ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



桃核承気湯



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)








桃核承気湯の適応画像

桃核承気湯
(応用)

あざ(痣)

朝のこわばり

足が冷える

胃潰瘍

意識障害

打ち身

黄疸(おうだん)

(おけつ)

カルブンケル

かゆみ

外痔核

顔色悪い

顔面紅潮

下腿静脈瘤

下肢の冷え


下腹部痛 <左>
  1. 下腹部(左が多い)に硬結圧痛がある<腹診>

下腹部膨満

角膜炎

喀血(かっけつ)

肩こり

肝斑(かんぱん)

乾癬(かんせん)

頑癬(がんせん)

眼瞼炎

下血

下痢

月経異常

月経過多

月経困難症

月経前緊張症

月経不順

血尿

血便

胸痛

結膜炎

肩背強急(けんぱいきょうきゅう)

健忘症

眩暈(げんうん)

高血圧症

交換性眼炎

更年期障害

紅斑

興奮

黒内障

五十肩

坐骨神経痛

しもやけ

痔(ぢ)

自汗

歯槽膿漏

歯痛

子宮出血

子宮内膜症

紫斑病

しびれ感

しぶり腹

出血

猩紅熱

静脈瘤

耳鳴(耳なり)

食道狭窄

自律神経失調症

少腹急結
  • =左腸骨窩の抵抗・圧痛。
    桃核承気湯に特有の腹証。左腸骨窩に表在性の索条物をふれ、これを指頭をもって迅速にこするように圧すると、伸ばしていた脚をかがめてアッと顔をしかめるように痛む。《大塚敬節》


心悸亢進

心痛

神経衰弱

神経痛

ジンマシン

頭痛

精神異常

精神分裂病

生理痛

赤痢

舌質(暗赤色~紫)

舌苔(乾燥した黄苔)

譫語(せんご)

喘息

前立腺炎

前立腺肥大

躁病(そうびょう)

タムシ

帯下

体格:中等度以上
  • 筋肉質で固太り


体質:頑健

大腸炎

丹毒

血の道症

知覚麻痺

蓄膿症

虫垂炎

腸チフス

テンカン

動悸

動脈硬化症

にきび

ノイローゼ

のぼせ

発狂

バリックス

肺炎

肺結核

白内障

肌荒れ

半身不随

BUNの低下作用

ヒステリー

冷え症

冷えのぼせ

鼻炎

皮膚炎

肥満

フリクテン

フルンケル

腹痛

不正性器出血(不正出血)

不妊症

不眠症

浮腫

閉経

偏頭痛

便秘

膀胱炎

慢性関節リウマチ

耳鳴り

無月経

ムチ打ち症

めまい

妄想(もうそう)

網膜炎

やけど

癒着(ゆちゃく)

腰痛

卵巣機能不全

流産

リウマチ

緑内障








(桃核承気湯の目標)
  • 体力充実した人で、のぼせ、頭痛、めまい、不眠、不安、興奮などの精神神経症症状、月経不順、月経困難、便秘などのある場合に用いられる。
  • 腹部では左腸骨下に索状の抵抗と圧痛をしばしば認める





桃核承気湯の副作用
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー

桃核承気湯の注意
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)
  • (消化器)・・・・食欲不振・胃部不快感・腹痛・下痢





(原典)
「桃仁(去皮尖)50箇、大黄4両、桂枝(去皮)2両、甘草(炙)2両、芒硝2両」
右五味、以水七升、煮取二升半、去滓、内芒消、更上火微沸、下火。先食温服五合、日三服、當微利。


◎太陽病不解、熱結膀胱、其人如狂、血自下、下者愈。其外不解者、尚未可攻、當先解其外。外解已、胆少腹急結者、乃可攻之、宜桃核承気湯。
《傷寒論》辨太陽病脉證并治中第六。





(参考)

  • 《吉益東洞》
    • 血証、少腹急結し、上衝する者を治す。
  • 《勿誤薬室方函口訣》
    1. 此方は傷寒蓄血、少腹急結を治するは勿論にして、諸血証に運用すべし。
    2. 「調胃承気湯桃仁・桂枝」
  • 《傷寒論識》
    • 処方中の「桂枝」は桂枝茯苓丸や土瓜根中の桂枝と同じくこれを血分排達の意に取るなり。
  • 《龍野ー漢方処方集》
    • 実証ののぼせ・足冷、或いは下腹痛、或いは腰痛、或いは下半身の化膿。
  • 《大塚敬節》
    1. 腹診上、の腹証がある。
    2. 便秘と少腹急結がある。


「抵当湯」との比較《ほうよげい
  1. 桃核承気湯は血が下る者に、抵当湯は血の下らぬ者に用いる。
  2. 腹は急結しても、桃核承気湯の方は柔らかで、抵当湯の方は硬い。しかしこ れはおおよそのことである。抵当の腹でも血の下る者ならば桃核承気湯を用いなければならないことがある。桃核承気湯の腹でも血の下らない者は抵当を用いなければならないことがある。腹よりも血の方を主に目的にしなければならない。
  3. 桃核承気湯は動く者、抵当湯は動かない者である。
  4. 軽重でいえば、抵当湯は重く、桃核承気湯は軽い様だが、数年の経閉で重い様なものに桃核承気湯の証があり、1年ぐらいで軽く見えるものに抵当の証があるから、2方の別は新久ではいえないものである。
  • 《大塚敬節》
    1. 桃核承気湯証も、大黄牡丹皮湯を用いる場合によく似ているが、急迫性の疼痛を目標とする。
    2. 桃核承気湯は急迫の傾向があって、便秘の徴候があり、少腹急結の証がある。





桃核承気湯 (傷寒論)
桃仁5.0 桂枝4.0 大黄3.0
芒硝2.0 甘草1.5



桃核承気湯
方剤分類 理血剤
八綱弁証 裏熱実
六淫
四傷
六経弁証 陽明病
衛気営血弁証 営分
三焦 中焦
方剤帰経 脾経
臓腑弁証
畜血
効能 ・清熱瀉下
・活血
適応 下腿静脈瘤
月経困難
月経不順
更年期障害
骨盤内炎症
痔核
痔ろう
子宮付属器炎
打撲によるうっ血
のぼせによる鼻血
腹膜炎の初期
慢性盲腸炎




(鑑別)
  • 桃核承気湯
    • オケツ、少腹急結、気上衝(激)、のぼせ、足冷、頭痛、眩暈、耳鳴、精神不安、下腹部痛、小便頻数、実証。(陽明病)
  • 大黄牡丹皮湯
    • おけつ、右下腹部腫瘤、化膿、血症候群、体力充実、回盲部圧痛。(陽明病)
  • 通導散
    • おけつ症候群、体力充実、激しい精神症状、便秘
  • 桂枝茯苓丸
    • おけつ、急結なし、肩こり、頭痛
    • おけつ症候群、体力中等度、のぼせ。(太陰病)
  • 女神散
    • おけつ症候群、体力中等度以上、のぼせ、精神不安、抑うつ、腹部膨満感
  • 当帰芍薬散
    • おけつ、貧血、易疲労
    • おけつ症候群、体力低下、手足の冷え、貧血傾向、腹痛。(厥陰病)
  • 乙字湯
    • おけつ症候群、体力中等度、痔疾、便秘、




チェック
関連情報
」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査