ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    


麻杏薏甘湯(まきょうよっかんとう)



HOME ブログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品







(マキョウヨッカントウ)

感冒・インフルエンザねちがい・頸肩腕症候群腰痛症・座骨神経痛イボ・水虫・妊娠腎で浮腫


マキョウヨッカントウ
(応用)
  1. 朝のこわばり
  2. イボ
  3. 関節痛
  4. 肩関節周囲炎
  5. 関節リウマチ
  6. 筋肉リウマチ
  7. 筋肉痛
  8. 頸[肩]腕症候群
  9. 坐骨神経痛
  10. 湿疹
  11. 神経痛
  12. 喘息(ぜんそく)
  13. 肺壊疽
  14. 腰痛





(目標)
  • 比較的体力がある人の、以下の症状・疾患に用います。
    • ・「関節痛」
      ・「神経痛」
      ・「筋肉痛」
      ・「関節リウマチ」
      ・「筋肉リウマチ」
      ・「イボ」
      ・「手掌角化症」

      など
(副作用)
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー



(注意)
  • (自律神経系)
    不眠・発汗過多・頻脈・動悸・全身脱力感・精神興奮
  • (消化器)
    食欲不振・胃部被快感・吐き気・嘔吐・下痢
  • (泌尿器)排尿障害





(原典)
  • 「麻黄(去節湯泡)半両、甘草(炙)1両、ヨクイニン半両、杏仁(去皮尖炒)10箇」
    右麻豆大、毎服四銭匕、水盞半、煮八分、去滓温服、有微汗、避風。
    ◎病者一身盡疼、発熱、日哺所劇者、名風濕。此病傷於汗出當風、或久傷取冷所致也。可與麻黄杏仁苡甘草湯。《金匱要略》

参考)
  • 麻杏甘石湯の証にして煩渇せず、水気有る者を治す《吉益東洞》
  • 一身疼痛、発熱、浮腫、喘咳急迫する者を主る。《重校薬徴》
  • 《金匱要略》の分量は古ならず、今《外台秘要方》に従う。《重校薬徴》
  • 此方は風湿の流注して痛解せざる者を治す。蓋し此症、風湿皮膚にありて未だ関節に至らざる故に、発熱身疼痛するのみ。此方にて強く発汗すべし。《勿誤薬室方函口訣》




マキョウヨッカントウ(金匱要略)
麻黄4.0 杏仁3.0 甘草2.0
ヨクイニン10.0



(鑑別)
  • マキョウヨッカントウ
    • 関節痛、筋肉痛、皮膚枯燥、発熱、麻痺、浮腫。(太陽病)
  • 越婢加朮湯
    • 身体痛、自汗、浮腫、小便不利。(太陽病)
  • 麻黄湯
    • 身体痛、頭痛、発熱。(太陽病)
  • ヨクイニントウ
    • 身体痛、腫脹・熱感・疼痛。(少陰病)
  • 防已黄蓍湯
    • 身体痛、上半身、足がむくむ。(太陰病)







関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源







    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved