ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


麦門冬湯



カタログ 病名(症状)








麦門冬湯 (金匱要略)
麦門冬10.0 大棗3.0 粳米5.0
人参2.0 半夏5.0 甘草2.0


 麦門冬湯(バクモンドウトウ)
慢性気管支炎・肺結核・気管支拡張症・糖尿病・脳出血・萎縮性胃炎



麦門冬湯の目標


麦門冬湯(応用)
アレルギー性鼻炎
  • 29歳女性。妊娠3ヶ月。しきりにクシャミが出る。ことに早朝がひどくて、そのために腹の中の胎児にまで悪い影響がありはしないかと心配であると云う。
    私はこれに葛根湯を与えたが、全然効果が見られない。そこで、よくよくクシャミの状況を診ていると、下の方から何か上がってくるような、クシャミである。そこで、“大逆上気、咽喉不利”に用いる麦門冬湯を用いてみた。鼻を咽喉に置き換えたのである。すると、2、3日でクシャミが軽快し、2週間ですっかり良くなった。《大塚敬節》

息切れ

咽喉炎

咽喉不利
  • (咽喉の乾燥感)
  • のどの乾燥感、ムズムズ感。
  • 老人津液枯稿し、食物咽につまり、膈症に似たる者に用いる。《勿誤薬室方函口訣》
  • 病後、薬を飲むことを嫌い、咽に喘気あって、竹葉石膏湯の如く虚煩なき者に用いる。《勿誤薬室方函口訣》
  • 麦門冬湯の証は咳もなく涎沫も吐せず、下に力なくて逆上の強きにより、咽喉口舌、倶に乾燥して滋潤なく、口中より咽喉の辺まで粘液のあるように思われて、咽喉の心持ち悪しき証なり《古訓医伝》
  • ただのどが乾いて、何となく気持が悪く、しめりを欲するような場合に用いる《大塚敬節》
  • 麦門冬湯は咳過敏症患者の咳閾値を有意に改善した。【EBM】

咳嗽
  1. タンのキレにくい咳
  2. (ケイレン性)
  3. 咳逆甚だしい者:「プラス五味子桑白皮」《勿誤薬室方函口訣》
  4. 麻疹、咳嗽で虚する者:「プラス桔梗杏仁人参」《麻疹心得続録》
  5. 痰がのどの奥にへばりついたようで、発作性に強く咳き込む者に用いる《大塚敬節》
  6. 妊娠中の咳嗽には麦門冬湯の証が多く、これで強い頑固な妊娠咳を治したことが数例ある。《有持桂里》は妊娠咳に当帰散が効ありと述べて いるが、私の経験では麦門冬湯の証が多いように思う。《大塚敬節》
  7. かぜ症候群性咳嗽に対して、臭化水素酸デキストロメトルファンとほぼ同等の咳嗽抑制効果がみられた(ランダム化比較試験)

喀血
  • 喀血の後、逆上し、或いは渇する証《奥田謙蔵》
  • 咳き込み喀血:「プラス黄連・阿膠各2.0g、乾地黄4.0g」《浅田家方》

喀痰
  • <濃厚な少量の痰~無痰>
  • 痰のしきりに出る者、或いは気管支拡張症などのため痰の喀出の多い者に、麦門冬湯を与えると、反って咳がひどくなり、痰の量も多くなり、夜も眠れないほど苦しむことがある。だから痰の多い者には、麦門冬湯はよろしくない《大塚敬節》

顔面紅潮
  • 咳が激しく連続して咳き込み、顔がのぼせる。

気管支炎
  • 咽喉の違和感や閉塞感を伴う時は半夏厚朴湯を併用する。

気管支拡張症

気管支喘息

吃逆

下痢

元気がない


口渇
  • 骨蒸、唇乾、口燥を療し、飲を得て渇を止むる:「プラス竹葉生姜」《外台秘要方》
  • 向精神薬内服時の口乾に対する改善度は59.1%であった。【EBM】

高血圧

喉頭結核
  • 喉頭結核、及びその類証《奥田謙蔵》
  • プラス桔梗玄参山豆根」《済世薬室》

声がれ
  • 声楽家の声がれ
  • 感冒後の嗄声に良く効く《大塚敬節》
  • 咳が永く続き、声が枯れてよく出ないという者によい《大塚敬節》
  • 咽頭炎で嗄声を訴える者にも良い《大塚敬節》

呼吸困難

呼吸促迫

シェーグレン症候群
  • 眼乾燥症状、口腔乾燥症状に用いる(漢方診療医典)
  • 自覚症状、シルマーテスト、ガムテストアンドを含む臨床的な評価で(44.4%)【EBM】

食欲不振

心下痞

精神分裂病

せき
  1. 乾性の咳
  2. <激しい咳>
  3. 燥熱の咳嗽
  4. 肺陰虚の慢性咳嗽
  5. 肺結核の燥咳
  6. 慢性気管支炎で燥咳
  7. 慢性咽喉炎で燥咳
  8. 小児の久咳:「プラス石膏」《勿誤薬室方函口訣》
  9. 咳過敏症患者の咳閾値を有意に改善(比較臨床試験)


喘息
  1. 喘息患者に対する鎮咳効果は69.4%(症例集積研究)

疲れやすい

糖尿病
  • 八味地黄丸を使用して胃腸をこわしやすい者に。《矢野》
  • 消渇、身熱し、喘して咽喉利せざる者は、天瓜粉を加う。大便燥結し、腹微満する者は、「調胃承気湯」を兼用す《類聚方広義》

動脈硬化症

脳出血

のぼせ
  • 肺結核の患者などによく見られるが、頬が紅をさしたような色になり、のぼせを訴える者。《大塚敬節》

肺炎

肺気腫

肺結核
  • 咳血に石膏を加えるのが先輩の経験なれど、肺痿に変ぜんとする者石膏を長期間用いると不食になり、脈力減じる故に地黄・阿膠・黄連を加えて用いれば具合良く効を奏す。《勿誤薬室方函口訣》
  • 肺結核、及びその類証にして、身体羸痩、皮膚枯燥し、逆上感あり、咽喉乾燥して渇する証《奥田謙蔵》

発熱

鼻づまり
  • 補中益気湯プラス麦門冬・梔子から、麦門冬と鼻の関係を考え、色の白い頬に赤味をさした1少女で、午後になると、上気して、鼻がつまるという者に、麦門冬湯プラス石膏を用いて、著効を得た。大逆上気を鼻に応用して用いた。《大塚敬節》

皮膚枯燥
  • 口舌乾燥する者、or乾燥してビランする者:「プラス地黄」《方読便覧》

百日咳
  • 激しい咳・咽痛を伴う:「プラス桔梗石膏」《矢野》

慢性気管支炎
  • 強くせき込む咳
  • タンは少なく切れにくい、のどの奥が乾き、せき込むと顔が赤くなる。

めまい



(目標)
ノドの異物感がある人の、以下の症状や疾患に用います。
  • 「激しいせき」
    「タンの切れにくいせき」
    「気管支炎」
    「気管支喘息」
    など。


体力中等度の人の激しい咳嗽で、発作性に咳が頻発して顔面紅潮する場合
  1. 粘調で切れにくい咳を伴う場合
  2. 咽喉の乾燥感や違和感のある場合
  3. 妊娠時や老人の咳嗽に



(副作用)
  • 間質性肺炎
    偽アルドステロン症
    ミオパシー
    肝機能障害
    黄疸

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・ジンマシン)


(原典)
  • 「麦門冬7升、半夏1升、人参3両、甘草2両、粳米3合、大棗12枚」右六味、以水一斗二升、煮取六升、温服一升、日三、夜一服。
    ◎大逆上氣、咽喉不利、止逆下氣者、麦門冬湯主之。《金匱要略

(参考)
  • 心下痞して嘔吐せんと欲し、欬逆し、咽喉乾燥、不利なるは、麦門冬湯之を主どる《医聖方格》

  • 此方は《肘後備急方》に云う通り、肺痿、咳唾、涎沫不止、咽燥而渇する者に用いるのが的治なり。《金匱要略》に大逆上気と計りありては漫然なれども、けだし肺痿にても頓嗽にても労嗽にても妊娠咳逆にても、大逆上気の意味ある処へ使えば大いに効ある故、この4字簡古にて深旨ありと見ゆ。《勿誤薬室方函口訣》

  • 案ずるに、この方は滋液を主とし、兼ねて虚熱を制する者なり。《雑病翼方》

  • 上気、咽喉不利、或いは咳き込み、或いはのぼせ。

  • 麦門冬湯には滋潤強壮の効があって、からだに潤をつける効があり、これに人参と粳米が協力してこの作用を強化し、半夏は痰を溶かして気ののぼるのを下す作用があるから、咽喉に潤をつけて痰をとかすことによって、咳嗽をしずめる。さらに大棗と甘草は緩和剤で急迫をゆるめて咳嗽発作を止める力がある。《大塚敬節》







麦門冬湯
方剤分類 潤燥剤
八綱弁証 裏熱虚
六淫
四傷
六経弁証 少陽病
衛気営血弁証 営分
三焦 下焦
方剤帰経 腎経
臓腑弁証 肺陰虚
効能 ・滋陰潤肺
・清熱化痰
適応 気管支炎
気管支拡張症
嗄声
糖尿病の口渇
肺炎
肺結核
百日咳
慢性気管支炎



(鑑別)
  • 麦門冬湯(少陰病)
    • 咽喉の乾燥感が強い 、咳嗽<ケイレン性>、顔面紅潮、咽喉不利、痰出しにくい、皮膚枯燥、心下痞、脈浮弱

  • 滋陰降火湯
    • 乾咳、痰<痰稠>、乾性ラ音、発熱無汗、便秘、陰虚火動
    • 高齢者の咳嗽、乾性の咳嗽、微熱、皮膚浅黒い、皮膚枯燥

  • 半夏厚朴湯(太陰病)
    • 咽喉不利、胃内停水
    • 咽頭の異物感と閉塞感、不安感



  • 柴朴湯
    • 体力中等度、咽頭の異物感と閉塞感、胸脇苦満

  • 柴陥湯
    • 体力中等度以上、胸脇苦満、心下痞硬、胸痛、腫脹熱

  • 麻杏甘石湯(太陽病)
    • 咳嗽、呼吸困難、上逆煩悶、顔面浮腫、尿利減少
    • 体力中等度以上、喘鳴、咳嗽、口渇

  • 神秘湯
    • 体力中等度以上、呼吸困難、抑うつ傾向、

  • 竹茹温胆湯
    • 体力低下、微熱の持続、不眠、不安、動悸

  • 五虎湯
    • 小児の咳嗽、悪寒発熱がない、激しい咳嗽、口渇、自然発汗の傾向






」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved