人参養栄湯
(応用)
  1. 息切れ
  2. 遺精
  3. 陰痿
  4. 咳嗽
  5. 顔色が悪い
  6. 結核<乾燥性>
  7. 健忘
  8. 下痢
  9. 呼吸困難
  10. 自汗
  11. 四肢倦怠
  12. 食欲減退(食欲不振)
  13. 自律神経失調症状
  14. 心悸亢進
  15. 舌質(淡白)
  16. 舌苔(無苔)(湿潤)
  17. 腺病質
  18. 脱毛
  19. 疲れやすい
  20. 盗汗
  21. 肺結核
  22. 白血球減少
    1. 放射線治療時の白血球減少を軽減する可能性がある(EBM)
  23. 皮膚枯燥
  24. 貧血
  25. 腹部軟弱
  26. 不眠
  27. 便秘
  28. るいそう
  29. 肋膜炎





(人参養栄湯の目標)
  • やせて血色悪い人の、以下の症状や疾患に用います。
    • 「倦怠感」
      食欲不振
      「病後の体力低下」
      「寝汗」
      「手足の冷え」
      貧血




(副作用)

  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー
    肝機能障害・黄疸


(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ・ジンマシン)
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・吐き気・嘔吐・腹痛・下痢







(参考)
  • 脾肺倶に虚し、発熱悪寒、四肢倦怠、肌肉消痩、面黄短気、食少なくして瀉を作し、若し気血虚し而して変じて諸症を見わし名状する能う莫きを治す。
  • 五疸にて脚弱、心、口淡、耳聾、微寒熱気急するを治す。《三因極一病証方論》
  • 皮膚潰瘍にて発熱悪寒或いは四肢倦怠し、肌肉消痩し、面色萎黄、として短気し、飲食味無く、飲を収むる能わず、或いは気血の原が不足して収斂する能わざるを治す。《薛立斎十六種》
  • 此方は呼吸器消化器共に犯され、加うるに積労、虚損、陰陽衰弱、五臓気竭くとて諸病の困憊の極、津液枯渇し、栄養衰え、貧血或いは悪液質を呈して疲労甚だしき者に用いて体力を補う剤である。《漢方後世要方解説》
  • 《津田玄仙》は
    • 毛髪脱落
      顔色無沢
      忽々喜忘
      只淡不食
      心悸不眠
      周身枯渋
      爪枯筋涸
    • の7証を目標として用いた。
  • 本方は下痢するよりも却って津液枯れて便閉の者に用いて良い。
  • 結核の滲湿型の者には余り用いない。



人参養栄湯(和剤局方)
人参3.0 白朮4.0 陳皮2.5
当帰4.0 茯苓4.0 遠志1.5
芍薬4.0 桂枝2.5 五味子1.5
熟地黄4.0 黄蓍2.5 甘草1.5



人参養栄湯
方剤分類 補益剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫
四傷
六経弁証 厥陰病
衛気営血弁証 血分
三焦 下焦
方剤帰経 肝経
臓腑弁証 気血両虚
心肺虚寒
効能 ・気血双補
・安神
・平喘去寒
適応 全身衰弱(病後術後)
肺結核
貧血症
不眠症
慢性気管支炎




(鑑別)
  • 人参養栄湯(厥陰病)
    • 毛髪脱落、貧血、羸痩、疲れがとれない、食欲減退、不眠、健忘、発熱悪寒、皮膚枯燥、腹部軟弱、小便赤渋、脈弱
  • 十全大補湯(厥陰病)
    • 食欲不振、全身衰弱、貧血、心臓疲労、皮膚枯燥、胃腸虚弱
  • 黄蓍建中湯(太陰病)
    • 疲れやすい、四肢冷、食欲不振、自汗、不定期熱、脈細弱
  • 補中益気湯(太陰病)
    • 食欲不振、熱物を好む、口中に白沫、眼勢無力、自汗盗汗
  • 炙甘草湯(太陰病)
    • 自汗盗汗、疲労、呼吸促迫、動悸<腹部大動脈>
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯(太陰病)
    • 発熱、頭痛・めまい、動悸、 自汗盗汗、下腹部の腹直筋緊張
  • 柴胡桂枝乾姜湯(少陰病)
    • 胸脇満、臍上動悸、往来寒熱、小便不利、頭汗、腹部軟弱


チェック
関連情報
」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬