ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



小建中湯



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告



小建中湯 (ショウケンチュウトウ)
小児夜尿症・虚弱児の体質改善・小児夜驚症・慢性大腸炎・ケイレン性便秘・過敏性腸症候群・胃十二指腸潰瘍



小建中湯
(応用)

①アデノイド

②足がケイレン

③インポテンツ

④胃アトニー

⑤胃潰瘍

⑥胃下垂

⑦胃酸過多症

⑧息切れ

⑨遺精

⑩萎縮腎

⑪ウツ病

⑫黄疸

⑬肩こり

⑭過敏性腸症候群

⑮体がだるい

⑯過労

⑰眼瞼炎

⑱肝炎

⑲肝硬変

⑳気管支喘息

㉑期外収縮

㉒虚労

㉓気力がない

㉔筋肉攣縮

㉕血小板減少性紫斑病

㉖結膜炎

㉗下痢

㉘眩暈(げんうん)

㉙脂肪肝

㉚夜尿症

㉛夜泣き




(小建中湯の目標)
  • 虚弱体質で疲れやすく、甘いのもが好きな人の、以下の症状・疾患に用います。
    • ・「神経質」
      ・「慢性胃腸炎」
      ・「貧血症」
      ・「頻尿」
      ・「腺病質」
      ・「夜尿症」
      ・「夜泣き」
      ・「動悸」
      ・「手足のほてり」

      など

(副作用)
  • 偽アルドステロン症
    ミオパシー

(注意)
  • 薬剤過敏症(発疹・発赤・かゆみ)



(原典)
  • 「桂枝(去皮)3両、甘草(炙)2両、大棗(擘)12枚、芍薬6両、生姜(切)3両、 膠飴1升」
    以上六味、以水七升、去滓、内飴、更上微火消解。温服一升、日三服。嘔 家不可用小建中湯、以甜故也。
  • 傷寒、陽脉、陰脉弦、法當腹中急痛、先與小建中湯。不差者、小柴胡湯主之。
    「桂枝(去皮)3両、甘草(炙)3両、大棗12枚、芍薬8両、生姜2両、膠飴1 升」
    以上六味、以水七升、煮取三升、去滓、内膠飴、更上微火消解、温服一升、 日三服。
    [千金療男女因積冷気滞、或大病後不復常、苦四肢沈重、骨肉疼、吸吸少氣、行動喘乏、胸満氣急、腰背強痛、心中虚悸、咽乾唇燥、面體少色、或飲食無味、脇肋腹脹、頭重不舉、多臥少起、甚者積年、軽者百日、漸至痩弱、五臓氣竭、則難可復常、六脉倶不足、虚寒乏氣、少腹拘急、羸瘠百病、名曰黄蓍建中湯、又有人参二両。」
  • 虚労裏急、悸、衂、腹中痛、夢失精、四肢酸疼、手足煩熱、咽乾口燥、小建中湯主之
  • 男子黄、小便自利、當與虚労小建中湯。
  • 婦人腹中痛、小建中湯主之
(参考)
  • 裏急し、腹皮拘急、及び急痛する者を治す。《吉益東洞》
  • 建中湯は《傷寒論》に其の証備らず、是を以て世医方意を獲ず、以て補剤と為す、故に其の施す所、竟に効なし、為則按ずるに此方は桂枝加芍薬湯に類するが故に諸病腹拘急して痛み或いは四肢痛する者を治す。《重校薬徴》
  • 此方は中気虚して腹中の引っ張り痛むを治す。すべて古方書に中と云うは脾胃のことにて、建中は脾胃を建立するの義なり。《勿誤薬室方函口訣》
  • 全体、腹くさくさとして無力、その内のここかしこに凝りある者は、此湯にて効あり。《勿誤薬室方函口訣》
  • 血管透過性亢進による出血、or黄疸、or筋痛。
  • 小建中湯は胃中を湿らせる方なり。《勿誤薬室方函口訣》
  • 此方、能く中気を建立す。故に之を建中湯と名くと。又、小と称するは、その大建中湯に比して作用緩和なるを以てなり。《奥田謙蔵》
  • 小建中湯、当帰建中湯、黄蓍建中湯、蓍帰建中湯などは腹直筋の拘急がひどくて、歩行困難、または歩行不能の者に用いて時に著効を得ることがある。その際疼痛のある場合があり、知覚麻痺を伴うこともある。《大塚敬節》
  • 腹直筋が軟弱無力のこともある《大塚敬節》



小建中湯傷寒論
桂枝4.0 生姜4.0 芍薬6.0
大棗4.0 甘草2.0 膠飴20.0



小建中湯
方剤分類 去寒剤
八綱弁証 裏寒虚
六淫
四傷
六経弁証 太陰病
衛気営血弁証 気分
三焦 中焦
方剤帰経 胃・小腸・三焦・大腸経
臓腑弁証 脾胃虚寒
効能 ・緩急止痛
・温中補虚
適応 胃十二指腸潰瘍
過敏性腸症候群
虚弱児体質改善
痙攣性便秘
小児夜尿症
小児夜驚症
慢性大腸炎



(鑑別)
  • 小建中湯(太陰病)
    • 虚寒、甘いもの好き、口乾、くすぐったがり、手足煩熱、小便頻数、疲れやすい、脈浮弦

  • 桂枝加芍薬湯(太陰病)
    • 腹直筋拘攣、裏急後重<軽>、腹痛

  • 黄蓍建中湯(太陰病)
    • 貧血、腹痛、四肢冷、食欲不振、自汗、脈細弱

  • 大建中湯(太陰病)
    • 裏虚証、腹痛、腸の蠕動亢進、手足冷、脈遅弱

  • 補中益気湯(太陰病)
    • 食欲不振、自汗盗汗、言語に力なし、臍辺動悸

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯(太陰病)
    • 発熱<不定期>、頭痛・めまい、動悸、自汗盗汗

  • 柴胡桂枝湯(少陽病)
    • 胸脇苦満<軽>、下腹部疼痛、脈浮弱

  • 六味丸(少陰病)
    • 腎陰虚、口渇、舌乾燥、多尿、小便不利
  • 当帰建中湯(少陰病)
    • 貧血、食欲不振、虚弱体質、腹痛、腰痛



関連情報 」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源








ブログ病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved