情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




ムズムズ脚症候群
レストレスレッグズ症候群





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








エクボン症候群
運動障害
知覚異常
しびれ感
アカシジア
不眠
運動障害
かゆみ
人工透析
鉄欠乏性貧血
男性更年期障害
知覚異常
血(おけつ)




むずむず脚症候群
レストレスレッグズ症候群
Restless Legs Syndrome(RLS)
  • 夜、足のヒザから下がかゆくなったり、痛くなったりする。
  • 虫がはうような不快な感じがする
  • こんな症状を示すのが
  • むずむず脚症候群

  • 10年ほど前から夜、寝床にはいるとふくらはぎの当たりがムズムズし気になって寝つけない
  • 起きあがって歩くと楽になるが、寝床に戻ると再び不快感があらわれる

  • 順天堂大学の井上雄一講師(精神医学)が診察したむずむず脚症候群の典型的な人の症状だ。


正式には
  • レストレスレッグズ症候群
  • 下肢静止不能または落ち着かない脚症候群)という
  • 寝返りをするなど足を動かすと不快感は軽くなるが、じっとしているとまたぶりかえす
  • 20〜30秒間隔で蹴るような格好で足が勝手に動く
  • 周期性四肢運動障害も起きてくる。
    むずむず脚症候群でみられる感覚障害とセットで現れることが多い。












(むずむず脚症候群の症状)
  • は昼間はみられず夜になって現れるため、十分眠れなくなり仕事や家事に支障が生じる。
    日本ではおよそ130万人の患者がいるとみられるが、「治療が必要な人はこのうちの1/3〜1/4。しかし、実際に治療を受けている人は2万人くらいだろう」と井上講師は推測する。
    「受診している人が少ないのは、医師も患者も病気とはみていないせいかもしれない」と、大阪府立健康科学センターの立花直子医長は指摘する。明らかにむずむず脚症候群と診断できる人から「これって病気なのですか?」と尋ねられたこともあったという。
  • 医師の無理解も大きい。
  • 立花医長が診察したむずむず脚症候群の患者の中には、50歳で発病して30年間、皮膚科や整形外科、神経内科、脳外科などを渡り歩いて少しも症状が改善しなかった人もいた。

  • 概して高齢者に多く見られ、女性の割合が多い
  • 糖尿病の初期段階でおきることがある
  • やっかいなのは完治が困難なことだ。不眠にならぬようにするのが現在取りうる最良の方法だ

  • 「軽くなったり重くなったり症状に波がある」(井上講師)が、重いときには抗テンカン薬のクロナゼパムなどを処方することが多い。

  • 鉄欠乏性貧血の人には鉄剤の補充療法も実施する。
    「何よりも、症状が重くならないうちに受診すること」と立花医長はアドバイスする。








(むずむず脚症候群の原因)
@鉄不足による貧血・・
  • 脳の欠乏状態が進み、神経伝達物質の1つであるドーパミンの機能障害になって起きるとされる。
  • が不足するとドーパミンの合成ができなくなり、発症する。

A葉酸の不足

B甲状腺機能障害

Cパーキンソン病

D
慢性腎不全

E抗うつ薬の副作用

F妊娠

G人工透析


(むずむず脚症候群の対策)







むずむず脚症候群
自己チェックしましょう・・・
ジーットしていると、足のひざから下にムズムズするような不快感が起き、動き出したくてたまらなくなる。
  • 脚の表面ではなく、脚の深部(中のほう)に違和感を感じる。
  • 講演会やコンサート、電車の中などでジーッとしていると感じる。
  • 時には足以外にも起きることがある。
  • 症状は・・・・
    • ムズムズする、
    • ・ピリピリする、
    • ・ほてる、
    • ・かゆい、
    • ・かきむしりたい、
    • ・足先がジンジンする
    • ・虫がはっているような感じがする
    • ・ピクピクする
    • ・動き回りたくなる

1>不快感は動くと治まる
  • 何かほかのことに熱中していると、症状が弱まる。

2>不快感と動かしたくなる衝動は夜に出る。
  • 症状を感じるのは・・・夕方や夜が多い。

3>寝付きにくかったり何度も目が覚める。
  • 睡眠時間をたっぷりとっているのに寝不足感が抜けない

4>眠ると・・・
  • けとばすように足が動いたり突き飛ばすように腕が動く
  • 寝入ったとき足先や膝下が跳ね上がる
  • 寝入ったときや浅い眠りの時に群発する
  • 0.5秒〜5秒のケイレンが1時間に平均5回以上起きる

5>昼間わけもなく疲れたり倦怠感がある
  • 脚にけだるさ感が残る。

6>足の不快感と動きだしたくなる衝動に・・・・
  • 原因になる異常は見つからない
  • 45歳以上の中高年に多い

7>家族や親戚に同様の症状のある人がいる。











2009年、アステラス製薬は治療薬の承認申請した。
申請したのは既存の抗テンカン薬を改良、腸内吸収を良くして効果を高めた。
2012年、アステラス製薬は治療薬「レグナイト」の製造販売承認を1/18取得した。レグナイトはテンカン治療薬「ガバペンチン」(一般名)を腸管全体から吸収されるように改良した医薬品。
2010年、ベーリンガーはパーキンソン病 治療薬「ビ・シフロール」で、むずむず脚症候群の適応を取得した。
ビ・シフロールはドーパミンの代わりに脳内の神経細胞にある受容体に働きかける薬剤。





むずむず脚症候群で不眠
睡眠障害に悩んでいる人は多い。
  • むずむず脚症候群もその1つで、
    • 夜床につくとふくらはぎ辺りが虫がはうような不快感に悩まされ、眠いのに眠れない
  • 原因はよく分かっていないが、よく効く薬がある。
    50代のAさんは、数年目から不眠に悩んできた。毎晩のようにベッドに入ると、足がむずむずする。気になり出すとジットしていられず、体を動かしたくなる。
    「男性更年期や仕事のストレスではないか?」と考え、いくつもの医療機関に出かけて検査を受けた。だが、これといった異常は見つからなかった。
    阪南病院(大阪府堺市)の黒田健治院長がAさんを診察したところ、典型的なむずむず脚症候群であることが判明。
  • そこでパーキンソン病 の治療に使う薬を使うと、むずむず感は一気に解消


【症状】
  • 脚、特にふくらはぎ周辺を小さな虫が走り回る“蟻走感”がある。
  • 横になったり、ジットしているとむずむずする。
  • 日中や歩いているときは、症状が出ない。
  • 糖尿病や慢性腎不全・鉄欠乏性貧血などの持病がある。

  • 人口の5%ぐらい。
  • 50歳以降に多く、男女差はない。
    睡眠外来を掲げている医療機関へ。
    患者が訴えるむずむず感を客観的に判断するのは難しいが、睡眠中に脚が一定間隔でピクピク動く『周期性四肢運動障害』と併発するケースが多い。



【診断】
診断のために一晩入院し、ポリグラフという装置を使って睡眠中の筋肉の動きを詳しく調べる。
  • むずむず脚症候群には特別な原因がハッキリしない「特発性」と、基礎疾患に伴って発病する「二次性」がある。
  • 二次性の場合、 が発病するという報告もある。
  • また、鉄欠乏性貧血の合併症として現れることも多い。


【治療】には
  1. 脳内の神経伝達物質であるドーパミンを補充する薬か、抗テンカン薬(クロナゼパム)を使う。どちらもなぜ効くのかよく分かっていない。
  2. この疾患に睡眠導入剤や抗ウツ薬を処方されると、むずむず感が解消されないまま眠気だけがどんどん増し、症状を悪化させる可能性がある。
2005.6.21《日本経済新聞》





Restless Legs Syndrome(RLS) に用いる漢方薬
  1. 黄連解毒湯
    • (陽証、のぼせ傾向、心下痞)
  2. 九味檳榔湯
    • (陽証)




チェック
エクボン症候群
運動障害」「知覚異常」「しびれ感」「アカシジア」「不眠」「運動障害」「かゆみ」「人工透析」「鉄欠乏性貧血」「男性更年期障害」「知覚異常」「血(おけつ)








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査