ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



呉茱萸湯



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)







ゴシュユトウ


呉茱萸湯 ゴシュユトウ
(応用)
  1. 足が冷える
  2. 胃炎
  3. 胃潰瘍
  4. 胃ケイレン
  5. 胃液分泌過多症
  6. 胃拡張
  7. 胃下垂
  8. 胃酸過多症
  9. 胃腸虚弱
    • 胸中積冷、心煩悶、飲食下らず、心胸背に応じて痛み、或いは胃もたれを治す。「プラス半夏・桂枝」《備急千金要方》
  10. 嘔吐
    • 久腹痛、水穀を吐する者「プラス沈香」《勿誤薬室方函口訣》
    • 霍乱、転筋し、吐瀉止まず、頭目昏眩し、須臾も救わざる者《雑病翼方》
    • 《金匱要略》に“嘔して胸満する”ものを目標にする。多くの場合に、嘔吐すれば、胸がすいて胸満が減ずるのを常とするが、もし、吐いても胸満が減ぜず、ますます胸が膨満するのは、呉茱萸湯を用いる目標である。ここに胸満というのは、俗にいう鳩尾の部分の膨満である。《大塚敬節》
    • 呉茱萸湯の嘔吐は、多くは、激しい頭痛を伴うものであるが、頭痛がなくて、急激な嘔吐を訴えるものがある。この方の嘔吐は強い悪心を伴うのが特徴で、吐物の量は少ない。これは五苓散の水逆と異なる点である。何を呑んでもすぐ下から突き上げてきて胃に納まらないことがある。口に入れるとすぐ吐く、このような時は呉茱萸湯を唾液を呑むように1口ずつ呑むとよく納まり、また止むことがある《大塚敬節》
  11. 黄疸
  12. 悪心
    • 悪心も寒証も見られないときは、「茯苓飲」。《中医処方解説》
    • 心があって寒証がないとき、「茯苓飲合半夏厚朴湯」がよい。《中医処方解説》
    • 乾嘔を発する証にして、陰証に属する者《奥田謙蔵》
  13. 回虫
  14. 顔色悪い
  15. 肩こり
  16. 脚気
    • 脚気、心を攻め、嘔吐甚だしきを治す。
    • 衝心し、煩躁死せんと欲するを治す
    • 脚気冲心、煩、嘔逆し、悶乱する者を治す《類聚方広義》
  17. 肝炎(急性肝炎)
  18. 眩暈
  19. こむらがえり(転筋)
  20. シャックリ
    • (神経性・手術後の)
    • 体力・胃腸虚弱と関係なく使える。《矢野》
    • 呉茱萸湯は寒証ある者に適し、冷えのない若い者には「甘草瀉心湯プラス陳皮」。《中医処方解説》
    • 父親は60歳、8日前から突然、吃逆が始まり、色々の手当をしたが、どうしても治らない。この上は手術するしかないと云われたが、柿のヘタが吃逆に効くというが、どうだろうという電話があった、柿のヘタの効く吃逆もあるが、効かないこともある。診察してみなければ分からないと答えたところ、往診してくれという。来院できないかというと、食事もほとんど摂らず、色々の注射をしたので疲れてやっと歩いているという。行ってみると、患者は憔悴して蒼い顔をしている。
      脈は沈遅で1分間54乃至である。手足が寒くて仕方がないと云う。  7月だというのに足袋を履いている。診察している間も、キュッ、キュッと吃逆が出る。続けてキュッ、キュッとくると、しばらく息が止まるという。腹を診ると、食事をしない割に、鳩尾が張っている。しかし弾力はない。ガスが溜まっているという感じである。大便は少しずつ毎日あるという。口渇はない。私は裏寒により吃逆と診断して、呉茱萸湯を与えた。そして、この1日分でもし治らなかったら、知らせてほしいと告げておいた。
      私の考えでは、証が合えば、この1日分で治るはずである。もしこれで治らなければ処方を考え直してみるつもりであった。ところで、この患者は1回呉茱萸湯を飲んだだけで、ピタリと吃逆が止んだのに驚き、お宅にはすばらしい家伝の秘薬がありますねえと、電話をかけてきた。この患者は予防のため、あと3日分、この方を飲んだ。
      それから10日ほどたって、この患者の三男の17歳の少年が同じように吃逆が止まらないので、先日と同じものがほしいという。診察してみると、脈は沈遅弱で、足が冷え、胸がつかえて食欲が無いという。そこでまた呉茱萸湯を与えたところ、たちまち良くなった。《大塚敬節》
  21. 十二指腸潰瘍
  22. 食中毒
  23. 食欲不振
  24. 心下痞
    • 心下の苦悶(重圧感)
    • 心下部停滞の感ありて、或いは心煩し、或いは嘔吐を発し、脈微にして沈なる証《奥田謙蔵》
  25. 人事不省
    • 凡そ危篤の症、濁飲の上溢を審らかにして此方を処するときは、その効挙げて数へ難し。《勿誤薬室方函口訣》
  26. 頭痛(発作性)
    • 顔面がのぼせたように赤くなったり、頭部に熱感を訴えたりする者がある。これは真寒仮熱と古人が呼んだもので、本当の熱ではない。私の経験では、頭痛がいくらひどくても、頭を冷やすと気分が悪いと訴えた患者が2例あった。《大塚敬節》
    • この処方を結核性髄膜炎や悪性脳腫瘍による激しい頭痛に用いたが、無効であった。この処方を用いる目標の首の凝りは筋肉の収縮であって、項部強直ではない。《大塚敬節》
    • 頭痛の発作時には、足がひどく冷える《大塚敬節》
    • 40歳あまりの男子がある日、突然、頭のてっぺんから頭上一面に裂くような、金槌で打つような頭痛を訴え、この部分が燃えるように熱く、黄色の液を吐き、眼を開けることが出来ず、足が氷のように冷え、発作は1日に3~4回も起こり、激しい時は意識を失うこともある。     《津田玄仙》が診察してみると、脈は小さく速く、からだの熱は無い。 ただ臍部の動悸が亢進している。そこで呉茱萸湯に沈香を加えて与えたところ、2日で大半はよくなり、臍部の動悸の亢進だけが残ったので、桂枝加竜骨牡蛎湯を用いたところ10日ほどで全治した。《積山遺言》
    • 頭痛して乾嘔を発し、手足寒冷、尿利減少し、脈微にして細なる証《奥田謙蔵》
    • 頭痛に対する呉茱萸湯の効果【EBM】・・・血管性頭痛617%、筋緊張性頭痛47.8%、混合型で48.1%で、有意差はないが血管性頭痛で改善例が多い傾向を認めた。
  27. 舌質(淡白)
  28. 舌苔(白滑)
  29. 胆石症
  30. 中枢神経の疾患
  31. 中毒
  32. つわり
  33. 手足が冷たい
  34. 低血圧症
  35. 吐乳
    • 小児の吐乳症当にして、手足寒冷の者《奥田謙蔵》
  36. 尿毒症
  37. 脳腫瘍
  38. はきけ
  39. ひきつけ
  40. 冷え症
  41. 疲労倦怠
  42. 貧血
  43. 腹痛
  44. 腹満
    • 胸腹に膨満感あり、腹を按ずるに軟弱なり。而して或いは嘔吐を発し、或いは乾嘔し、その脈微緩なる証《奥田謙蔵》
  45. 二日酔い
  46. 片頭痛
    • (肩こりから始まり、激痛)
    • 頭痛は肩凝りから始まり、耳の後ろからコメカミにかけて激しい片頭 痛となる。《矢野》
    • 一種の煩躁状態をともなうことがある。じっと安静にしておれないで、起きたり、寝たりして苦悶する傾向がある《大塚敬節》
    • 28歳男性。
      「約10年前から片頭痛に悩んできた。平素は別になんでもないが、月に1度くらい、突如として肥立ちのコメカミから目の方にかけて、激しい痛みが起こり、気分が悪くなって寝込んでしまう。という。
      目を開けているのも苦痛なほどで、物がノドを通らず、無理して食べても吐いてしまう。2~3日、飲まず食わずでじっとしていると、そのうちに治まるが、その間、何も手に着かない。
      こういう場合、たいていは手足が冷えて首筋が凝り、後頭部からコメカミにかけて痛むのが特徴である。漢方医から呉茱萸湯をもらって飲んだところ、半日ほどで頭痛は消えてしまった。しかし、そのうちに再発。そこで、2週間ほど飲み続けたところ、、いつの間にか再発しなくなった。」《山田光胤》
  47. 無気力
  48. 胸やけ
    • 吐醋雑を治す《肘後備急方》
  49. メニエール病
  50. めまい
  51. 薬物中毒
  52. 脈(沈細遅)
    • 脈は必ずしも遅でなくて、頻数であることがある《大塚敬節》







(呉茱萸湯の目標)
  • 手足が冷えやすい人の、以下の症状・疾患に用います。
    • 「片頭痛」
      「発作性頭痛」
      「しゃっくり」
      「吐き気」

      など

(呉茱萸湯の注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・ジンマシン)








(原典)
  • 「呉茱萸(洗)1升、人参3両、生姜(切)6両、大棗(擘)12枚」
    右四味、以水七升、煮取二升、去滓、温服七合、日三服。食穀欲嘔、属陽明也、呉茱萸湯主之。得湯反劇者、属上焦也。呉茱萸湯。《傷寒論》辨陽明病脉證并治第八。
  • 「呉茱萸1升、人参2升、生姜(切)6両、大棗(擘)12枚」
    右四味、以水七升、煮取二升、去滓、温服七合、日三服。少陰病、吐利、手足逆冷、煩躁欲死者、呉茱萸湯主之。《傷寒論》辨少陰病脉證并治第十一。
  • 「呉茱萸(湯洗7遍)1升、人参3両、大棗(擘)12枚、生姜(切)6両」
    右四味、以水七升、煮取二升、去滓、温服七合、日三服。
    乾嘔吐涎沫、頭痛者、呉茱萸湯主之。《傷寒論》辨厥陰病脉證并治第十二




呉茱萸湯(傷寒論)
呉茱萸4.0 人参3.0 生姜6.0
大棗3.0



呉茱萸湯
方剤分類 去寒剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫 湿
四傷
六経弁証 少陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 下焦
方剤帰経 腎経
臓腑弁証 胃寒虚・胃気上逆
効能 ・温胃降逆
・健脾益気
適応 胃アトニー
嘔吐症
下肢の冷え
常習性頭痛
片頭痛
慢性大腸炎





(鑑別)
  • 呉茱萸湯(少陰病)
    • 嘔吐、頭痛<発作性>、心下痞塞、手足厥冷、煩躁、胃内停水、脈沈細遅
  • 五苓散(少陰病)
    • 嘔吐、水逆、小便不利、陽症
  • 半夏瀉心湯(陽明病)
    • 嘔吐、心下痞硬、腹鳴、陽実症
  • 四逆散(陽明病)
    • 嘔吐、頭痛なし、四肢厥逆
  • 小柴胡湯(少陽病)
    • 嘔吐、胸脇苦満、往来寒熱、陽実症



チェック
関連情報
病院でもらった漢方薬
よく使う漢方薬









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査