ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



大承気湯



通 販 カタログ 病名(症状)








大承気湯の適応画像

大承気湯  便秘・イレウスの初期


大承気湯
  (応用)

汗が出る
  • a さむけはない
    b 熱性病にして、大に汗出で、身体重く、煩躁し、脈数急、腹痛して便閉する証《奥田謙蔵》
    汗出づること油の如く、喘鳴あり、身体自由ならず、或いは安静に、或いは擾乱し、その脈微しく滑なる証《奥田謙蔵》


胃ガン

息切れ

意識障害
  • a うわごと
    b 傷寒9日以来、口言う能わず、目視る能わず、体動かす能わず、四肢倶に冷え、6脉皆無く、手を以て腹を按ずれば両手にて之を護り、眉に皺楚(クルシム)を作し、趺陽の脉大にして力あるを治す。乃ち腹に燥屎あるを知るなり。遂に之を下し、燥屎を得ること67枚にて口能く言い、躰能く動く。《医宗必読》


異常発酵

痿躄

疫病

霍乱

脚気
  • a 脚気衝心
    脚気、胸腹腸満し、一身浮腫し、胸動怒濤の如く、短気して嘔吐し、二便閉渋する者は、衝心の基也。此方に非ずんば、その迅劇の勢を折衝し、結≠フ毒を蕩滌すること能わざる也。脚気症、その人胸中跳動し、心下堅く、短気、腹満し、便秘して脈数なる者は、仮饒(タトエ)その状緩症に似たるも、決して軽視し可らず。必ず不測の変有らん。早く此方を用い、以て欝毒を逐除する時は、則ち大患に至らずして治せん。匕を執る者、忽諸にする勿れ、《類聚方広義》
    脚気にして、腹満強く、喘鳴息迫し、大小便共に通ぜざる証《奥田謙蔵》


肩こり
  • @陽明病。
    A腹部膨満<充実>。
    B便秘。
    C汗出潮熱。
    D裏急後重


関節痛
  • a この方は腹部が充実膨満して、脈にも力があって、便秘するものを目標に用いる。大柴胡湯証では胸脇苦満があるが、この方は臍を中心として膨満している。このような状態で膝関節や足関節の痛む者に用いる《大塚敬節》
    50歳会社社長。肥満したがっちりした精力旺盛という体格である。主訴は腹部の膨満感で、そのため睡眠がよくとれないことがあるという。肩も凝り、左右の膝関節には疼痛があり、坐っておれないという。小便は頻数で量も多いが大便は秘結していて、下剤を飲まないと通じがない。腹部は全般的に膨満して抵抗があり、脈は沈実である。尿中にはタンパクを証明し、血圧は180-100である。そこで大承気湯を与えたところ、毎日便通があり、身体が軽くなり、肩凝りも、膝の痛みもなくなった。血圧には変化がない。通計100日ほど服薬して海外旅行し、服薬を中止した。
    大承気湯証の患者には、尿の頻数と多尿を訴える者があり、又、膝関節や足関節に疼痛を訴える者がある。《大塚敬節》


気の流れが悪い
  • a 此方は胃実を治するが主剤なれども、承気は即ち順気の意にて、気の凝結甚だしき者に活用すること有り。《勿誤薬室方函口訣》


吃逆

急性肺炎

狂犬病

下痢
  • a 食中毒による下痢・吐き気、粘液・膿性、腹痛
    痢疾、大熱、腹満し、痛錐(キリ)にて刺すが如く、口舌乾燥し、或いは破裂し、大便日に数十百行、或いは便膿血の者を治す《類聚方広義》
    心下硬痛、純青水を下利し、譫語、発渇、身熱を患うを治す。庸医此の証を識らず、ただ下利を見て便ち呼んで漏底傷寒と為して、便ち熱薬を用いて之を止む。すなわち薪を抱いて火を救うが如し。死者多し。殊に知らず、此れ熱邪裏に伝うるに因り、胃中の燥屎結実し、此の下利は内寒にして下利するに非ず。乃ち日を逐い自ら湯薬を飲んで利するなり、宜しく急に下すべきを。名づけて結熱利症と曰う。身に熱ある者宜しく此の湯を用いるべし。:「人参・当帰・甘草」《傷寒翼方》
    山本某が急に熱を出して下痢し、うわごとを云うようになり、これが7、8日も続き、この間何も食べず、ほとんど死にそうになった。医者はこれに附子理中湯や四逆湯の類をいろいろ用いたが効無く、死を待つばかりであった。先生がこれを診てみるに、手足は氷のように冷たく、眼は上につり上がって直視し、衣類や蒲団を手でなでまわり、危篤の容貌を呈している。それに下痢は続き、脈はほとんどない。また時々吃逆が出る。唇の色は黒くて乾燥し、舌は真っ赤になって苔がない。こんな状態で、まことに重傷である。先生は大量の大承気湯を作り、これを2日分を1日に呑ましめた。その翌日、鶴(門人)が先生の命によって往診してみると、黒便が下って、吃逆が止み、少し食べられるようになった。そこで又前方を与えて、その翌日、往って診ると、唇がひどく乾燥し、舌に黒胎がついた。更にまた前方を与えること、4、5日で諸症すべて去って全快した。《岑少翁の治験》
    e  熱はあっても、悪寒、悪風などの症状はなく、下痢せんとしても、なかなか通ぜず、裏急後重が強くて、頻々(ひんぴん)と便意を催し、ひどくのどが渇き、舌は乾燥し、時に黒苔を生じ、時に悪心を訴え、或いは譫語を云ったりする者に用いる。このような時は、速やかに大承気湯で下すべきで、下す時期が遅れると危篤に陥る恐れがある。このさい大黄・芒硝などの量は1日分10g以上を用いて、十分に便通をつけるようにする。これで大便が快通するようになれば、諸症はすべて軽快する。《大塚敬節》
    1人の男子が突然に高い熱を出し、下痢をして、意識がなくなった。医者はこれに附子理中湯を与えたが、急にケイレンを起こしてひきつけた。。そこで家人は驚いて自分に治乞うた。これを診てみると、脈は玉を転がすように速やかに動き、臍のそばに動悸があり、心下部は堅く膨満し、手足は冷い。そこで宿食があると診断して、大承気湯でうんと下したところ、2日前に食べたグミの実が沢山出て、全快した。《治痢軌範》


口渇
  • a 下痢して渇する者、足が冷えて渇する者、身熱して面色白くして渇する者、寒戦して渇する者、急に歯牙を咬んで渇する者、水を呑んで渇の止まない者、等は“熱”ではなく、脾胃・肌肉が虚して津液が少なくなったからである。《内藤希哲》
    腹が脹って渇する場合、実証で下すべき承気湯証と、虚証で下してはならない四逆湯証とがある。《大塚敬節》
    腹満・便秘の状があって、口渇の有る者に、大柴胡湯や小承気湯、大承気湯などの証がある。
    大柴胡湯の場合は、鳩尾から季肋下にかけて膨満していて、胸脇苦満の状がある。大承気湯の場合も、腹部が臍を中心にして膨満してい。白虎加人参湯証では、腹部が膨満していることがあっても、軽微である。ところで、数日間便秘していて、口渇を訴える者に、承気湯で下してはならない虚証の患者がある。この際には便秘しているか否かによって、虚実を分けるのではなく、脈と腹を診て、この部に力がなければ、いくら便秘していても、四逆湯や附子理中湯などを用いる 《大塚敬節》


口噤

呼吸促迫

高血圧

高熱

項背のこり



自家中毒

四肢強直

しぶり腹

歯痛


自閉症
  • a 腹力、脈ともに充実、腹満、便秘のある者に用いる。ケイレン、興奮、目つきがぼんやりしているなど。(漢方診療医典)


消化不良

食中毒

食道ガン
  • a 病者、飲食味無く、或いは食中、食後、頻りに白沫を吐し、或いは恷Gして胸を刺し、或いは食物停触し、胸膈に痛を為し、或いは食後悪心し、懊悩して安からず、或いは吐を得て反って快く、腹裏弦靱にして塊有る者は、膈噎(食道ガン、その類証)の漸なり。若しその精気未だ衰えず、疾苦未だ深からざるに`び、厳に世事を絶ち、酒食を慎み、専ら静養調摂を為し、此方を以て弦靱を柔和し、結を削平し、灸すること五椎より十四五に至りて怠らざるときは、則ち大患に至ら ずして治せん。硝石大円、大黄硝石も、亦撰用す可し。《類聚方広義》

小児疫痢

小児ひきつけ

神経症

腎臓結石

心痛

頭痛
  • 肉や油ものを好む肥満体質の人の常習頭痛で、腹部が膨満して便秘するならば、大承気湯を与えて、大便を通ずるようにしてやれば、頭痛は去る。大柴胡湯証との区別は、腹証にある。大柴胡湯は胸脇苦満のある者に用い、大承気湯が胸脇苦満はなく、臍を中心にして、腹全体が膨満して弾力と抵抗があり、便秘する者に用いる。 《大塚敬節》


生理不順

精神病

赤痢

舌質 <紅>

舌苔
  • <黄厚>
  • <褐色で乾燥し芒刺>
  • <黒苔・乾燥>

譫語(うわごと)

前歯発育遅延

疝積

喘息

躁うつ病

燥屎
  •  燥屎とは熱で乾燥した硬い糞塊のこと
    腹堅満し、或いは臭穢を下利し、若くは燥屎ある者を治す《方極附言》
    陽明病、譫語し潮熱あり、反って食する能わざる者は必ず胃中燥屎56枚あるなり。大承気湯の症もとより多端なり。亦その一候を揚ぐるのみ。又自利清水、色純青なる者有り、ただ心下必ず痛み、口乾燥し、以て熱利を認めるべきなり。《勿誤薬室方函口訣》
    凡そ燥屎ある者は臍下必ず磊オなり。肌膚必ず枯燥するなり。《吉益東洞》

大腸炎

潮熱

チフス

手足厥冷

手足汗出

統合失調症

痘瘡

とり目

尿閉

熱厥

熱性ケイレン

脳炎

脳充血

喉に魚骨が刺さる

肺炎

破傷風

発狂(錯乱状態になる)

発熱

煩躁


皮膚枯燥
  • a 腹堅満し、或いは下痢臭穢、或いは燥屎ある者を治す。凡そ燥屎ある者は臍下必ず磊オなり。肌膚必ず枯燥するなり。《吉益東洞》
    b “腹候、堅満して、臍下の右傍磊オとして襄石を探る臥如く、而して臍上水分(=穴名)の辺に動気有り、然れども其の証劇しきときは、則ち臍下の左右皆堅満し襄石にして之を探るが如し。此れ即ち燥屎の候也。総て承気の証は、皮膚枯燥して紙子を按ずるが如く、亦手足或いは頸以上モ然として汗出ず”《腹診配剤録》

肥満

腹痛

腹部膨満

不食症

偏頭痛

便秘

麻疹

無月経

虫歯

裏急後重<++>

流感



大承気湯の目標
腹部膨満し便秘している人の、以下の症状・疾患に用います
  • ・「便秘」
    ・「高血圧」
    ・「神経症」
    ・「食あたり」

    など広範囲に使われてきました。



(注意)
  • (消化器)
    食欲不振・腹痛・下痢
(参考)
  • 大承気湯を用いなければならない患者が四逆湯や附子理中湯の証のように見えることがある。元来、大承気湯と四逆湯とは正反対の薬方で、前者は攻撃する方剤で、後者は温補する方剤である。そこで一歩誤れば、大事に至る危険がある。《大塚敬節》
  • 「小承気湯芒硝」《大塚敬節》

(腹診)
  • “腹候、堅満して、臍下の右傍磊オとして襄石を探る臥如く、而して臍上水分(=穴名)の辺に動気有り、然れども其の証劇しきときは、則ち臍下の左右皆堅満し襄石にして之を探るが如し。此れ即ち燥屎の候也。総て承気の証は、皮膚枯燥して紙子を按ずるが如く、亦手足或いは頸以上モ然として汗出ず”《腹診配剤録》



大承気湯(傷寒論)
大黄(2.0) 芒硝(2.0) 枳実(2.0)
厚朴(5.0)


鑑別

大承気湯(陽明病)
  • 陽明病、腹部膨満<充実>、便秘、悪寒ナシ、汗出潮熱、裏急後重、口渇、舌苔黒・乾燥、脈沈実


桃核承気湯(陽明病)
  • 実証、のぼせ、足冷、下腹部痛


三黄瀉心湯(陽明病)
  • 精神不安、顔面紅潮、便秘、脈有力


大柴胡湯(少陽病)
  • 実証、筋肉質、胸脇苦満、心下部緊張、便秘











大陥胸湯 9 15 1.5
大承気湯 2 2 5 2
小承気湯 2 3 2
厚朴三物湯 4 8 3.5
調胃承気湯 2 1 1
大黄甘草湯 4 1
桃核承気湯 3 2 1.5 4 5





漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved