ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



三黄瀉心湯



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)



漢方薬(選び方)

漢方薬(臨床応用)

漢方の証


病位

病質

熱証・寒証


実証・虚証

生薬




三黄瀉心湯の目標


三黄瀉心湯
のぼせ気味で顔がほてる人の、以下の症状・疾患に用います。
  • ・「高血圧」
    ・「鼻血」
    ・「痔出血」
    ・「便秘
    ・「更年期障害
  • 消化性潰瘍
    1. 急性胃炎の消化性潰瘍の有効率は65.8%
    2. 慢性胃炎の急性増悪期の消化性潰瘍の有効率は50.0%(多施設症例集積研究)

    ・「精神不安」
    ・「耳鳴り」
    ・「肩こり
    ・「頭重」
    ・「不眠」

    など広範囲に応用できます







三黄瀉心湯の目標)
  • 比較的体力がある者が、のぼせて顔面紅潮し、気分がイライラして落ち着かないときに用いる。
  • 不安・不眠・頭痛・耳鳴りなどがあって、便秘・出血傾向。

(注意)
  • 悪寒・下痢傾向の者や著しく体力が低下している者。
  • (消化器)
    食欲不振・腹痛・下痢






(原典)
  • 「大黄2両、黄連1両、黄芩1両」
    右三味、以水三升、煮取一升、頓服之。《傷寒論》
    ◎心氣不足、吐血、衂血、瀉心湯主之。
    • 「心氣不足」=こころもちがおちつかない。


(参考)
  • 《金匱要略》では「瀉心湯」、後世方では「三黄瀉心湯」と呼ぶ。
    心煩し、心下痞に、之を按んじて濡なる者を治す。《吉益東洞》
  • 《金匱要略》・・・瀉心湯の条に心気不足、吐血、衂血、瀉心湯之を主ると曰う。即ち不足と云い、又瀉心と云う。是れ後世の論説に由って起こる所なり。為則按ずるに《千金方》の不足を不定に作る是れ仲景の古なり。蓋し心気不定は煩悸の謂なり。故に心中煩悸し心下痞して諸証を発する者に此湯を用うれば皆治す。啻に吐血衂血のみならざらんや、是に因って之を観れば不定の煩悸たるや明らかなり。《重校薬徴》
  • 心気不定、心下痞し、之を按ずるに濡なる者を治す《方極》
  • 吐血、衂血、諸血症にして、その人心下痞硬し、欝欝として熱煩し、大便硬く、劇しき者は舌黄にして、面目赤し。瀉心湯之を主どる。《医聖方格》
  • 此方は上焦瀉下の剤にして、その用尤も広し。《和剤局方》「三黄湯」の主治熟読すべし。但し気痞と云うが目的なり。《勿誤薬室方函口訣》
  • 心気不足:は《備急千金要方》では「心気不定」となっている、いずれにしても、気分が不安でイライラして落ち着かないのを云ったものである。興奮したり、気分がイライラしたり、落ち着きを失ったり、狂躁という状態がよく見られる。又、幻覚を訴える者もある。《大塚敬節》
    ◎のぼせを引き下げ、気分を落ち着かせ、興奮を静め、便通をつけ、炎症を去り、出血を止め、食を進める効があるので、応用範囲が広い。《大塚敬節》
  • 宋板の傷寒論や成本傷寒論では大黄と黄連の2味であるが、康平傷寒論では、これに黄芩が配剤されている。《大塚敬節》




三黄瀉心湯 (金匱要略)
大黄1.0 オウゴン.1.0 黄連1.0






(鑑別)
  • 三黄瀉心湯
    • 精神不安、顔面紅潮、便秘、吐血衂血<鮮紅色>、心下痞、胃部膨満停滞感、脈有力。(陽明病)
  • 黄連解毒湯
    • 充血、精神不安、煩悶、小便赤色、不眠、顔面赤い、脈有力。(陽明病)
  • 桃核承気湯
    • 実証、のぼせ、足冷、下腹部痛。(陽明病)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯
    • 実証、胸満、神経過敏、臍上動悸、心下部抵抗、胸脇苦満。(少陽病)




チェック
関連情報
病院でもらった漢方薬」「よく使う漢方薬








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査