梔子柏皮湯 黄疸後の皮膚掻痒症・慢性湿疹・ジンマシン



梔子柏皮湯
  (応用)

アトピー性皮膚炎

黄疸

眼瞼炎

肝斑

結膜炎

口渇

湿疹

ジンマシン

腎炎

頭汗

舌質 (紅)

舌苔 (黄苔)

胆石

発熱

皮膚炎

浮腫

目が充血



(梔子柏皮湯の目標)
肝臓部に圧迫感がある人の、以下の症状・疾患に用います。
  • ・「黄疸」
    ・「皮膚掻痒症」
    ・「二日酔い」
    など



副作用
  • 偽アルドステロン症
  • ミオパシー


(注意)
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・下痢





梔子柏皮湯
(原典)
  • 「肥梔子(擘)15個、甘草(炙)1両、黄柏2両」
    ◎傷寒身黄発熱、梔子蘗皮湯主之。《傷寒論》
(参考)
  • 全身の黄染、発熱、頭汗



梔子柏皮湯傷寒論
梔子3.0 甘草1.0 黄柏2.0



(鑑別)
梔子柏皮湯(陽明病)
  • 身黄発熱、胸中煩熱、心中懊悩、不眠、 腹満なし


茵蔯蒿湯(陽明病)
  • 身黄発熱、腹満あり


黄連解毒湯(陽明病)
  • 顔面紅潮、充血、精神不安、脈有力


加味逍遥散(厥陰病)
  • 顔面紅潮、四肢倦怠、疲労、手掌煩熱、不定期な熱感









    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved