ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP

にんじんとう
人参湯




ブログ 3000処方 病院のくすり 病院ランキング  通 販










 人参湯 胃アトニー
・胃下垂・胃拡張・胃酸過多症・減産症・胃潰瘍・肋間神経痛・萎縮腎





 人参湯
   

■鼻炎     


■足が冷える     

■味がない     

■息ぎれ     

■胃アトニー     

■胃カタル     

■胃下垂     

■胃液分泌過多症     

■胃下垂       

■胃潰瘍      

■胃拡張     

■胃酸欠乏症    

■胃弱    

■胃内停水    

■胃部膨満感    

■萎縮腎    

■陰嚢寒疝    

■栄養不良性貧血     

■黄疸: 

  • ☆黄疸があっても、腹に力がなく、舌が乾燥せず、脈にも力がなく、食不振・下痢・嘔吐・悪心などがあれば用いる《大塚敬節》

          

■嘔吐:

  • ☆《傷寒論》に“霍乱で頭痛、発熱し、からだが痛み、熱が多くて水を飲むたがる者は五苓散の主治であり、寒が多くて水を飲みたがらない者は理中丸の主治である”という条文がある。霍乱とは吐下痢の激しい病気であり、理中丸は人参湯を丸としたものである。この条文によっても分かるように、五苓散も人参湯も吐と下痢を訴える急性の吐瀉病に用いられることが分かる。2方の区別は、五苓散では熱があって水を飲みたがり、人参湯では寒があって水を飲みたがらない点にある。《大塚敬節》 
  • ☆嘔吐だけで下痢の無い者にも用いる点は、五苓散と同じである。《大塚敬節》

         

■悪阻    

■回虫    

■顔色悪い     

■肩こり 

  • ①太陰病。           

    ②虚寒証。           

    ③唾液がよく出る。           

    ④胃内停水。           

    ⑤心下痞、胃部膨満感。           

    ⑥手足厥冷。

          

    

■喀血:

  • ☆激しい喀血でなく、時をおいて少しずつ出る。《大塚敬節》
  • ☆喀血時、咳も少なく、強い咳も出ない。体温の上昇もない《大塚敬節》

         

    

■下腹部痛     

■咳嗽<寒嗽>     

■寒痢     

■急性胃腸炎 

  • ☆胃腸の弱い人が、腹を冷やしたり、冷たいものを飲んだりして、下痢する者によい。腹痛、嘔吐を伴う者によい。脈は沈遅または遅弱のものが多く、冷え症で、口渇はなく、舌は湿っている。下痢しても裏急後重は無い。乳幼児に多くみられる(漢方診療医典)

    

■狭心症    

■胸痛:

  • ☆《有持桂里》は胸痺で、腹から胸に差し込んで痛む者に、枳実薤白桂枝湯はよく効くが、この人参湯では効を得たことがないと述べている。私の経験では、人参湯の効く胸痛は、心臓や呼吸器の故障によるものではなく、消化器の障害からくるものである。《大塚敬節》
    •        

    ☆36歳の女性。約10日前から、食べたものを吐くようになり、口が渇いて熱いお茶を好み、それを呑むとすぐ吐く。少し動いても、めまいがあり、夜はよく眠れない。胸は板でもはめられているように苦しく、塞がったように痛む。平素から痩せた体質で、前に肋膜炎を病んだことがある。医師は今度も肋膜炎と診断したという。          
     しかし体温は平常で、脈は弦細である。腹診してみると、腹壁は薄くて、皮下脂肪が極端に少なく、腹直筋を板のように触れる。口渇はあるが、舌は湿っている。 そこで胸痺の一種と診断して人参湯を用いたところ、1回で嘔吐が止み、胸痛が緩解し、10日分を飲み終わらないうちに、すっかりよくなった。《大塚敬節》
     

    ☆相州、津久井県の紺屋、歳60。数年前から胸痛を患い、ひどいときはその痛みが背に徹するほどである。前医は半夏瀉心湯、括呂薤白半夏湯の類を長期にわたって与えたけれども、腹候の上では、これというほどの申し分をみない。そこで、毒が腹の底について、そのために胸が痛むのであろうと考え、大承気湯を100日あまり用いたが、ついに効をみない。致し方ないので、患者をつれて、先生をたずね治療をお願いした。先生は先ず患者を仰臥せしめて腹診をしたが、これという所見がない。そこで病人を坐らせて、心下を按圧してみると、薄い板のようである。先生は、鶴に向かって云われるのに、これは心下痞硬であると。よって人参湯を与えること、5、60貼ほで全快した。《岑少翁》  

       

  

■胸痞     

■筋肉弛緩     

■くしゃみ     

■血行障害     

■血便     

■下痢:

  • ☆発汗の後、脈なお少しく浮にして、下痢、腹痛し、堪え難き証《奥田謙蔵》
  • ☆寒泄の下痢
  • ☆(泥状便・アヒル便・水様便)
  • ☆回数が多く、泥状~水様便
  • ☆老人寒暑の候毎に下利し、腹中冷痛し瀝瀝として声有り、小便不禁にして、心下痞硬し、乾嘔する者に宜し。若し悪寒し、或いは四肢冷ゆる者は附子を加ふ《類聚方広義》
  • ☆下痢の患者に人参湯を用いる場合、真武湯証との鑑別が問題になる。人参湯は胃にかかり、真武湯は腸にかかる。そこで人参湯では胃からくる症状、例えば食欲不振・嘔吐・噫気などがみられ。また胃痛・胸痛などを伴うことがある。         
  • これに反し真武湯証では、胃からくる症状は少なく、下痢が主である。患者が生気に乏しく、血色すぐれず、冷え症で、脈にも腹にも弾力がない点は、人参湯、真武湯ともに共通である。しかし私の経験では、慢性下痢には人参湯証よりも、真武湯証の方が多いように思う。《大塚敬節》 
  • ☆25歳男性。平素から病弱で、色は蒼白で痩せている。3日前から、1日5、6回から10回ぐらい水瀉性の下痢がある。1回量は多くない。裏急後重もなければ熱もない。食欲はない方だが、食べない と胃の部分が苦しい。食べると下痢する。そこで重湯を少しずつ飲んでいると云う。悪心も口渇もない。脈は遅弱である。以上の所見から人参湯証と考えて、これを与えた。1日分飲むと胃の気持は非常によい。しかし下痢は止まらないという。そこで真武湯に転方する。ところが、これを1回飲むと胃が軽く痛むようになった。2回目を飲むと胃が少し強く痛む。夕方になって3回目を飲むと胃は猛烈に痛み始め、悪心を伴うようになった。胃は締め付けられるように痛み、そのたびに気を催す。しかし下痢の回数は減じたという。その夜また往診する。脈はやはり遅弱で熱はない。そこで、その場で甘草乾姜湯を作って、与えたところ、すぐに胃痛が止み、悪心もおさまった。人参湯は甘草乾姜湯に人参と朮を加えた漢方である。真武湯には甘草も人参もないが、甘草のない点が人参湯との重大な相違である。《大塚敬節》
  • ☆4歳男児。平素は非常に頑健で、飲食ともに旺盛である。ときどき風邪に罹って発熱しても、麻黄湯あるいは小柴胡湯の服用で、2~日ですぐ全快して、長らく医師にかかることはなかった。この男児が百日咳に罹ってから、その後時々下痢したり、食欲不振を来すようになったが、床につくようなことはなく、元気もよかった。ところが夏の暑い夜、危篤の状態だから、すぐ来てくれとの電話があった。往診してみると、患者の顔は蒼く、全身に軽い浮腫があり、脈は遅弱である。両親の語るとことによれば、1週間ほど前から食欲が非常に減退し、水ばかり飲んでいた。嘔吐は無いが、水様性の痢が、1日2、3回ある。腹部は膨満しているが、軟弱で振水音を証明する。尿は澄明な水のようで多量に出る。熱はない。その前日も元気なく、1日中寝ころんでゴロゴロしていたが、夕方からすっかり力が抜けたようになり、夕食もせずに、眠ったままなかなか眼が覚めないという。手足は温かく、汗は出ていない。診察を終わって私は人参湯にしうようか、五苓散にしようかと迷った。尿が多量に出る点や脈が遅弱である点などを考えると、人参湯証のように見える。しかし口渇があって、水を多量に飲むという症状をみると五苓散のようでもある。そんなことを考えながら、先ず五苓散を1服作って与えた。ところがこれを飲んでも、何の変化もなく、よくならない。そこで人参湯を与えたこれを飲むと2日後には、有形便が出るようになり、食欲も出てきた。その後、浮腫も減じ、血色もよくなり、元気でいたずらが出来るようになった。私はこの例で、食欲が無くて水ばかり飲んでいるという症状の者に、人参湯を用いて良い場合のあることを知った。ここで注意しなければならないのは、尿が多量に出ているのに、浮腫があるという点である。もし五苓散で浮腫があれば、当然に尿利の減少があるはずである。《大塚敬節》


■減酸症

  • <胃酸過多には適さない>

  
■口渇なし

  • ☆飲む場合には、暖かいものを好む。《中医処方解説》       

■口噤      

■口内炎

  • ☆清熱補気湯or附子湯を用いるような患者で、下痢している者は理中湯or附子理中湯を用いる《大塚敬節》
  • ☆口舌が痛んで、下痢気味であれば理中湯がよい。自分はこれを数人に用いて大効を得た。産後に多いものである。去年産をしてから、口舌が痛み、次々に虚候が多く現れるという者が多い。八味丸を用いて良いこともある。また六味丸に肉桂と五味子を加えることもある。 60歳の僧侶。夏の末に、口舌が痛んで、食べられなくなり、9月の末には、ひどく衰弱して痩せ、腰が冷え、4、5日前から1日4、5回ほど下痢するようになり、日に日に食欲が少なくなった。脈は遅で時々結代する。腹は背にひっつくほどに軟弱無力である。そこで附子理中湯の人参を多くして与えたところ、4、5回呑むと食が進み、6、7回も服用すると、治った。《提耳談》    
  • ☆口に潰瘍が出来て、冷薬(大黄、石膏、芒硝、黄連----)を呑んで治らない者は、胃腸が弱っているから理中湯が良い。激しい者には附子を加えまたは肉桂を加え、その煎汁をすすると良い《医療手引草》

            

■声に力がない    

■五十肩    

■項背のこり    

■さむけ(寒気)がする    

■座骨神経痛    

■しびれ(手足厥冷)    

■子宮出血    

■痔出血    

■四十肩    

■自律神経失調症    

■柔痙     

■出血

  • ☆胃からの出血
  • ☆肺からの出血《大塚敬節》
  • ☆裏に寒があって出血するもの《大塚敬節》

                  

■消化不良    

■小児の嘔吐症

  • ☆小児の吐乳等《奥田謙蔵》


■小児の自家中毒の予防    

■食欲不振

  • ☆食が細くて少し食べると、胃が一杯になって食べられない。腹を診ると一体に軟弱無力で振水音を聞く。口に水が上ってきたり、うすい唾液がたまる傾向がある。血色もすぐれず冷え症である。疲れやすく、軟便であったり下痢気味のこともある。このような場合に人参湯を用いると、食も進むようになり、腹に弾力がついてくる《大塚敬節》
  • ☆腹壁が薄いベニヤ板を張ったように硬くなっている者で、よく腹が空いて食べたくなるが、いざ食べてみると、いくらも食べられない者がある。古人はこれをチエガツエと呼んだ。これにも人参湯が良い。《大塚敬節》

             

■腎炎(急・慢性)    

■心悸亢進    

■心下痞硬

  • ☆産後続いて下利を得、乾嘔して食せず、心下痞硬し、腹痛し、小便不利の者《類聚方広義》
  • ☆諸病久しく癒えず、心下痞硬し、乾嘔して食せず、時時腹痛し、大便濡瀉し、微腫の症を見はす者に宜し。《類聚方広義》
  • ☆瀉心湯類にも心下痞硬があり、誤りやすいことがある。《大塚敬節》

         

         

■心臓神経症    

■心臓弁膜症    

■心痛     

■身体痛    

■神経衰弱    

■頭重

  • ☆頭痛して微熱あり、汗出でて身体倦怠を覚え、尿利少なくして下痢し易き証《奥田謙蔵》  

 

■舌質 <淡白>    

■舌苔 <白滑><微白苔・湿潤>    

■喘息    

■蔵結(ぞうけつ)    

■帯下

  • ☆冷え症の帯下《大塚敬節》
  • ☆37歳女性。冷え症で困る。冷えると小便が近くなり、帯下も非常に多くなる。其の帯下は粋の様にサラサラして冷たい。よくめまいや頭重があり、冷えると腹痛が起こり、腹が張る。大便は軟かくして1日1行。胃部には振水音があり、脈は遅弱である。 以上の症状から、裏に寒があると診断して、これを温める方針で、人参湯を与えた。 これを飲むと、からだ中が温まって気分が良い。そればかりか、僅かに4、5日の服用で、帯下がほとんど無くなったのには、患者も驚いたらしいが、私もその速効に驚いた。この患者は1ヶ月の服用で、別人のように健康になった。《大塚敬節》

         

■体力低下   

■唾液分泌過多     

■胆石症     

■腸炎・腸カタル     

■腸出血     

■ツバを吐く

  • ☆生唾が多い
  • ☆(ツバ・よだれが多い)
  • ☆平人、ツバを吐いて止まない者は、10中8、9は理中湯(=人参湯)で治るものである。先年、1男子に、この症があったので、この方を与えたが効がなく、甘草乾姜湯を与えて治ったことがある。また1人は茯苓飲で治った者がある。《有持桂里》     
  • ☆胃アトニー症、胃下垂症の患者で、薄くて、呑み込むと気持が悪くて、飲み込めないような唾液が口にたまる者《大塚敬節》
  • ☆尿量多く、冷え症で、脈が沈遅で、唾液が口にたまる者《大塚敬節》
  • ☆42歳女性。背が高く痩せている。血色もあまりよくない。平素から胃腸が弱いが、下痢することはない。食欲はあるが、少し食べると、すぐ胸が一杯になる。甘味のものが好きで、胃下垂症があると言われたことがある。冷え症で、疲れやすく、冷えると、尿が近くなり。舌を診ると、舌苔はなく、湿っている。唾液が口にたまるし、風呂に入って温まると、必ず味のない水が湧くように胃の方から上がってくる。それに帯下がある。この帯下は水の様である。脈は沈んで遅い。腹には力がなく、振水音を証明する。私はこれに人参湯を与えた。これを飲むとからだが引き締まるような感じがして気持ちよく、4、5日たつと、唾液が口に溜まらなくなり、食欲が出てきた。ところが全身に浮腫が現れたので、患者は驚いて、5日後に来院した。私は患者に言った。“これは薬が効いた証拠ですから心配ありません。そのうちに自然に、このむくみはとれます”と。そして引き続き人参湯を与えたところ、5日後には浮腫が去り、1ヶ月後には、帯下も無くなり、血色もよくなり、筋肉に弾力がついてきた《大塚敬節》


■つわり

■低酸症

  • ☆人参は胃酸を増加させる。胃酸過多には不適《中医処方解説》


■手足の脱力感    

■手足厥冷     

■鉄欠乏性貧血     

■吐血     

■吐瀉

  • ☆吐瀉、腹痛し、微熱ありて身体疲倦し、口乾燥するも水飲を欲せず、脈数にして濇なる証《奥田謙蔵》

    

■糖尿病     

■乳幼児下痢症

  • ☆衰弱して元気がなく、顔色も悪く、腹を圧するに軟弱無力で、脈にも力がなく下痢、嘔吐の止まないものに用いる(漢方診療医典)

    
■尿利減少     

■尿量多く:(色薄く量多い)

  • ☆口には稀薄な唾液がたまり、尿もまたうすくて多量に出る者を目標とする。《大塚敬節》 


■ネフローゼ     

■肺気腫   

■肺結核     

■腹が脹る

  • ☆食物停滞の感あり胃部虚満し、熱候なくして時々粘液を吐出する証  《奥田謙蔵》

   

■ひきつけ     

■冷える

  • ☆冷えが強いとき:「附子・肉桂」or乾姜を増量する。《中医処方解説》

    

■鼻炎・鼻カタル     

■肥厚性鼻炎     

■微弱陣痛    

■疲労倦怠     

■貧血

  • ☆鉄欠乏性貧血:「反鼻」《中医処方解説》  
  • ☆再生不良性貧血:「反鼻」《中医処方解説》


■腹水 

  • ☆“ある日の朝早く、若い婦人が私の診察室を訪れた。その婦人は「私ではありませんが」と前置きして、彼女の夫の病気について、次のように語った。主人は目下○○病院に入院している。病気は肝硬変 症で、もうあと1、2ヶ月の命だろうと病院の先生に云われたという。「そこで何とか先生に助けていただきたいのです」と、その病院への往診を懇願された。私は病院への往診は、その主治医の許可なしでは、出来ない旨答えて謝絶した。するとその翌日、その婦人は実家の父と連れだって 再び来院し、何とかしてくれと云って泣いて動かない。私も困った。仕方なくその患者の病状を聞くと次のようである。年齢は39歳、背の高い痩せた体格で、大変な酒客である。こんどの病気を自覚したのは、約6ヶ月ほど前で、何となくひどく疲れるので近所の医師に診てもらったところ、胃が悪いと云われて、しばらく治療していたところ、腹がふくれてきた。そこである大学病院で診てもらったところ、入院せよと云われ、入院したところ間もなく黄疸が現れた。大学では肝硬変症と診断した。腹には水が溜まるようになり、これは穿刺によって何回も水をとったが、すぐまた溜まった。最近は足の方までもむくんで、一人で寝返りも出来ないほどになった。        この話しを聞き終わって、私はその婦人の父親を診察した。そして云った。「この薬をあなたに差し上げます」と。それは茵蔯五苓散人参湯であった。私はなぜこんな処方を用いたのかというに、これより先、54歳の男子で、黄疸と腹水があって、自ら肝硬変症と名乗って、診察を乞うた男に茵蔯五苓散を与え、たった1週間の服用で腹水のなくなったことがあり、それを思い出した。これが1つの理由であった。しかしこんどの患者はかなり衰弱しているらしい、食欲も無いというので人参湯を合方してみたのである。3日たつと、その婦人が顔面に笑みをたたえて診察室に入ってきた。「先生、おかげさまで大変よろしいんです」と前置きして、婦人は次のように語った。父に頂いた薬をすぐ煎じて、病院に持っていって病人に飲ませたところ、その夜から尿がひっきりなしに出るようになり、一夜の中に11回も排尿があった。次の日も、その次の日も、どんどん尿出て、病院の先生は不思議だ、不思議だと云っているという。私はまた前方を与えた。これを2週間飲むと、腹水も、足の浮腫も、ほとんどなくなり、1ヶ月後には、黄疸もなくなって退院した。 退院するとき、病院の先生は「あなたは運がよかったですよ。こんなことは滅多にありませんよ」と喜んでくれたという。”  《大塚敬節》   

        

■腹痛:

  • ☆腹痛、下痢し、或いは上衝、吐逆し、或いは身体に微痛等を覚える証《奥田謙蔵》        
  • ☆冷えると増悪し、温めたり押さえると軽減する。《中医処方解説》
  • ☆上腹部から胸部にかけて痛むことが多く、下腹部に疼痛のくる場合は稀である《大塚敬節》 

                      

■腹部軟弱     

■腹部冷感     

■浮腫:     

■舞踏病:

  • ☆一老媼奇病あり、時々発す。その症手を回す。或いは半日或いは1日も止まず、その早きこと風車の如し。先生(岑少翁)之を診するに、病人をして仰臥せしめ、強くその心下を接すれば、その手を回すことを止む。接せざれば又手を回すこと旧の如し。先生、微笑して曰く、今日、病根を得たり、病療すべしと、乃ち人参湯を作り之を与ふ。服するに随って手を回すこと追々減ぜり。1月余にして全く癒ゆ。“心下痞硬を発見したからであろう”《大塚敬節》 

             

■不眠症:

  • ☆胃腸の虚弱な、冷え症の患者の不眠症に用いる《大塚敬節》
  • ☆29歳男性。弟も妹も肺結核で死んでいる。2人の姉も病弱である。この患者も虚弱体質で、1ヶ月ほど前から不眠を訴えているが、睡眠薬を飲むと、胃の調子が悪くなるので、この頃は飲まないでいるという。足はいつでも冷たく、頭が重く、ときどき鳩尾が痛み、肩が凝る、食欲は少なく、大便は快通しない。小便は近い方である。          脈は弱い。私は胃下垂症と診断して、人参湯を与えたが、これを5日分飲むと、異常の症状は軽快した。しかし薬を止めると、また不眠が起こり、人参湯を飲むと手足が温まって眠れるようになる。こんな調子で、とぎれとぎれではあったが、半年ほど服薬を続け、体重も4kgほど増し、血色も良くなった。《大塚敬節》

                    

■便(泥状~水様便)

  • ☆水様便が顕著なら:茯苓、or白朮を増量。《中医処方解説》

       

■慢性胃腸炎:

  • ☆胃腸が冷えて体力なく、貧血性で疲れやすい者。
  • ☆水様性or泥状の下痢便、胃痛、嘔吐、胸痛があることがある。尿量は多いことが多い。
  • ☆慢性胃腸病で衰弱している患者に、人参湯を与えると、3~4日たつと浮腫がくることがある。これは非常によい徴候であって、やがて、その浮腫のとれる頃には見違えるほど病状が軽快して、全治に向かうものである。ところが、ある時、一老人で貧血し、衰弱し、食欲無く、冷え症で、気力の無いのを目標にして、人参湯を用いたところ、2~3日たって浮腫が現れた。そこで、これは良い徴候ですよといって、引き続き人参湯を用いたところ、浮腫はますますひどくなり、どうもおかしいので、検尿したところ、タンパク尿があり、慢性腎炎をもっていることが分かった。そこで五苓散に転方して、浮腫のとれたことがあった。瞑眩ではなかあった《漢方診療医典》

              

■無力感      

■腰痛症     

■よだれが多い   

■肋膜炎     

■肋間神経痛    

■脈 <沈細><沈遅>

 




人参湯 

人参湯[1-1]《金匱要略》      

「人参・甘草・乾姜・白朮各3両」右四味、以水八升、煮取三升、温服一升、日三服。    


◎胸痺、心中痞、留氣結在胸、胸満、脇下逆搶心、枳実薤白桂枝湯主之、人参湯亦主之。

「逆搶心」
=心を逆搶(ぎやくそう)す
=腹から胸にかけて突き上げるように痛む      

 

人参湯[1-2]《金匱要略》《中薬臨床応用》    「党参12g、乾姜2g、白朮12g、甘草(炙)6g」水煎服。    

    

















漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved