ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報  へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



柴胡桂枝乾姜湯



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)



漢方薬(選び方)

漢方薬(臨床応用)

漢方の証


病位

病質

熱証・寒証


実証・虚証

生薬




柴胡桂枝乾姜湯


柴胡桂枝乾姜湯
(応用)
  1. アレルギー性鼻炎
  2. イライラ
  3. インフルエンザ
  4. 胃液分泌過多症 (いえきぶんぴつかたしょう)
  5. 胃潰瘍 (いかいよう)
  6. 胃下垂 (いかすい)
  7. 胃酸過多症 (いさんかたしょう)
  8. 息切れ (いきぎれ)
  9. ウツ病
  10. おたふくかぜ
  11. 横隔膜下膿瘍 (おうかくまくかのうよう)
  12. 黄疸 (おうだん)
  13. 往来寒熱 (おうらいかんねつ)
  14. 怒りっぽい
  15. かぜ(感冒)
  16. かぜをひきやすい
  17. 咳嗽 (がいそう)
  18. 肩こり
  19. 体がだるい
  20. 肝炎 (かんえん)
  21. 肝臓機能障害 (かんきのうしょうがい)
  22. 乾嘔 (かんおう)
  23. 乾咳 (がんがい)
  24. 感情不安定 (かんじょうふあんてい)
  25. 眼精疲労 (がいいせいひろう)
  26. 気管支炎 (きかんしえん)
  27. 気管支拡張症 (きかんしかくちょうしょう)
  28. 気管支喘息 (きかんしぜんそく)
  29. 基礎体温が低い
  30. 脇下微結 (きょうかびけつ)
  31. 胸脇苦満 (きょうきょうくまん)
  32. 胸膜炎 (きょうまくえん)
  33. 頸部リンパ腺炎 (けいぶりんぱせんえん)
  34. 月経不順 (げっけいふじゅん)
  35. 血小板減少性紫斑病 (けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)
  36. 血色不良 (けっしょくふりょう)
  37. 瘧疾 (ぎゃくしつ)
  38. 眩暈(げんうん)
  39. 肩背強急 (けんぱいきょうきゅう)
  40. 痃癖 (げんぺき)
  41. 口渇 (こうかつ)
  42. 口苦 (こうく)
  43. 口唇乾燥 (こうしんかんそう)
  44. 更年期障害 (こうねんきしょうがい)
    • 異常発汗
  45. 抗生物質を使用しても下がらない熱
  46. 五十肩 (ごじゅうかた)
  47. 臍上動悸 (さいじょうどうき)
  48. 産褥熱 (さんじょくねつ)
  49. ジンマシン
  50. 耳下腺炎 (じかせんえん)
  51. 耳鳴 (じめい)
  52. 歯槽膿漏 (しそうのうろう)
  53. 湿疹 (しっしん)
  54. 紫斑病 (しはんびょう)
  55. 小便不利 (しょべんふり)
  56. 上腹部振水音 (じょうふくぶしんすいおん)
  57. 食欲減退 (しょくよくげんたい)
  58. 自律神経失調症 (じりつしんけいしっちょうしょう)
  59. 腎盂炎 (じんうえん)
  60. 腎炎(急・慢性)
  61. 心悸亢進 (しんきこうしん)
  62. 心筋梗塞 (しんきんこうそく)
  63. 心身症 (しんしんしょう)
  64. 心臓神経症 (しんぞうしんけいしょう)
  65. 心臓弁膜症 (しsんぞうべんまくしょう)
  66. 神経過敏 (しんけいかびん)
    • 神経症傾向が強い
  67. 神経衰弱 (しんけいすいじゃく)
  68. 進行性手掌角皮症 (しんこうせいしゅしょうかくひしょう)
  69. 水腫 (すいしゅ)
  70. 膵臓炎 (すいぞうえん)
  71. 頭汗 (ずかん)
  72. 頭重 (ずじゅう)
  73. 頭痛 (ずつう)
  74. 精神分裂病 (せいしんぶんれつびょう)
  75. せき(タンあり)
  76. 舌質(乾燥)or(湿潤)
  77. 舌苔(無苔~微白苔)
  78. 喘息 (ぜんそく)
  79. 帯下 (たいげ)
  80. 帯状疱疹 (たいじょうほうしん)
  81. 打撲 (だぼく)
  82. だるい
  83. 胆石症 (たんせきしょう)
  84. 胆嚢炎 (たんのうえん)
  85. 蓄膿症 (ちくのうしょう)
  86. 中耳炎
  87. 血の道症
  88. 手足冷えやすい
  89. てんかん
  90. 盗汗 (ねあせ)
  91. 動悸
  92. 糖尿病
  93. どもり
  94. 軟便
  95. 尿量減少
  96. 尿閉
  97. ネフローゼ
  98. ノイローゼ
  99. のぼせ
  100. 肺炎
  101. 肺気腫
  102. 肺結核
  103. バセドウ病
  104. 発熱
    • 微熱
  105. ヒステリー
  106. 冷える
  107. 鼻炎
  108. 皮膚炎
  109. 皮膚枯燥
  110. 疲労倦怠
  111. 脾腫
  112. 腹痛
  113. 腹部で動悸を触知
  114. 腹部軟弱
  115. 腹膜炎
  116. 不安感
  117. 不定愁訴
  118. 不眠症
  119. 偏頭痛
  120. 扁桃肥大
  121. 頬が紅い
  122. マラリア
  123. 慢性胃炎
  124. 慢性肝炎
  125. 耳鳴り
  126. めまい
  127. 盲目(失明)
  128. 夜尿症
  129. 夢におびやかされる
  130. 卵巣機能不全
  131. リンパ節炎
  132. ルイレキ
  133. 肋膜炎



柴胡桂枝乾姜湯の適応










柴胡桂枝乾姜湯の目標
  • 体力弱く、冷え症・貧血気味で、動悸・息切れがあり、神経過敏の者の
      [更年期障害]
      [神経症]
      [血の道症]
      [不眠症]
  • 比較的体力が低下、顔色が悪く、疲労倦怠がある。動悸・息切れ・不眠などがあり衰弱して血色悪い人の、以下の症状・疾患に用います。
    • 「微熱」
      「寝汗」
      「食欲不振」
      「神経衰弱」
      「ノイローゼ」
      「不眠症」
      「血の道症
      」など。






副作用
  1. 間質性肺炎
    • 発熱・咳嗽・呼吸困難・肺音の異常(稔髪音)などが現れた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線などの検査を実施すると共に副腎皮質ホルモン剤の投与などの適切な処置を行うこと。また、発熱・咳嗽・呼吸困難などが現れた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に注意を行うこと。
  2. 偽アルドステロン症
    • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム、体液の貯留、浮腫、体重増加などの偽アルドステロン症が現れることがあるので、観察(血清カリウム値の測定など)を十部行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与などの適切な処置を行うこと。
  3. ミオパシー
    • 低カリウム血症の結果としてミオパシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣、麻痺などの異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与などの適切な処置を行うこと
  4. 肝機能障害・黄疸
    • 副作用情報(厚生労働省平成18年9/1~12/31日)
注意
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)
    高齢者への投与・・・高齢者は生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。






柴胡桂枝乾姜湯 (傷寒論
柴胡6.0 桂枝3.0 括楼根3,0
オウゴン3.0 牡蛎3,0 乾姜2.0
甘草2.0







柴胡桂枝乾姜湯
方剤分類 和解剤
八綱弁証 裏虚
六淫
四傷
六経弁証 少陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 下焦
方剤帰経 腎経
臓腑弁証 肝鬱化火
津虚
効能 ・疎肝解鬱
・生津潤燥
・安神
適応 胃腸神経症
肝機能障害
更年期障害
自律神経失調症
神経症
神経性心悸亢進症
不眠症
慢性気管支炎






(鑑別)
柴胡桂枝乾姜湯 (少陰病)
  • 胸脇満<微結>、臍上動悸、往来寒熱、小便不利、口唇乾燥、頭汗、腹部軟弱、脈微細数
抑肝散加陳皮半夏湯 (少陰病)
  • 肩こり、気分が重い、四肢痿弱、腹筋緊張
小建中湯 自汗・盗汗・心下微結
小柴胡湯 (少陽病)
  • 胸脇苦満、往来寒熱、食欲不振、舌白苔、微熱
  • やや実証
柴胡桂枝湯 (少陽病)
  • 胸脇苦満<軽>、心下支結、腹直筋緊張、発熱・微悪寒、頭痛・頭重、脈浮弱
柴胡加竜骨牡蛎湯 (少陽病)
  • 神経過敏、臍上動悸、心下部膨満・抵抗あり、胸脇苦満
加味逍遥散 (厥陰病)
  • 顔面紅潮、四肢倦怠、疲労、発熱盗汗、口乾、嗜臥不眠、手掌煩熱
五積散 (厥陰病)
  • 顔面貧血性、頭痛身痛、上半身熱感、下半身冷感
炙甘草湯 動悸・心悸・虚熱・上衝<甚>
真武湯 下痢・裏寒・腹痛・心下微結<なし>







(参考)
  • 小柴胡湯の証にして、嘔せず、上衝して渇し、胸腹動ある者を治す。《吉益東洞》
  • 胸脇苦満して、胸腹に動有り、乾嘔し、上衝し、渇する者を治す。《方極附言》
  • 労、肺痿、肺癰、瘰癧、痔瘻、結毒、黴毒等、久しきを経て癒えず、漸やく衰憊に就き、胸満、乾嘔し、寒熱も交も作)り、動悸、煩悶し、盗汗、自汗し、痃嗽し、乾し、咽乾口燥、大便溏泄し、小便利せず、面に血色無く、精神困乏し、厚薬に耐えざる者は、此方に宜し。《類聚方広義》
  • 此方も結胸の類症にして、水飲心下に微結して、小便不利、頭汗出ずる者を治す。《勿誤薬室方函口訣》
  • 胸脇満微結、小便不利、渇或いは口唇乾燥、頭汗或いは盗汗、心煩、或いは往来寒熱、或いは腹動、或いは咳、或いは咯血。《龍野ー漢方処方集》
  • この方は、柴胡剤の中で最も虚証になった者に用いる方剤である《大塚敬節》

(腹証)
  • “小柴胡湯の如くにして、之を按ずるに力無く、亦苦満少なくして動気甚だし”《腹診配剤録》

(原典)
  • 柴胡半斤、桂枝(去皮)3両、乾姜2両、カロコン4両、オウゴン3両、牡蠣(熬)2両、甘草(炙)2両」
    右七味、以水一斗二升、煮取六升、去滓、再煎取三升、温服一升。日三服、 初服微煩、復服汗出便愈。
    ◎傷寒五六日、已発汗而復下之、胸脇満微結、小便不利、渇而不嘔、但頭汗出、 往来寒熱、心煩者、此為未解也。柴胡桂枝乾姜湯主之。
    《傷寒論》辨太陽病脉證并治下第七。
    《傷寒論》辨発汗吐下後病脉證并治第二十二。





チェック
関連情報
漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候別)

漢方薬(50音順)

漢方薬(3000処方)

古方の漢方処方

漢方の証


病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証

漢方書籍








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査