ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



柴胡加竜骨牡蛎湯


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





漢方薬の選び方



東洋医学

病質

熱証・寒証

実証・虚証
広告



柴胡加竜骨牡蛎湯の目標
(サイコカリュコツボレイトウ)

柴胡加竜骨牡蛎湯
高血圧症・動脈硬化症・神経症心臓神経症甲状腺機能亢進症・不整脈(軽)・頻脈(軽)・てんかん・小児夜啼症・不眠症・遺精・円形脱毛症


柴胡加竜骨牡蛎湯
(応用)
イライラ
  • 癇症(神経がイライラする症)にて、煩驚なく、四肢掣縦(不自由)、心志不安者は:「マイナス大黄・鉛丹プラス芍薬・釣藤鈎・羚羊角・甘草」《勿誤薬室方函口訣》
  • 癇症、夜安眠を得ず、喜笑止まず、あるいは痰喘壅塞し、精神爽やかならざる者を治す。《傷寒論識》

咽喉異物感

インポテンツ

陰痿(神経性の)

萎縮腎

運動障害

往来寒熱

怒りっぽい(易怒)

驚きやすい(易驚)
  • 驚癇、或いは心気不定の者、之を主どる。《類聚方集覧》


潰瘍性大腸炎

角膜混濁
  • 1聾者、角膜曇濁して胸腹に動があり、時に或いは頭眩する。よって柴胡加竜骨牡蛎湯を与え、芎黄散を兼用し、且つ一方を点眼し、1ヶ月ばかりにして癒えた。《上田椿年》


肩こり ・・
  • 肩コリの漢方薬
    • ①神経過敏、興奮しやすい。
      ②臍上動悸、
      ③心下部膨満・抵抗あり、
      ④胸脇苦満。    
      ⑤上腹部膨満し、不眠、めまいを訴える。
  • 神経過敏で興奮しやすい、便秘するなどの症状があって肩凝りを訴える者《大塚敬節》
  • 神経症・心臓病・高血圧症などで肩凝りのある者に用いる機会がある《大塚敬節》


仮面うつ病

肝炎(急・慢性)

肝硬変

癇症
  • この方を癇症や癲狂に用いてしばしば効を得た。当今の病人は、気鬱と肝うつの病人が10中の7、8である。肝欝が募ると癇症となる。婦人 はわけても肝欝と癇症が多い。この場を会得すれば当今の雑病の治療も困難ではない。《傷寒論》では胸満、煩驚、小便不利の者に用いている。この数症の中で、胸満が主症で、煩驚、小便不利が客症である。畢竟、胸満するから自然と胸中が煩する。煩するから精神が不安で事に触れて驚くようになる。気が胸に上って結ばれるからそこに鬱積してめぐらない。それで小便の不利が起こる。それ故にこの方を用いる標準は胸満である。もちろん大小便の通じ悪く、煩驚があれば正面の証である。さて癇症は色々の証を現す病で、夜床につくと、眼に色々のものが見えたり、また水気が臍の下から攻め上がって呼吸が促迫して、脚気衝心のようになったり、発作のたびに手足がひきつれ、ひどいときは痙病のように、反り返る。夜間たまたま眠ると夢を見、種々の症状を現す。このような場合、胸満、煩驚、小便不利があれば、必ずこの方を用いるが良い。《餐英舘療治雑話》


感情不安定

胸脇苦満
  • 胸部の不快感
  • 上腹部筋緊張


強迫神経症

恐怖症
  • 煩満の状ありて、精神昏乱し、時には譫語を発し、脈緊急なる証。《奥田謙蔵》


狭心症
  • プラス黄連1.5g、葛根5.0g」狭心症や心筋梗塞の発作時に用いるのではなく、平素服用することで、発作を予防する効がある。神経過敏で、精神感動によって発作を起こすもので、心下部が膨満し、臍上で動悸が亢進し、不眠、煩悶の状あるものに用いる。《漢方診療医典》


筋肉攣縮

ケイレン ・・
  • ケイレンの漢方薬
  • “14歳の男児。乳児の頃、中耳炎にかかった。昭和29年に突然意識を失って卒倒して、激しい痙攣を起こした。それが毎年少しずつ悪化し昭和34年には、3月、5月、6月、7月、10月に大きな痙攣発作があり、昭和35年には2月と3月に大発作があって、4月に当院に治を乞うた。
    腹診すると、臍部で動悸が亢進している。胸脇苦満は右側で極めて軽微に証明されるが、ほとんどわからない程度である。
    およそ乳幼児や少年に柴胡剤を用いるときは、胸脇苦満は、あまりはっきり現れないことが多い。腹部もあまり膨満していない。この点は大人の場合とは違っている。
    私はこれに柴胡加竜骨牡蛎湯マイナス大黄プラス甘草を与えた。これで効がなければ、釣藤鈎、芍薬を加えることを予定していた。
    ところが、これを服用し始めてから昭和35年、36年は1回も発作を起こさず。37年8月現在まで約年3ヶ月全く健康である。”《大塚敬節》


血色良好

言語障害
  • “戌申(つちのえさる)の役の時、沼田候が心を悩ます事多く、和平のち、“忽然として言語蹇渋、半身不随、腹裏拘急、時々欝棒、人事を省せず、精神快々として楽しまず百治效なき者”に、柴胡加竜骨牡 蛎湯マイナス大黄鉛丹芍薬釣藤羚羊角甘草を与え、数日で著効を得た例が 出ている。”《橘窓書影》


高血圧症 ・・
  • 高血圧の漢方薬
  • 大柴胡湯の証にして、心悸亢進、息切れ、胸内苦悶などを訴え、また神経症状が強いような場合に用いる。《大塚敬節》
  • 釣藤鈎3.0、芍薬3.0」《大塚敬節》
  • 72歳の婦人。
    「4年来の高血圧で最高血圧は240mmまで上がったことがあるという。心臓肥大があり、動悸・息切れを訴える。頭痛・肩こりはないが、軽いめまいがある。
    胃下垂で胃が変形していると言われたことがある。食欲が無く、便通は普通。睡眠は精神安定剤を飲んでも4時間ぐらいしか眠れないとこのとである。手足が冷えて手がふるえる。本人は唇や声もふるえると訴える。
    体格はやせ型で、顔色は普通、脈は弦で、左のヘソのかたわらに拍動を触れ、ヘソの上部に圧痛がある。舌には白いコケが目立っている。血圧は(160-90)であった。降圧剤を服用しているとのことである。
    柴胡加竜骨牡蛎湯エキスを与えたところ、20日後には声と手のふるえが止まり、血圧は(130-80)に下がり、1ヶ月半後には降圧剤を中止したが、その後も血圧は安定して、全身状態が好転した。」《矢数圭堂》
  • インスリン非依存型糖尿病に合併した高脂血症では証を考慮して投与後(12週)、有意に総コレステロール値の低下を認めた。しかし、大柴胡湯はこの条件では有意な改善が求められなかった。【EBM】


甲状腺機能亢進症
  • 発病初期で体力があり。胸脇苦満、腹部膨満を認め、興奮しやすくて疲労し、動悸、不眠などを訴えるものに(漢方診療医典)


更年期障害

五十肩

脂肪肝

自閉症
  • 腹力充実、胸脇苦満、気分変化の大きさ、物事の興味喪失、興奮、癇症、独語などに(漢方診療医典)


自律神経失調症

焦燥感

神経過敏

神経衰弱症

神経症
  • 癲狂、驚悸、不眠、健忘の症でも、胸脇にかかる者は、小柴胡湯、大柴胡湯、柴胡桂枝乾姜湯、柴胡加竜骨牡蛎湯の4方を症に随って選んで用いるがよい。この他に、これらを例として、柴胡別甲湯の類、或いは後世家ならば逍遙散、抑肝散などの類を広く用いる。後世家は、柴胡桂枝乾姜湯の処へ逍遙散を用い、大小柴胡湯の処は大方抑肝散を用いる。以上の4方の内で、動悸をよく治する者は柴胡加竜骨牡蛎湯である。柴胡桂枝乾姜湯を用いるような動悸で、この方を用いても効のない時は格別に、胸満、煩驚がなくても、柴胡加竜骨牡蛎湯を用いて、よく動悸の治まるものである。また柴胡加竜骨牡蛎湯を用いて効のある程度の動悸には必ず多少の胸満、煩驚の症がそうものである。
    柴胡桂枝乾姜湯を柴胡加竜骨牡蛎湯とはよく似ていて、動悸が主である。胸満、煩驚の証は姜桂湯にもあるけれども、姜桂湯の方は虚証で、龍骨牡蠣湯の方は実証である《ほうよげい
  • 神経症に対する柴胡加竜骨牡蛎湯の効果(53.3%)【EBM】
  • この方は大柴胡湯を用いるような腹証の患者で、臍上で動悸が亢進し、神経過敏で、驚きやすく、興奮しやすい者に用いられる《大塚敬節》


心悸亢進
  • 神経性心悸亢進症
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯を用いる目標は、胸満・煩驚である。そこで、上腹 部から胸部にかけて膨満し、物に驚きやすく神経が過敏になり、臍部で動悸が亢進し、大便は秘結し、心悸亢進ある者の用いる。この方は神経性心悸亢進に用いるばかりでなく、バセドウ病・高血圧症・更年期障害などに用いた。《大塚敬節》


心気症

心下痞硬

心臓神経症
  • 胸脇苦満をと心下部膨満のある患者で、神経過敏で、発作性に心悸亢進を訴え、呼吸促迫と胸痛のあるものに用いる。また、不眠、肩こり、めまい、便秘を訴えるものもある。腹診すると、臍傍で動悸の亢進しているものもある(漢方診療医典)


心臓喘息

心臓弁膜症 ・・
  • 心臓弁膜症の漢方薬
  • 心臓弁膜病等にして、胸脇苦満、浮腫、動悸、神経過敏、小便不利、便秘の傾向ある証。《奥田謙蔵》


腎炎 ・・

水腫

小便不利

頭重

頭痛 ・・
  • 頭痛の漢方薬
  • 患者は50あまりの婦人で、数年前から激しい頭痛を患い、ヘソの当 たりの動悸が上にのぼって、それが胸にまで響き、頸項がとても強ばりひきつれ、一昼夜ほどたつと、今度は、頭に突き上がるようなひどい痛みがきて、堪えられない。このような発作が月に2回も3回も起こる。(中略)脈をみると、沈んで、突っ張った脈で、速い。腹をみると、季肋下が膨満して腹部で動悸が亢進し、腹筋が少し緊張している。そこで柴胡加竜骨牡蛎湯を与えたところ、4、5日たつと、6、7年前から止まっていた月経があり、それきり頭痛が起きなくなった。《和漢医林新誌ー西川市令》


精神分裂病
  • 16歳男。体格強壮、隆々たる筋骨の運動選手で、勉学と運動選手の責任との矛盾に悩んで神経衰弱となり、快々として楽しまなかったが、病状悪化して太息をもらし、独語するようになった。ついに狂躁状態を呈して、室外に飛び出し、屋根に登り、塀を登って高声放歌するようになった。初診の前日まで2週間ほど騒擾を繰り返していたが、診察の日は欝状で、不眠、頭痛、食欲不振、鼻閉塞を訴え、応答はすこぶる不活発である。
    脈は沈遅、腹部は右季肋下反応陽性で臍上で動悸を認める。事志と 異なり、計画と実行の矛盾に悩むときに起こる精神的葛藤はやがて肝胆の気鬱となる。すなわち柴胡加竜骨牡蠣湯マイナス鉛丹大黄を与えたところ、翌日から睡眠可能となり、以来狂躁状態はほとんど無くなった。
    以来快方の一途をたどり、服薬4ヶ月におよんで廃薬し、就学可能となった。《矢数道明》


精力減退

性的神経衰弱

舌質(紅)

舌苔(白苔~黄・やや膩)

譫語

譫妄

早漏

対人恐怖症

帯下
  • あまり血色の良くない肥満した婦人が、胃が悪いといって来院した。主訴は、いつも胃が重く、胸がつかえているというのであるが、その他に胸焼け、肩の凝り、めまいもあるという。大便は便秘の傾向がある。
    腹診するに、腹部は全般的に膨満し、とくに心下部が張っている。大柴胡湯にしようかとも考えたが、柴胡加竜骨牡蛎湯にした。
    これを2週間ほど飲んだ時、患者は云った。
    「先生、あの薬はこしけにも効きますか、こしけが止まりました」
    患者は初診の時、私に、帯下の下りることを話さなかったが、よほどうれしかったらしい。
    その後、気をつけていると、この処方で帯下が良くなった者が、2、3人あった。《大塚敬節》


大動脈瘤
  • 動悸、息切れ、胸痛、胸部の圧迫感などがあり、神経質になって、不安感、不眠などを訴え、上腹部が膨満して、便秘する者に用いる、大動脈瘤の成因が、狭心症と類似の動脈硬化性病変にあると考えて、黄連1.5、葛根5.0を加えてよい(漢方診療医典)


立ちくらみ

血の道症
  • 胸に圧迫感があり、ヘソの上orヘソ横に不快感、腹部大動脈の亢進、みぞおちに突き上げる動悸、のぼせ、頭痛、めまい、不眠、疲労感が ある者。


中風
  • 中風の一種に熱癇(脳卒中で熱あるもの)と称するものに、よく応ずる《勿誤薬室方函口訣》


テンカン ・・
  • てんかんの漢方薬
  • 《徐霊胎》曰く、此方能く肝胆の驚痰を治す。之を以て癲病を治せば必ず効ありと。
  • 症候性癲癇様発作等。《奥田謙蔵》
  • この方で著効を得ることがしばしばある。但し、1年も用いて発作の止まない者は、この方の適応証でがない。私はプラス釣藤鈎3.0芍薬3.0甘草2.0として用いている《大塚敬節》


動悸
  • <臍上動悸>
  • 実証の動悸に柴胡加竜骨牡蠣湯。虚証の動悸には、柴胡桂枝乾姜湯。《勿誤薬室方函口訣》
  • 腹部大動脈拍動を触知
  • 矢数道明氏は抑肝散加陳皮半夏湯の証と柴胡加竜骨牡蛎湯の証が似ていて間違う場合のあることについて、次のように述べている。
    神経症、血の道などはとかく腹部大動脈の亢進を伴うことが多いものである。柴胡加竜骨牡蛎湯の時は心下部が比較的堅く張っていて、いわゆる胸脇苦満という心下部に抵抗圧痛があり、臍傍あるいは臍上に比較的限局性の動悸を触れることが多い。この証が長引いて虚証に移行し、腹筋がすっかり軟弱となり、胸脇苦満という症状はみとめられずに、心下より左臍傍まで、大きい長い動悸がつかめるように触れるものには抑肝散加陳皮半夏湯が良いと私は思っている。ところが中間型や移行型があって、類症鑑別を要することもしばしばである。
    私は現在も柴胡加竜骨牡蛎湯を随分多くの場合に使っているが、この薬を呑んでひどい反応を起こしたことが一度ならずあった。仙台の人で、血圧も高く慢性腎炎があり、神経質の人で、柴胡加竜骨牡蛎湯の正証と思って、鉛丹・大黄を去って与えた。服薬を始めると、食欲が全く衰え、嘔吐下痢が起こった。しかしこれは一時的の反応と思って3日間ガマンして呑んだが、すっかり病人になって寝込んでしまったとのことである。速達で問い合わせがあったので、1週間服薬を中止して、それらの症状が去ってから再び服用して結果を知らせてくれるように返信した。薬を止めて1週間、やっと普通になったので、1日分を煎じて飲んでみたら、同じように負うとと下痢を起こったので中止してしまったということである。これはどうしてもいわゆる瞑眩現象とは思われないので、この患者に抑肝散加陳皮半夏湯を与えたところ、始めて著効を得たという《大塚敬節》


動脈硬化症
  • 神経質の患者で動悸と胸部の圧迫感をおぼえて安眠せず、胸脇苦満、心下痞満、便秘のあるものに用いる(漢方診療医典)
  • 長く服用すると、肝と腎の機能が調整されてコレステロールがとれ、全身状態が改善される


登校拒否
  • 体質的には実証で胸脇苦満、心下部の抵抗がある。臍上に動悸を認め、心悸亢進、不眠、煩悶、憂うつ感、神経過敏、集中力低下などの精神神経症状がみられる。脈は緊張強く、便秘の傾向がある、小児の場合は胸脇苦満はくすぐったがるタイプが多い。(漢方診療医典)


難聴
  • 大柴胡湯と小柴胡湯の中間程度の胸脇苦満があって、心下部に抵抗を触れ痞満し、臍上または臍傍に動悸を認め、腹部大動脈の亢進による神経症状があり、病気を気にし、のぼせ、不眠、煩悶の状あるものに(漢方診療医典)


日射病
  • 熱病、胸脇満して嘔せんと欲し、煩驚して心下悸し、小便少なく、譫語し、休作時有り、一身尽く重く、転側す可らざる者は、柴胡加竜骨牡蛎湯之を主どる。《医聖方格》


尿毒症

ネフローゼ

ノイローゼ
  • がっちりタイプで、見かけによらず神経過敏で、のぼせ、不眠、便秘傾向の者。


のぼせ

脳溢血

脳出血

脳底動脈硬化症

バセドウ病
  • バセドウ病等にして、動悸、不眠、多汗、神経過敏にして驚愕し易く、胸脇苦満ある証。《奥田謙蔵》


梅核気

半身不随
  • 《傷寒論》に一身ことごとく重く、転側すべからざる者に用いてあり、脳出血、脳軟化症などから来る半身不随に用いる機会がある。《大塚敬節》


煩驚
  • 「救逆湯」は竜骨牡蛎を以て太陽火逆の驚狂を鎮め、柴胡加竜骨牡蛎湯は竜骨牡蛎を以て少陽誤下の煩驚を鎮む。《傷寒論識》


煩躁
  • [牡蛎][黄連][竜骨]、同じく煩躁を治し、しかも各主治するところあり。中は黄連の主るところなり。
    臍下は竜骨の主るところなり。しかして、部位定まらずして胸腹煩躁のものは牡蛎の主るところなり。


ヒステリー
  • 「ヒステリー」等にして、胸脇苦満、腹部膨満感、煩驚、心悸亢進、不眠、呑酸嘈雑を発する証。《奥田謙蔵》


肥満

頻脈
  1. 塩酸リトドリン投与に伴う頻脈に有効な可能性(EBM)


不安感

不安神経症
  • 49歳女性。7、8年前から頭痛(頭頂痛)が常にあって、動悸がして不安が起こり、乗り物には恐ろしくて乗れず、音に敏感になって驚きやすく、疲れやすく、欠伸が多く、おっくうで仕事をする気にもならず、入浴するのも面倒でならない。今年に入ってから特にひどく、顔ばかりのぼせて足が冷え、足裏に氷をつけているように感じる。時々立ちくらみや不眠がある。
    以前はホルモン注射をすると一時楽になったが、この頃は効果が無いと言う。
    現症。体格中等、肉づきやや肥満型、体質は冷え症でのぼせ性、夏は肥って調子が良いという。
    精神症状の主なものは、不安、心気的訴え、不眠、精神作業能の減退などであり、また知覚異常その他より、自律神経症状も推定された。
    身体的には、血圧164-90mg/Hgでやや亢進しているほかには、理学的診断上著変を認めない。
    漢方的には、便秘、食欲不振、胸焼け、白苔、月経やや遅れ気味である。脈は沈でやや弦、腹部は筋肉の緊張がよく、左側胸部に自発痛及び圧痛があり、且つ左季肋下に軽度の抵抗を認め、心下部に抵抗、圧痛(心下痞硬)を認めた。
    治療及び経過。柴胡加竜骨牡蠣湯、(大黄1.5)を投与。
    1週間後、明らかに気分がよくなって、頭が軽くなったという。左側胸部の疼痛は、自他覚的で消失した。血圧144-86。
    2週間後、気分はよいが月経の際、頭痛が起こる。しかし以前ほど強くないという。血圧128-74。
    5週間後、手がむくまなくなった。墓参に行って来たが不安が起きなかった。動悸は時に起こることがあるが、対して気にならない。血圧に対して不安が無くなった。血圧136-84。
    約1ヶ月半後、結婚式に参列して、疲れたら震えが出た。
    約2ヶ月服薬を続け、患者は非常に気が楽になり、仕事も出来るようになったといって廃薬した。(山田光胤・日本東洋医学誌第12巻1号)


不整脈
  • 胸脇苦満、心下部痞満、便秘のあるもので、頻脈症の発作があるものに用いる(漢方診療医典)


不定愁訴

不眠症
  • 神経衰弱性不眠症等。《奥田謙蔵》
  • 大柴胡湯を用いるような患者で、物に驚きやすく、動悸がしたり、興奮したりする病状があって、安眠できない者に用いる《大塚敬節》


発狂
  • 婦人狂疾を発し、歌唱時無く、垣を越え屋上に上がり、或いは罵詈雑言、親疎を避けず、衣を棄てて走るなどを治す:「プラス鉄砂」《傷寒論識》


腹水

便秘

麻痺

慢性関節リュウマチ

慢性腎炎
  • 浮腫はないが、血圧が高く、尿量が少なく、便秘、心悸亢進、胸部圧迫感などのある者に用いる。肥満体質で、胸脇苦満、上腹部の膨満がある(漢方診療医典)


耳鳴り
  • 神経衰弱、神経質、ヒステリーなどに現れた耳鳴で、精神不安定、心悸亢進、不眠、眩暈を伴い、腹部に動悸を認め胸脇苦満の証のあるもの(漢方診療医典)


メニエール症候群
  • 本方は上衝し、停滞している気と水を順通するというものである。また胸滿煩驚という病態は自律神経に失調を意味していて、腹部大動脈の亢進による腹部神経症状があり、上衝、心悸亢進、不眠、煩悶を訴えるものによい(漢方診療医典)


めまい(眩暈)
  • 肥満して、上腹部が膨満し、胸脇苦満があり、臍部で動悸が亢進し、 興奮しやすく、驚きやすく、動悸、息切れなどを訴える者のめまいに用いる。《大塚敬節》


やけど
  • 火傷後の発熱等。《奥田謙蔵》


ゆううつ

抑うつ気分

夜泣き

卵巣機能不全

柴胡竜骨牡蛎湯の解説画像

(柴胡加竜骨牡蛎湯の目標)
  • 腹部大動脈の亢進を認めることがある

(柴胡加竜骨牡蛎湯の適応)
  • 比較的体力があって、イライラして不眠で、動悸を感じるひとの、以下のような症状・疾患に用います。
    「高血圧症」
    「不眠症」
    「動脈硬化症」
    「夜驚症」

    など、応用範囲は広い
副作用
  • 間質性肺炎
    肝機能障害
    黄疸

注意
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ・ジンマシン)
  • 著しく体力が衰えている者
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・腹痛・下痢



柴胡加龍骨牡蛎湯
方剤分類 鎮静剤
八綱弁証 裏熱虚
六淫
四傷
六経弁証 少陽病
衛気営血弁証 気分
三焦 上焦
方剤帰経 心・心包・胆経
臓腑弁証 心肝火旺
散証
効能 ・清熱安神
・収斂
適応 遺精
円形脱毛症
高血圧症
甲状腺機能亢進症
動脈硬化症
小児夜啼症
神経症
心臓神経症
テンカン
頻脈(軽度)
不整脈(軽度)
不眠症



柴胡加竜骨牡蛎湯 (傷寒論
柴胡5.0 半夏4.0 大黄1.0
茯苓3.0 桂枝3.0 オウゴン2.5
龍骨2.5 牡蠣2.5 人参2.5
生姜2.5 大棗2.5



(原典)傷寒論
  • 「柴胡4両、龍骨・オウゴン・生姜(切)・鉛丹・人参・桂枝(去皮)・茯苓各1両半、半夏(洗)2合、大黄2両、牡蠣(熬)1両半、大棗(擘)6枚」
    右十二味、以水八升、煮取四升、内大黄、切如碁子、更煮一両沸、去滓、温服一升。本云柴胡湯、今加龍骨等。
    ◎傷寒八九日、、下之、胸満、煩驚、小便不利、譫語、一身盡重、不可轉側者、柴胡加竜骨牡蠣湯主之。
    《傷寒論》辨太陽病脉證并治中第六


(処方解説)
  • 主薬は柴胡・竜骨・牡蛎
  • 柴胡能瀉胸脇之実熱
  • 竜骨有収斂、鎮静内気動揺的効能
  • 茯苓則由於利尿而鎮静因停水外溢而引起的動揺
  • 柴胡與オウゴン配合作用於胸脇部、有解熱・疎通・鎮静之效
  • 竜骨・牡蛎具有鎮静作用、能鎮静胸腹的動悸、並治心悸亢進・不眠・驚恐等神経症状
  • 桂枝治上衝
  • 茯苓與半夏・生姜協同去胃内停水
  • 大黄有疏通腸管・消炎鎮静之效
  • 大棗與生姜協助諸薬、強化薬效



(鑑別)
柴胡加竜骨牡蛎湯 (少陽病)
  • 心悸亢進、不安感、腹部大動脈の亢進、肩こり
柴胡桂枝湯 (少陽病)
  • 自然発汗の傾向、腹直筋の緊張、テンカン、体力中等度
大柴胡湯 (少陽病)
  • 胸脇苦満、体力充実
甘麦大棗湯 (少陽病)
  • 胸脇苦満なし、小児夜蹄症、ヒステリー
四逆散 (陽明病)
  • 胸脇苦満、両側の腹直筋緊張、体力中等度
抑肝散加陳皮半夏 (少陰病)
  • 胸脇苦満、易怒性、筋攣縮
桂枝加竜骨牡蛎湯 (太陰病)
  • 易怒性、焦燥感、自然発汗、腹部大動脈の異常拍動
半夏厚朴湯 (太陰病)
  • 咽喉閉塞感、不安感、不眠
加味逍遥散 (厥陰病)
  • 顔面紅潮、臍傍の圧痛





関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査