ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


六君子湯



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





漢方薬の選び方



病位

病質

熱証・寒証

実証・虚証
広告




六君子湯
(応用)

胃アトニー

胃拡張

胃潰瘍

胃下垂

胃ガン
  • 食欲不振、心下部疼痛、衰弱した者《矢数道明》
  • 病気が進行して、食欲が無くなり、悪心、嘔吐、貧血、浮腫のあるものに用いると、食欲が出て、気力が回復する。これを用いて、床を払って、外出できることができるようになる者もいる。
    また手術後、再発した者に用いて、一時警戒するすることもある。
    癌そのものは、良くなっていないのに、一時的であるが、自覚症状がよくなり、元気になる
    (漢方診療医典)

胃弱
  • 脾胃虚弱・心下痞硬→半夏瀉心湯

栄養不良性貧血

嘔吐
  • 脾胃虚弱と胃内停水のために起きる《矢数道明》

咳嗽
  • 虚弱者のかぜによる咳嗽《矢数道明》

顔色悪い

喀痰

肩こり
  • 平素から胃腸の弱い患者で、少し多くの食事をすると、胃部にもたれて苦しく、食後はだるくて眠いというような患者で、肩凝りを訴える者に用いる《大塚敬節》
  • 腹診すると腹部には弾力が無く、振水音を証明する場合が多く、脈もまた弱い。このような患者で季肋下部に少し抵抗があるようであれば、柴芍六君子湯を用いる《大塚敬節》
  • ①胃弱。
    ②胃内停水。
    ③心下痞。
    ④元気がない。
    ⑤食後眠くなる


感情不安定

機能性胃腸症(FD)
  1. 運動不全型機能性ディスペプシアの改善(EBM)

逆流性食道炎
  1. 胃癌切除後の逆流性胃炎の改善と予防

虚弱児
  • 胃腸が弱く、食欲不振で血色がすぐれず、気力に乏しいものに用いる(漢方診療医典)

ゲップ

下痢
  • 痰泄の下痢・軽症
  • 一男あり、食を停め痢を患い腹痛して下墜し、或いは疎導の剤を用い、両足脹腫し、食少なく、体倦し、煩熱して渇を作し、脉洪数にして之を按じて微細なるを治す:「乾姜・肉桂・呉茱萸・五味子」《薛立斎十六種》
  • 一老婦あり、食後怒るに因りて痢を患い、裏急後重し、脾気下陥に属する者を治す:「附子・・木香・呉茱萸・破故紙・五味子」《薛立斎十六種》
  • 脾胃虚弱、寒を畏れ泄し易き者を治す:「補骨脂・」《薛立斎十六種》
  • 諸止瀉の薬の応じない者《矢数道明》

元気がない
  • 飢飽過度、脾胃虚弱、飲食進まず、腹中和せず、兼ねて痰気吐瀉或いは雑薬にて傷を致す等の症を主る。《医学入門》

肩背強急

声に力がない

自家中毒

自閉症
  • 腹力・脈に力がない。食後に眠い、疲れやすい(漢方診療医典)

消化不良
  1. 幽門輪温存胃切除後のうっ滞症状の改善
  2. うつ病患者にSSRI投与による消化器症状の発現を抑える

上腹部振水音

食後眠くなる
  • 食後寝たがる者は脾胃の虚弱な証拠《矢数道明》

食欲不振
  • 病後の食欲不振《矢数道明》
  • 熱が下がった後に《矢数道明》

神経衰弱
  • 胃腸虚弱者の神経衰弱《矢数道明》

心下痞

せき
  • 気虚にて喘嗽危急、痰盛なる者を治す:「五味子・麦門冬湯・・黄柏・枳殻・貝母・前胡・紫蘇葉・香附子・桑白皮・生姜」

舌質(淡白)(胖大)

舌苔(厚白~白膩)

帯下
  • 31歳女性。一昨年、2回流産した。その後、風邪を引きやすくなり、昨年より食後に悪心があり、夜間、胸が苦しくなり、その時はひどく手足が冷える。
    某医大で、胃酸が少ないと診断したと言う。脈は沈弱で、舌にうす い白苔がある。眼が疲れ、後頭部が重くなることがある。今まで、度々膀胱炎にかかったことがあり、今でも残尿感があるという。月経の量は少なく、帯下が多い。大便は1日1行。
    腹診してみると、左脇下に圧による鈍痛があり、腹部は一体に緊張力が弱い。私はこれに六君子湯を与えたが、7日の服用で、気分爽快となり、3週間の服用で、帯下も減じたが、7日間休薬したところ、食が進まなくなり、心下がつかえるようになった。そこでまた服薬を始めると、忽ち良くなるが、休薬していると、調子がよくない。しかし帯下の方は良くなった
    。《大塚敬節》

体力低下

知覚麻痺

中風
  • 症状がひどくない者に養生薬として《矢数道明》

疲れやすい
  • 気虚・痰飲→四君子湯

手足冷たい

ネフローゼ

肺結核

吐き気

半身不随
  • 気虚し而して中風の者で右手足が不仁する者:「釣藤鈎・姜汁・竹瀝」《薛立斎十六種》
  • 身体肥満、善く飲み、舌本硬強、語言清からず、、痰気湧盛、肢体不遂する者:「葛根()・山梔子・神麹」《薛立斎十六種》

冷え症(全身)

疲労倦怠
  • 病中・病後の
  • 糖尿病・その他の慢性病があって、疲れだるい者。
  • 食事がすむとすぐ手足がだるくなって、眠気がして、動くのがいやになる者《大塚敬節》
  • 消化器が弱く、脈も遅弱で腹力ない者《大塚敬節》
  • 冬より、夏の方が症状がひどくなる《大塚敬節》

貧血

腹部軟弱

腹膜炎
  • 熱ひどくなく、蓄水も少なく、慢性貧血の者《矢数道明》

ふるえ

浮腫

不眠症

慢性胃腸炎
  • 胃腸が弱く、胃部に振水音あり、脈・腹ともに軟弱、みずおちがつかえる感じ、食欲無く、疲れやすく、貧血・冷え性の者
  • 食欲衰え、体力虚弱、冷えやすく、下痢し易い《矢数道明》
  • いわゆる胃炎の上腹部不定愁訴の改善に有用(EBM)

慢性腎炎

慢性頭痛
  • 胃腸虚弱な者《矢数道明》

慢性腹膜炎

胸やけ

目眩
  • 胃腸虚弱者のめまい《矢数道明》

癰疽
  • の毒気上攻



六君子湯
方剤分類 補益剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫 湿
四傷
六経弁証 太陰病
衛気営血弁証 営分
三焦 中焦
方剤帰経 脾経
臓腑弁証 脾腎気虚・気滞
効能 ・補気健脾
・理気化痰
適応 胃アトニー
胃潰瘍
消化不良症
慢性胃腸炎
慢性気管支炎



(六君子湯の目標)
胃弱で、疲れやすい人の、以下の症状・疾患に用います




副作用

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・ジンマシン)
  • (消化器)
    吐き気・腹部膨満感・下痢



(原典)
  • 「人参2.0g、陳皮・半夏各4.0g、白朮・茯苓各3.0g、甘草2.0g、大棗各2.0g、干姜1.0g」《和剤局方》
    「人参、蒼朮、茯苓、甘草、半夏、橘皮」
    《和剤局方》

(参考)
  • 「四君子湯半夏、陳皮、大棗、生姜」《医学正伝》



六君子湯  (和剤局方)
人参4.0 白朮4.0 茯苓4.0
半夏4.0 甘草1.0 陳皮2.0
生姜2.0 大棗2.0














かっこう




平胃散 4.0 3.0 3.0 2.0 2.0 1.0
加味平胃散 4.0 3.0 3.0 2.0 2.0 1.0 2.0 2.0 2.0
不換金正気散 4.0 3.0 3.0 2.0 2.0 1.5 6.0 1.0
六君子湯 2.0 2.0 2.0 1.0 4.0 4.0 4.0 4.0
香砂六君子湯 3.0 3.0 6.0 6.0 6.0 6.0 1.5 1.5



(鑑別)
  • 六君子湯(太陰病)
    • 胃弱、易疲労、食欲不振、胃腸虚弱、、舌苔白滑、乾嘔、貧血、脈弱、虚証
  • 四君子湯(太陰病)
    • 気虚、顔面蒼白、食欲不振、言葉に力がない、腹部軟弱
  • 人参湯(太陰病)
    • 胃内停水、心下痞、胃部膨満感、手足厥冷、太陰病、虚寒証
  • 茯苓飲(太陰病)
    • 上腹部がつかえ苦しい、悪心、胃部振水音
  • 半夏瀉心湯(陽明病)
    • 胸元がつかえる、下痢、腹鳴、吐き気




関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査