ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


抑肝散加陳皮半夏



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告



(ヨッカンサンカチンピハンゲ)
抑肝散加陳皮半夏

・癇(カン)神経衰弱・脳出血血の道症



抑肝散加陳皮半夏
(応用)

①頭がふらつく

②イライラ

③陰痿

④ウツ病

⑤怒りっぽい

⑥肩こり

⑦更年期障害

⑧恐がり

⑨四肢痿弱

⑩小児の夜泣き

⑪自律神経失調症状

⑫心悸亢進

⑬神経衰弱

⑭神経症

⑮頭痛

⑯全身の倦怠感

⑰立ちくらみ

⑱血の道症

⑲疲れやすい

⑳テンカン

㉑動悸

㉒眠りが浅い

㉓ノイローゼ

㉔脳出血

㉕パーキンソン

㉖ヒステリー

㉗ひきつけ

㉘不安感

㉙不眠症

㉚腹部軟弱

㉛めまい

㉜老人性痴呆



(抑肝散加陳皮半夏の目標)
  • 虚弱体質で怒りっぽい人の、以下の症状・疾患に用います
    • ・「不眠」
      ・「ひきつけ」
      ・「動悸」
      ・「更年期障害」
      ・「神経症」
      ・「夜泣き」など


(副作用)
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー


(注意)
  • (消化器)
    食欲不振・胃部不快感・吐き気・下痢




抑肝散加陳皮半夏(腹証)
  • 臍の佐の近辺より心下までも動気の盛なるは、肝木の虚に痰火の甚だしき証。北山人当に抑肝散に陳皮(中)半夏(大)を加うべし。験を取ること数百人に及ぶ。《浅井南溟》


(参考)
  • 肝経の虚熱、を発し、或いは発熱咬牙、或いは驚悸寒熱、或いは木土に乗じて嘔吐痰涎腹脹食少なく、睡臥不安なるものを治す。
  • 抑肝散は四逆散の変方で、虚状の小児急驚風とて脳神経の刺激症状を鎮める剤である。肝部の虚熱脈弦で左の脇腹が拘攣するのを目標とする。左腹拘急して四肢筋脈の攣急する病症、半身不随、神経衰弱等に用いられる。
  • 此症にて症状加わり左臍傍より心下にかけて大動気の起こるは肝木の虚、痰火盛なるものにて陳皮半夏を加える。その効著しく浅井南溟の伝えるところである。
    • 当帰=肝血を潤し
      =肝血を疎通し
      柴胡・釣藤鈎・甘草=肝気を緩む
      茯苓・白朮=水飲を消導する



抑肝散加陳皮半夏  (仁斎直指)
当帰3.0 釣藤鈎3.0 3.0
白朮4.0 茯苓4.0 柴胡2.0
甘草1.5 陳皮3.0 半夏5.0




(鑑別)
  • 抑肝散加陳皮半夏(少陰病)
    • 神経症状(顕著)、脈腹軟弱、腹直筋緊張無し、心悸亢進、恐怖、頭痛、上逆、眩暈、肩こり、不眠、全身倦怠

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(少陽病)
    • 神経症、驚狂、胸腹動悸、胸脇苦満

  • 半夏厚朴湯(太陰病)
    • 神経症、因中炙臠、胃腸虚弱

  • 加味逍遥散(厥陰病)
    • 神経症、多怒、腹部虚脹

  • 当帰芍薬散(厥陰病)
    • 神経症、貧血、冷え性





関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








ブログ病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved