ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


(まきょうよっかんとう)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





漢方薬の選び方



東洋医学

病質

熱証・寒証

実証・虚証
広告




マキョウヨッカントウ
(応用)
  1. 朝のこわばり
  2. イボ
  3. 関節痛
  4. 肩関節周囲炎
  5. 関節リウマチ
  6. 筋肉リウマチ
  7. 筋肉痛
  8. 頸[肩]腕症候群
  9. 坐骨神経痛
  10. 湿疹
  11. 神経痛
  12. 喘息(ぜんそく)
  13. 肺壊疽
  14. 腰痛





(目標)
  • 比較的体力がある人の、以下の症状・疾患に用います。
    • ・「関節痛」
      ・「神経痛」
      ・「筋肉痛」
      ・「関節リウマチ」
      ・「筋肉リウマチ」
      ・「イボ」
      ・「手掌角化症」

      など
(副作用)
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー



(注意)
  • (自律神経系)
    不眠・発汗過多・頻脈・動悸・全身脱力感・精神興奮
  • (消化器)
    食欲不振・胃部被快感・吐き気・嘔吐・下痢
  • (泌尿器)排尿障害





(原典)
  • 「麻黄(去節湯泡)半両、甘草(炙)1両、ヨクイニン半両、杏仁(去皮尖炒)10箇」
    右t麻豆大、毎服四銭匕、水盞半、煮八分、去滓温服、有微汗、避風。
    ◎病者一身盡疼、発熱、日哺所劇者、名風濕。此病傷於汗出當風、或久傷取冷所致也。可與麻黄杏仁g苡甘草湯。《金匱要略》

参考)
  • 麻杏甘石湯の証にして煩渇せず、水気有る者を治す《吉益東洞》
  • 一身疼痛、発熱、浮腫、喘咳急迫する者を主る。《重校薬徴》
  • 《金匱要略》の分量は古ならず、今《外台秘要方》に従う。《重校薬徴》
  • 此方は風湿の流注して痛解せざる者を治す。蓋し此症、風湿皮膚にありて未だ関節に至らざる故に、発熱身疼痛するのみ。此方にて強く発汗すべし。《勿誤薬室方函口訣》




マキョウヨッカントウ(金匱要略)
麻黄4.0 杏仁3.0 甘草2.0
ヨクイニン10.0



(鑑別)
  • マキョウヨッカントウ
    • 関節痛、筋肉痛、皮膚枯燥、発熱、麻痺、浮腫。(太陽病)
  • 越婢加朮湯
    • 身体痛、自汗、浮腫、小便不利。(太陽病)
  • 麻黄湯
    • 身体痛、頭痛、発熱。(太陽病)
  • ヨクイニントウ
    • 身体痛、腫脹・熱感・疼痛。(少陰病)
  • 防已黄蓍湯
    • 身体痛、上半身、足がむくむ。(太陰病)







関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査