ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


麻杏甘石湯




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



(マキョウカンセキトウ)

麻杏甘石湯
急性気管支炎・気管支肺炎・肺炎・麻疹の肺炎・気管支喘息の発作・痔核の疼痛

麻杏甘石湯
(応用)

咳嗽

乾咳

気管支炎

気管支拡張症

気管支喘息

気管支肺炎

胸痛

口渇

呼吸困難

呼吸促迫

ジフテリア

痔核

自汗

心悸亢進

心臓喘息

熱感

肺壊疽

肺炎

肺気腫

百日咳

麻疹





(麻杏甘石湯の目標)
  • 比較的体力があり、汗が出る人の、以下の症状・疾患に用います。


副作用
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー

注意
  • (自律神経系)
    不眠・発汗過多・任脈・動悸・全身脱力感・精神興奮
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・吐き気・嘔吐・軟便・下痢
  • (泌尿器)排尿障害



(原典)
=「麻黄杏仁甘草石膏湯」
  • 「麻黄(去節)4両、杏仁(去皮尖)50箇、甘草(炙)2両、石膏(碎綿嚢)半斤」
    右四味、以水七升、煮麻黄、減二升、去上沫、内諸薬、煮取二升、去滓、 温服一升。

◎発汗後、不可更行桂枝湯。汗出而喘、無大熱者、可與麻黄杏仁甘草石膏湯。

◎下後、不可更行桂枝湯。汗出而喘、無大熱者、可與麻黄杏仁甘草石膏湯



麻杏甘石湯  (傷寒論)
麻黄4.0 杏仁4.0 甘草2.0
石膏10.0


麻杏甘石湯
方剤分類 解表剤
八綱弁証 表熱実
六淫
四傷
六経弁証 太陽病
衛気営血弁証 衛分
三焦 上焦
方剤帰経 膀胱・肺経
臓腑弁証 肺熱実
効能 ・辛涼透泄
・清肺平喘
適応 気管支喘息の発作
急性気管支炎
気管支肺炎


(鑑別)
  • 麻杏甘石湯(太陽病)
    • 咳嗽、呼吸困難、自汗、口渇、上逆煩悶、顔面浮腫、尿利減少、表熱なし
  • 小青竜湯(太陽病)
    • 咳嗽、喘、表熱あり、無自汗、無口渇
  • 苓甘姜味辛夏仁湯(少陰病)
    • 咳嗽、浮腫、冷感あり、脈沈
  • 麻黄附子細辛湯(少陰病)
    • 咳嗽、悪寒、陰虚証、脈沈弱
  • 木防已湯(陽明病)
    • 咳嗽、浮腫、心下痞硬、煩悶、脈沈緊













ヨクイニン




麻黄湯 5 5 4 1.5
麻黄加朮湯 5 5 4 1.5 5
麻杏甘石湯 4 4 2 10
麻杏薏甘湯 4 3 2 10
大青竜湯 6 5 3 2 10 3 3
小青竜湯 3 3 3 3 3 3 6 3
麻黄附子甘草湯 3 3 0.6
麻黄附子細辛湯 4 0.6 3
越婢湯 4 1.5 10 3 3
越婢加朮湯 4 1.5 3 10 3 3




関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査