿薬。
  2. 体内の水が多くなることで血液の容積も増加し血圧が上昇するのを、血液中の水の量(循環血漿量)を減らし、二次的に血圧を下げるタイプ。


(主な利尿薬)


1>チアジド系利尿薬(カリウム排泄型)
  • 遠位尿細管において、Na、Clの再吸収を抑制して利尿効果。
    1. フルイトラン
    2. (ダイクロトライド)
    3. (ハイグロトン)
    4. (バイカロン)
    Clの能動的な再吸収とそれに伴うNa+の再吸収を阻害するので、H2Oの再吸収が抑制される。
  • 利用作用は弱いが、降圧作用の有効性が高い。


2>ループ利尿薬
  • ヘレンのループ(係蹄)上行脚において、Na、Clの再吸収を抑制して利尿効果
    1. ダイアート
    2. (アレリックス)
    3. ラシックス
    Na+とCl-の能動的な再吸収を阻害するため、ClとNaの尿中排泄が促進され、強い利尿作用が現れる。
  • 降圧作用は弱い。


3>カリウム保持性利尿薬
  • 遠位尿細管、集合管でのNa再吸収を抑制し、K排泄抑制で利尿効果
    1. アルダクトンA
    2. ジウテレン
  • アルドステロン(副腎皮質ホルモン)が関与するNa+−K+ポンプに働き、Na+の能動的な再吸収を阻害してNaの尿中排泄を促進し、Kの尿中排泄を抑制することで利尿作用を発揮する。
  • 利用作用は弱い
  • 降圧作用は弱い
  • k保持作用がある。


4>浸透圧性利尿薬
  • 近位尿細管でも浸透圧上昇による水の再吸収の抑制により利尿効果
    1. D-マンニトール
  • 近位尿細管ではNa+の再吸収は能動的で、H2Oの再吸収は受動的である。
  • 尿細管内にマンニトールなどの浸透圧物質が存在すると、尿細管内圧が上昇して等張性を保つため、Na+やH2Oの再吸収が減少する。外傷後や薬物による急性腎不全にも使われる。
  • 眼圧・脳圧低下作用もある。、


5>炭酸脱水酸素阻害薬
  • 近位尿細管でNa、HCO3-の再吸収を抑制して利尿効果
    1. ダイアモックス
  • Na+の再吸収に促進的に関与する炭酸脱水酵素の働きを阻害する。
  • 心性浮腫。肝性浮腫に用いられる。
  • 眼圧低下作用もある。







チェック
浮腫」「足がむくむ手足症候群」「甲状腺機能低下」「栄養失調「水腫」「血清病」「脚気」「血分腫」「スプルー」「体温が低い」「クインケ浮腫」「蛋白漏出性胃腸症」「肝機能障害」「うっ血性心不全」「ビタミンC」「CoQ10









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査