とうきしゃくやくさん
当帰芍薬散



ブログ 3000処方 病院のくすり 病院ランキング  通 販





 当帰芍薬散 月経不順・子宮出血・帯下・子宮後屈・血の道症・更年期障害・不妊症・脚気・痔・夜尿症めまい・耳鳴・低タンパク性浮腫・心臓性浮腫・慢性腎炎・下垂体機能低下症・ネフローゼ症候群





当帰芍薬散
  (応用)

IgA腎症
  1. 体力、腹力低下し、貧血、浮腫の傾向があり、冷え症の者に用いる。胸脇苦満はない。(漢方診療医典)


足に力が入らない

足が冷たい

頭がボーッとする

イボ

胃アトニー

胃液分泌過多

胃下垂

胃酸過多症

胃痛

萎縮腎

嚥下困難

顔色悪い ・・・青白い
  • 血色不良


角膜炎

肩こり
  1. 目標
    • ①貧血。
      ②冷え性。
      ③疲れやすい。
      ④月経不順。
      ⑤神経症状

脚気(Beriberi)

肝硬変

肝斑(しみ)

感情不安定

眼精疲労

関節炎

顔面神経マヒ

気鬱(気うつ)

期外収縮

基礎体温が低い

機能性出血

筋肉攣縮

頸肩腕症候群

経閉

月経異常

月経過多(過多月経)

月経困難

月経不順

下血

下痢

血栓症

眩暈

肩背強急

高血圧症

甲状腺機能低下症

甲状腺腫

更年期障害

声に力がない

五十肩

骨粗鬆症

鼓腸

寒がり

座骨神経痛

産前産後の諸問題
  • タンパク尿
  • 腰痛

しびれ感

しもやけ

ジンマシン

痔核

痔出血

子宮筋腫

子宮内膜症

子宮出血

視神経炎

視野が狭くなる

歯槽膿漏

湿疹

嗜眠

耳鳴(耳なり)

習慣性流産

十二指腸潰瘍

シェーグレン症候群

上腹部振水音

静脈瘤

食欲不振

自律神経失調症

心悸亢進

心臓性喘息

心臓弁膜症

心不全

神経質

神経衰弱

神経痛

腎炎

ジンマシン

頭重

頭痛


精神分裂病

赤痢

舌質 (紅)(胖大)

舌苔(湿潤して無苔~白苔

切迫流産

腺病質

全身倦怠

全身性エリテマトーデス

喘息

前立腺肥大

帯下

体質:中等度~やや虚弱

立ちくらみ

脱肛

脱力感

打撲

タンパク尿

チック

知覚麻痺

蓄膿症

血の道症

痴呆症
  1. 各種の痴呆を改善する可能性がある(EBM)

疲れやすい

つわり

手足が冷たい

手足のしびれ

低血圧症

動悸

糖尿病

動脈硬化症

にきび

尿量減少

妊娠中毒症 :軽い

ネフローゼ

寝小便

ノイローゼ

バージャー病

バセドウ病

肺結核

排卵障害

白内障

半身不随

ヒステリー

冷え症

疲労倦怠

貧血

ブドウ膜炎

ふるえ

腹水

腹痛

浮腫
  • むくみやすい
  • 朝、指が握りにくい

腹部膨満感

不妊症

不眠症

偏頭痛

膀胱炎

麻痺

慢性肝炎

慢性腎炎

慢性頭痛

無気力

無月経

めまい

メニエール

目眩

腰痛

卵巣機能不全

卵巣嚢腫

流産
  • 習慣性流産

緑内障

肋膜炎



(目標)
色白で、貧血冷え症気味の人の、以下の症状・疾患に用います。
  • ・「月経不順」
    ・「月経痛」
    ・「更年期障害」
    ・「痔」
    ・「貧血症」
    など広範囲に応用されてきました




(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・かゆみ)
  • GOT上昇
    GPT上昇
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・吐き気・嘔吐・腹痛・下痢
胃腸障害が出るときは→温経湯 を考える



(原典)

「当帰3両、芍薬1斤、茯苓4両、白朮4両、沢瀉半斤、半斤」
右六味、杵為散、取方寸匕、酒和、日三服。

◎婦人懐妊腹中㽲痛、当帰芍薬散主之。
金匱要略》婦人妊娠病脉證并治第二十。

(参考)

此方は《吉益南涯》得意にて諸病に活用す。その治験《続建殊録》に悉し。

全体は婦人の腹中㽲痛を治するが本なれども、和血に利水を兼ねたる方故、建中湯の症に水気を兼ねる者か、逍遥散の症に痛を帯ぶる者か、何れにも広く用いるべし。《勿誤薬室方函口訣》


常に服すれば 血脈を通暢し、癰瘍を生せず、痰を消し、胃を養い、津を益す《三因極一病証方論》

《三因極一病証方論》に曰く、妊娠、腹中絞痛、心下急満、及び産後の血暈、内虚気乏、崩中、久痢を治す。常服すれば血脈を通暢し、癰瘍を生せず、痰を消し、胃を養い、目を明らかに、津を益すと。能く此方を運用すと謂うべし。《雑病論識》

貧血冷え性、疲れやすく。或いは、月経不順或いは神経症状、或いは腹痛腰痛する者。《龍野ー漢方処方集》


《湯本求真》は総ての慢性病には、必ず桂枝茯苓丸か当帰芍薬散を用いた。慢性病は総て血に関係があるから、これを治するには血を治する方剤を必ず用いなければならないとした。




目標:《大塚敬節》
当帰芍薬散の目標は、男女老弱を問わず、貧血の傾向があり、腰脚が冷え易く、頭冒・頭重、小便頻数を訴え、時にめまい・肩凝り・耳鳴り・動悸のあることがある。筋肉は一体に軟弱で、女性的であり、疲労しやすく、腹痛は下腹部に起こり、腰部或いは心下に波及することがあるが、腹痛がなくても本方を用いて良い。





当帰芍薬散(金匱要略)
当帰3.0 芍薬4.0 白朮4.0
川3.0 茯苓4.0 沢瀉4.0


当帰芍薬散
方剤分類 経産剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫 湿
四傷
六経弁証 厥陰病
衛気営血弁証 血分
三焦 下焦
方剤帰経 肝経
臓腑弁証 血虚湿盛
効能 ・補血活血
・利湿
・調経止痛
適応 月経不順
更年期障害
習慣性流産
生理痛
帯下
妊娠腎
貧血症
不妊症
慢性腎炎
腰痛



鑑別
当帰芍薬散 (厥陰病)
  • 貧血、冷え性、疲れやすい、月経不順、神経症状
当帰四逆加呉茱萸生姜湯 (厥陰病)
  • 手足厥冷<紫色>、腹激痛、胸中煩満、冷汗、頭痛
加味逍遥散 (厥陰病)
  • 顔面紅潮、四肢倦怠、疲労、不定期な熱感、月経異常
五積散 (厥陰病)
  • 顔面貧血性、頭痛身痛、上半身熱感、下半身冷感
桂枝茯苓丸 (太陰病)
  • 顔面・口唇が鬱血、肩こり、頭痛、めまい、のぼせ




漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved