ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



当帰四逆加呉茱萸生姜湯



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)

当帰四逆加呉茱萸生姜湯
しもやけ・冷えが強い。腹痛・腰痛座骨神経痛・皮膚病

当帰四逆加呉茱萸湯
(応用)

足が冷たい

インフルエンザ

胃酸過多症

胃腸虚弱

壊疽

嘔吐

悪寒

咳嗽

回虫

顔色悪い

下腹部痛
  1. 術後下腹部痛の自覚症状を有意に改善(比較臨床試験)


感情不安定

眼精疲労

寒疝

気管支喘息

胸痛

強皮症

筋肉痛

血尿

下痢 (冷えると)

呼吸困難

五更瀉

坐骨神経痛
  • 冷えによって誘発、増悪する痛み

歯痛

しもやけ

紫斑

自律神経失調症

上腹部振水音

神経症

神経痛

頭重

頭痛 (冷えると)

疝気

譫妄 (せんもう)

帯下

チアノーゼ

虫垂炎

腸チフス

椎間板ヘルニア

凍傷

ニキビ

尿不利

煩躁

冷え症

冷えのぼせ

冷や汗

ヒステリー

ひょうそ

疲労倦怠

腹痛

腹鳴

不妊症

不眠

ヘルニア

閉経

片頭痛

水虫

やせ型

抑鬱気分

腰痛
  • 冷えによって誘発、増悪する


腰部脊柱管狭窄症

レイノー病

狼瘡(lupus)




(目標)
  • 冷え症で以下の症状・疾患に用います。
    • 「腰痛」
      「慢性頭痛」
      「下腹部痛」
      「胃が重い」
      「坐骨神経痛」
      など
(副作用)
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・吐き気・下痢


(原典)
  • 「当帰3両、芍薬3両、甘草(炙)2両、通草2両、桂枝(去皮)3両、細辛3両、生姜(切)半斤、呉茱萸2升、大棗(擘)25枚」
    右九味、以水六升、清酒六升和、煮取五升、去滓、温分五服。
    ◎若其人内有久寒者、宜当帰四逆加呉茱萸生姜湯。
    《傷寒論》辨厥陰病脉證M治第十二
(参考)
  • 「四逆」=四肢の厥冷



当帰四逆加呉茱萸湯 (傷寒論
当帰3.0 桂枝3.0 芍薬3.0
細辛2.0 木通3.0 甘草2.0
大棗5.0 呉茱萸2.0 生姜4.0




当帰四逆加呉茱萸生姜湯
方剤分類 去寒剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫
四傷
六経弁証 厥陰病
衛気営血弁証 血分
三焦 下焦
方剤帰経 肝経
臓腑弁証 血虚寒痛
効能 ・温経散寒
・養血通脈
・鎮痛鎮痙
適応 血栓性血管炎
座骨神経痛
子宮脱
頭痛
生理痛
凍傷
白帯下
腰痛
慢性関節炎
慢性関節リウマチ
レイノー病



(鑑別)
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
    • 手足厥冷<紫色>、腹激痛、胸中煩満、冷汗、頭痛(冷)、腰痛、下痢。(厥陰病)
  • 当帰芍薬散
    • 腹痛、貧血、胃内停水、腹筋攣急。(厥陰病)
    • 血症候群、体力低下、手足の冷え、貧血傾向、腹痛。
  • 四逆散
    • 四肢冷、腹直筋緊張、胸脇苦満。(陽明病)
  • 小建中湯
    • 腹痛、腹鳴、蠕動不安、腹部軟弱。(太陰病)
  • 大建中湯
    • 体力低下、手足の冷え、腹の冷え、腹痛、腸の蠕動亢進、鼓腸。
  • 呉茱萸湯
    • 体力低下、頭痛、心窩部不快感、悪心、手足の冷え。
  • 桂枝茯苓丸
    • 血症候群、体力中等度、のぼせ。





関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査