ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/



半夏白朮天麻湯






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)












半夏白朮天麻湯
(応用)
  1. 足の冷え
  2. 頭がふらつく
  3. 息切れ
  4. 肩こり
  5. 胃アトニー
  6. 胃下垂
  7. 胃腸虚弱
  8. 胃内停水
  9. 悪心
  10. 嘔吐
  11. 顔色悪い
  12. 虚弱
  13. 元気がない
  14. 肩背強急
  15. 高血圧
  16. 呼吸困難
  17. 四肢厥冷
  18. 上腹部振水音
  19. 食後倦怠
  20. 食後嗜眠
  21. 食欲不振
  22. 自律神経失調症
  23. 心悸亢進
  24. 心下痞
  25. 心臓神経症
  26. 頭重
  27. 頭痛
  28. 前庭神経炎
  29. 蓄膿症
  30. 疲れやすい
  31. 手足がだるい
  32. 手足が冷たい
  33. 低血圧
  34. 脳血管障害
  35. 脳動脈硬化症
  36. 吐き気
  37. 疲労倦怠
  38. 貧血
  39. 不整脈
  40. 片頭痛
  41. 慢性頭痛
  42. 耳鳴り
  43. メニエール
  44. めまい
  45. 羸痩(やせすぎ)
  46. ワインベルグ症候群

(目標)
  • 胃腸弱く、冷え性気味の人の、以下の症状・疾患に用います
    • 頭痛
      めまい
      「胃炎」
      「食後だるくなる」
      「胃神経症」
      「低血圧症」
      「食後眠い」
      など

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・ジンマシン)









(参考)
  • 「半夏(姜汁製)・白朮(米のとぎ汁に浸す)・陳皮(白を去る)・麦芽各7分半、神麹(炒)5分、茯苓(皮を去る)・黄蓍(炒)・人参・沢瀉・蒼朮・天麻各3分半、乾姜(炒)・黄柏(酒炒)各2分」《万病回春》
  • 「半夏(製)・陳皮・麦芽(炒)各1銭半、白朮・神麹(炒)各1銭、蒼朮・人参・黄蓍・天麻・白茯苓・沢瀉各5分、乾姜3分、黄柏(酒洗)2分、姜5片」水煎服。
  • 脾胃が虚弱して痰厥頭痛、身重く、四肢が冷え、嘔吐・めまいして目も開けられない者。《東醫寶鑑》
    「半夏・陳皮・茯苓・白朮・蒼朮各3、麦芽・天麻・神曲・生姜各2、黄蓍・人参・沢瀉各1.5、黄柏・乾姜各1」
  • 痰飲の頭痛、眼黒く、頭旋り、悪心煩悶し、気短喘して力なく、与に語れば心神倒、目敢えて開かず、風雲の中に在るが如し。頭苦痛裂るが如く、身重きこと山の如し、四肢厥冷して安臥することを得ず、此れ乃ち胃の気虚損し、停痰して致すなり。
  • 此方は足の太陰(脾経)の薬である。痰厥の頭痛とは平素脾胃虚弱にして胃内停水ある者が外感内傷等の変によって水毒上逆して頭痛眩暈を発するもので、本症の頭痛は眉稜骨より天庭百会の辺りに最も甚だしく、足冷を訴える。
  • 本症は「呉茱萸湯証」に類似している。此方は頭痛、眩暈を主とし、呉茱萸湯は頭痛嘔吐を主とする。《脾胃論》《漢方後世要方解説》




半夏白朮天麻湯 (脾胃論)
半夏3.0 白朮3.0 茯苓3.0
陳皮3.0 蒼朮3.0 麦芽2.0
天麻2.0 神麹2.0 黄蓍1.5
人参1.5 沢瀉1.5 黄柏1.0
乾姜1.0 生姜2.0



半夏白朮天麻湯
方剤分類 除痰剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫
四傷
六経弁証 太陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 中焦
方剤帰経 脾経
臓腑弁証 痰濁上擾
脾気虚
効能 ・化痰熄風
・補気止瀉
適応 胃アトニーで頭痛
眩暈
高血圧
食後の嗜眠
自律神経失調症
脳動脈硬化症
メニエール症候群





(鑑別)
  • 半夏白朮天麻湯(太陰病)
    • 激しい頭痛、めまい、嘔吐、悪心、足冷、心下痞満、煩悶、肩こり、背中突っ張る、腹部軟弱、胃内停水、脈沈弱
  • 呉茱萸湯(少陰病)
    • 嘔吐、頭痛、眩暈、煩躁、上衝、脈沈







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査