ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報  へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



加味逍遥散



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)



漢方薬(選び方)

漢方薬(臨床応用)

漢方の証


病位

病質

熱証・寒証


実証・虚証

生薬



加味逍遙散の目標

加味逍遙散
(応用)
  1. 頭のふらつき
  2. イライラ
  3. 胃潰瘍
  4. 咽喉神経症
  5. 咽喉痞塞感 (咽喉異物感)
  6. 陰部掻痒症
  7. ウツ病
  8. 悪寒
  9. 往来寒熱
  10. 怒りっぽい
  11. 咳血
  12. 疥癬
  13. 喀血
  14. 肩こり
  15. 過敏性腸症候群
  16. 肝炎
  17. 肝硬変の初期
  18. 肝臓肥大
  19. 肝斑
  20. 感情不安定
  21. 眼精疲労
  22. 顔面紅潮
  23. 逆上感
  24. 胸脇苦満
  25. 月経異常
  26. 月経前緊張症
  27. 月経不順
  28. 眩暈
  29. 肩背強急
  30. 口乾
  31. 口苦
  32. 口内炎
  33. 高血圧
  34. 更年期障害
    • ホットフラッシュ (逆上感)
    • 異常発汗
  35. 恐がり
  36. 残尿感
  37. 色素沈着
  38. 子宮内膜炎
  39. 脂肪肝
  40. 湿疹
  41. 十二指腸潰瘍
  42. 手術後の不定愁訴
  43. 出血
  44. しろなまず
  45. 嗜眠
  46. 自律神経失調症
  47. シミ
  48. ジンマシン
  49. 心悸亢進
  50. 心気症
  51. 心下痞
  52. 神経症
  53. 神経性胃炎
  54. 頭痛
  55. 帯下
  56. 体質:中等度~やや弱い
  57. 体格:中等度~やや弱い
  58. 多夢(夢をよく見る)
  59. 脱毛症
  60. 胆嚢炎
  61. 血の道症
  62. 動悸
  63. 動脈硬化症
  64. にきび
  65. ねあせ
  66. ノイローゼ
  67. のぼせ
  68. 白帯
  69. バセドウ病
  70. 発熱
  71. 冷え症
  72. 冷えのぼせ
  73. 微熱
  74. 皮膚炎
  75. 肥満
  76. 疲労倦怠
  77. 不安感
    • 不安焦燥
  78. 不定愁訴
  79. 不妊症
  80. 不眠症
    • 熟眠障害
    • 中途覚醒
  81. 浮腫
  82. 便秘
  83. ほてり
  84. 膀胱炎
  85. 慢性胃炎
  86. 慢性肝炎
  87. 慢性頭痛
  88. 水虫
  89. 無気力
  90. めまい
  91. ゆううつ
  92. 腰痛
  93. 抑うつ気分







(目標)
頭痛・頭重・のぼせ・肩こり・倦怠感があり、食欲不振や便秘する者。
比較的虚弱な人で疲れやすく、精神不安、不眠、イライラなどの精神神経症状を訴える場合に用いる。
  1. 肩こり、頭痛、めまい、上半身の灼熱感、発作性の発汗などを伴う
  2. 心窩部・季肋部に軽度の抵抗や圧痛がある場合。
  3. 性周期に関連して精神神経症状が起こる場合。






(副作用)
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー
    肝機能障害
    黄疸


(厚生労働省平成18年9/1~12/31日)
  • 心電図QT延長1
    低カリウム血症1
    偽アルドステロン症1
    失神1
    心室性期外収縮1
    心室性頻脈

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・吐き気・嘔吐・腹痛・下痢




加味逍遙散 (和剤局方)
当帰3.0 芍薬3.0 白朮3.0
茯苓3.0 柴胡3.0 牡丹皮2,0
山梔子2.0 甘草2.0 生姜1.0
薄荷1.0



加味逍遥散
方剤分類 和解剤
八綱弁証 裏虚
六淫
四傷
六経弁証 厥陰病
衛気営血弁証 血分
三焦 下焦
方剤帰経 肝経
臓腑弁証 肝陰虚
肝脾不和
効能 ・滋陰平肝
・健脾補血
・調経
適応 肝硬変
更年期障害
肩こり
生理痛
生理不順
湿疹
頭痛
冷えのぼせ
不定愁訴
不妊症
慢性肝炎
腰痛症




加味逍遥散
  • 加味逍遥散[1]《内科摘要》《中薬臨床応用》
    「牡丹皮6g、山梔子6g、柴胡9g、当帰12g、白芍9g、茯苓9g、炙甘草3g、薄荷3g(後下)、生姜3g」水煎服。=「丹梔逍遥散」
  • 逍遥散証で熱候又は上部に充血症状がある者。《龍野ー漢方処方集》
  • 此方は清熱を主として上部の血症に効あり。故に逍遥散の症にして、頭痛面熱、肩背強ばり、鼻衂などあるに佳なり。《勿誤薬室方函口訣》
  • 肝分の虚火を鎮むる手段なり。《勿誤薬室方函口訣》
  • 下部の湿熱を解す。婦人淋疾、竜胆瀉肝湯などより一等虚候の者に用いて効あ り。



チェック
関連情報
漢方薬(ツムラ)

漢方薬(症候別)

漢方薬(50音順)

漢方薬(3000処方)

漢方の証


病位
病質

熱証・寒証

実証・虚証









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査