ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



防已黄蓍湯


HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



防已黄蓍湯 (ボウイオウギトウ)
慢性腎炎・ネフローゼ症候群・感染性アナフィラキシー・心臓性浮腫・腎性浮腫・浮腫・急性胃炎・化膿症・肥満症。
身重く汗出で悪風する者。
変形性関節症・関節リウマチ・神経痛。
頭汗出て下半身重く下肢腫れて屈伸し難き者





防已黄蓍湯
(応用)

①汗かき


②息切れ


③異常発汗


④胃腸虚弱


⑤色白


⑥陰嚢水腫


⑦運動麻痺


⑧悪風


⑨肩こり


⑩化膿症


⑪カルブンケル


⑫関節痛 ・・・関節痛の漢方薬


⑬関節リウマチ ・・関節リウマチの漢方薬


⑭感冒(かぜ)


⑮月経不順


⑯坐骨神経痛


⑰自汗


⑱小便不利


⑲腎炎


⑳身重感(体がだるい)


㉑舌質(淡白)


㉒舌苔
  • (湿潤して無苔)
  • (微白苔~白苔)


㉓知覚麻痺


㉔疲れやすい


㉕盗汗


㉖尿量減少


㉗脳出血後遺症


㉘冷え症


㉙肥満
  • 水太り


㉚浮腫
  • 下肢浮腫傾向


㉛変形性膝関節症
  • 膝関節に水がたまりやすい。


㉜水太り



㉝わきが




(防已黄蓍湯の目標)
  • 色白で汗をかきやすい人の、以下の症状・疾患に用います。
  • 発熱脉浮、身重汗出で悪風する者。
  • 腹痛し、或いは頭汗出で下半身重く下肢陰部腫れて屈伸し難き者




(副作用)
  • 厚生労働省
    • 色白で疲れやすく、汗をかきやすい傾向のある人における、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)、関節痛、むくみの症状に適すとされる。
    • 構成生薬としてカンゾウを含む。
      まれに重篤な副作用として肝機能障害、間質性肺炎が起こることが知られている。

  • 防已黄蓍湯の副作用
    • 間質性肺炎
    • 偽アルドステロン症
    • ミオパシー
    • 肝機能障害・黄疸

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)


(参考)
  • 《吉益東洞》
    • 水病、身重くして汗出で悪風、小便不利する者を治す
  • 《重校薬徴》
    • 黄蓍を君となす、故に水病、身重、汗出で悪風、小便不利する者を治す。木防已湯は人参を君となす、故に水病、心下痞堅して喘満、煩渇、上衝する者を治す、防已茯苓湯は茯苓を君となす、故に水病、四肢聶々として動き、上衝、小便不利する者を治す、三方は同じく水病を治すと雖も一は身重汗出ずるを以て主証となし、一は心下痞堅を以て主証となし、一は四肢聶々動をもて主証となす。
  • 《勿誤薬室方函口訣》
    • 身重は湿邪なり、脈浮、汗出は表虚する故なり。故に麻黄を以て発表せず、防已を用いて之を駆るなり。《金匱要略》治水治痰の諸方、防已を用いるもの、気上に運りて水能く下に就くにとるなり。“服後如虫行及腰以下如氷云々”、みな湿気下行の徴と知るべし。
    • 此方は風湿表虚者を治す。故に自汗久しく止まず、表皮つねに湿気ある者に用いて効あり。けだし此方とマキョウヨッカントウと虚実の分あり。マキョウヨッカントウは脈浮、汗不出、悪風者に用いて汗を発す。防已黄蓍湯は脈浮にして汗出悪風の者に用いて解肌して治癒する。
  • 《類聚方広義》
    • 防已茯苓湯は、専ら肌表に水ある者を主どり、此方は表裏に水有る者を治す。故に防已、黄蓍は、皆防已茯苓湯より多し。


(原典)
  • 「防已1両、甘草(炒)半両、白朮7銭半、黄蓍(去蘆)1両1分」
    右麻豆大、毎抄五銭匕、生姜四片、大棗一枚、水盞半、煎八分、去滓温服、良久再服。喘者加麻黄半両。胃中不和者、加芍薬三分。氣上衝者加桂枝三分。下有陳寒者加細辛三分。服後當如蟲行皮中、從腰下如氷、後坐被上、又以一被繞腰以下、温令微汗、差。
  • 風湿脉浮、身重汗出悪風者、防已黄蓍湯主之。金匱要略


防已黄蓍湯 (金匱要略)
防已5.0 黄蓍5.0 白朮3.0
甘草1.5 大棗3.0 生姜3.0



防已黄蓍湯
方剤分類 去湿剤
八綱弁証 裏虚
六淫 湿
四傷
六経弁証 太陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 中焦
方剤帰経 脾経
臓腑弁証 脾気虚
風湿
効能 ・補気健脾
・利水消腫
・去風止痛
適応 陰嚢水腫
関節水腫
腎炎
腎性浮腫
多汗症
肥胖症
変形性膝関節症







関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査