なおるコム/治るかも       
ミオナール

TOP広告病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬会員サービス







ミオナール
(Myonal)



ミオナール副作用(五十音順)
  1. 胃部不快感
  2. 嘔吐
  3. 悪心
  4. かゆみ
  5. 体がこわばる
  6. 体がふるえる
  7. 肝機能障害
    肝機能障害 GOT上昇
    GPT上昇
    AL-P上昇
    →中止
  8. 筋緊張低下
  9. 下痢
  10. 眩暈
  11. 口渇
  12. 口内炎
  13. 残尿感
  14. 四肢のシビレ
  15. 食欲不振
    消化器系 悪心
    嘔吐
    食欲不振
    胃部不快感
    口渇
    下痢
    便秘
    腹痛
    腹部膨満感
    口内炎
  16. ショック
    アナフィラキシー様症状 発赤
    掻痒感
    ジンマシン
    顔面の浮腫
    →中止処置
  17. 腎機能障害
    腎機能障害 タンパク尿
    BUN上昇
    →中止
  18. 頭痛
  19. 全身倦怠感
  20. 脱力感
  21. 中毒性表皮壊死症
    Lyell症候群 発熱
    紅斑
    水疱
    掻痒感
    眼充血
    口内炎
    →中止し処置必要
  22. 尿失禁
  23. 尿閉
  24. 眠気
  25. 発汗
  26. 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス症候群)→中止
  27. 貧血
  28. 腹痛
  29. 腹部膨満感
  30. 不眠
    精神神経系 不眠
    頭痛
    眠気
    四肢のしびれ
    体のこわばり
    四肢のふるえ
  31. ふらつき
  32. 便秘
  33. 発疹
  34. ほてり




筋弛緩剤 塩酸エペリゾン(一般名) (eperisone hydrochloride)
商品名 「アキトナール」「アチネス」「エペソ」「エペナルド」「エペリッサー」「エペリナール」「エペル」「エボントン」「エンボイ」「キネオールE」「クレピスト」「サンバゾン」「シバキシン」「スモナース」「デコチール」「トルミナール」「ホマライト」「ミオナール」「ミオナベース」「ミオペリゾン」「ミオリーズ」「ミオリラーク」「コムスラバン」「リペイン」「リンブラール」
作用機序 ★反射性の筋肉の収縮を抑制して、筋肉の緊張をゆるめる。
★脊髄における多シナプス・単シナプス反射を用量依存的に抑制する。
★筋紡錘から出る求心性線維(Ta線維)の活動を抑制することでγ-系を介して骨格筋の緊張状態を緩和する。
★Ca
++拮抗作用ならびに交感神経抑制作用により、血管を拡張して循環を改善
効能効果 以下の筋緊張状態の改善に
「肩関節周囲炎」「頸肩腕症候群」「腰痛症」
●以下の痙性麻痺に
「脳血管障害」「痙性脊髄麻痺」「頚部脊椎症」「筋萎縮性側索硬化症」「脊髄小脳変性症」「脊髄血管障害」「頭部外傷後遺症」「術後後遺症」「脳性小児麻痺」「スモン(SMON)」
●その他の脳脊髄疾

慎重な投与
が必要
肝障害がある者。
相互作用 メトカルバモールとの併用で視力障害。

妊婦への影響 授乳中止が望ましい
小児への影響 安全性は確立されていない。


TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬会員サービス