ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    




難聴



情報TOP




難聴の漢方薬
  1. 牛車腎気丸
  2. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. 大柴胡湯と小柴胡湯の中間程度の胸脇苦満があって、心下部に抵抗を触れ痞満し、臍上または臍傍に動悸を認め、腹部大動脈の亢進による神経症状があり、病気を気にし、のぼせ、不眠、煩悶の状あるものに(漢方診療医典)
  3. 三黄瀉心湯
    1. のぼせ気味で顔面紅潮し。不安、興奮し、心下部の痞えをおぼえ、気分の落ち着かぬというものに。実証で脈に力があり、便秘の傾向がある(漢方診療医典)
  4. 小柴胡湯
    1. かぜで熱があった後、あるいは咳嗽などが続いて難聴を起こしたとき、あるいは中耳炎後の難聴やアデノイドに伴うものなどにはこの証がある。多くの場合胸脇苦満を認め、心下部肝臓のあたりが硬く張っているので、この部のうつ熱を冷ますと良くなるものである。うつ熱が激しく口渇があるものに+石膏7.0g(漢方診療医典)
  5. 消風散
  6. 大建中湯
  7. 大柴胡湯
  8. 八味地黄丸
    1. 老人性難聴
    2. 神経性難聴に用いる《大塚敬節》
    3. 老人性感音性難聴に用いられている。腎虚、腹証ではとくに臍下不仁を目標に用いられる(漢方診療医典)
    4. 62歳男性。耳鳴り・難聴を主訴として来院した。筋骨質のよい体格で、色が浅黒く、大小便、食欲に異常はないが、夜間2~3回の排尿があるという。この患者に八味丸を与え、一旦は電話で通話出来るほどに回復したが、また元の通りに悪くなった。噂によると、八味丸で性欲が旺盛になり、疎遠になっていた妾の家に、しげしげと通っていたというから、悪化の原因がそんなところにあったかも知れない。そこで腎虚による耳鳴り、耳聾を治すと《衆方規矩》に出ている滋腎通耳湯に転方し、やや快方に向かうようにみえたが、ついに全治せず今日に至っている《大塚敬節》
  9. 防風通聖散
  10. 蔓荊子散
  11. 竜胆瀉肝湯
  12. 苓桂朮甘湯
    1. 重聴(はっきり聞こえない)等。《奥田謙蔵》
    2. 耳聾、火を瀉し、悸を鎮む、「+三黄湯」《方読便覧》
  13. 六味丸





難聴
難聴とは?
  • 耳の聞こえが悪くなる症状を「難聴」という。
  • 年を取るにつれて、高い音から次第に聞きづらくなる『老人性難聴』が一般的だが、先天的なものや、突然大きな音を聞いたり、病気やケガをしたことが原因になるもの、精神的なストレスやショックで起きるものなどがある。
    人間が音を聞く仕組みは次のようなものだ。音は空気の波として空中を伝わって来る。これが耳たぶで集められ、耳の穴から外耳道を通って鼓膜を振動させると、内側の3つの小さな骨(耳小骨)が振動を満たしているリンパ液に波をたてる。この波がカタツムリのよな形をした「蝸牛」を通り抜けるうちに、その中にある有毛細胞を刺激し、そこで起きた電気信号が神経を通じて脳に伝わって音を感じる。

  • 難聴のうち、耳小骨までの部分の異常で起きるものを『伝音性難聴』、内耳より後の過程で起きるものを『感音性難聴』という。大阪労災病院(堺市)の奥村新一・耳鼻咽喉科部長は「伝音性難聴は手術で治る場合や、補聴器を使って聴力を回復出来る場合が多い。しかし、感音性の難聴には、音を感じる細胞がダメになるものや、原因がよく分からないものも多く、完治は難しいのが現状です」と話す。

  • 難聴になると、ある特定の周波数の音が抜けたような感覚になり『ハヒフヘホ』が『カキクケコ』と、『マ』が『ナ』に、『ダ』が『ラ』と聞こえることがあります。普通は聞き間違えても脳の中で文脈の再構成をしますが、難聴になるとこれがしにくいのです





難聴の原因
  1. 先天性タイプ・・・1000人に1~2人
  2. 騒音や爆発音で耳を傷めたタイプ
  3. ヘッドホンで大きな音を聞き続けて、聞こえが悪くなったタイプ




難聴を引き起こす疾患
  1. アデノイド
  2. 外耳道疾患
  3. 耳管中耳カタル・中耳炎・中毒性内耳炎
  4. 耳硬化症
  5. 聴神経腫瘍
  6. 梅毒
  7. メニエール氏病
  8. 老人性難聴
  9. 中耳炎・内耳炎
  10. メニエール症候群
  11. 突発性難聴などで起きるタイプ





難聴の種類
老人性難聴
  1. 耳鳴りを伴うことが多い。
  2. 内耳~聴神経までが傷んでいる
  3. 65歳以上の1/2が罹っている
  4. 感音性難聴である
  5. 動脈硬化・脳血管障害・糖尿病などがあるとひどくなる
  6. 補聴器は耳鳴りを抑える効果がある
  7. 現代医療では治せない

伝音性難聴
  1. 外耳~中耳までの異常が原因
  2. 中耳炎などの疾患から起きる
  3. 物理的な伝搬経路が障害されるので、手術が有効な場合が多い

感音性難聴
  1. 内耳以降の神経に障害を起こしたもの
  2. 老化で起きることが多い
  3. 感音性難聴と伝音性難聴の区別は、骨伝導聴力を調べることで分かる。伝音性難聴では音の受容器に障害がないので、骨伝導聴力が小さくなり、感音性聴力では同じになる。(日本音響学会編「音のなんでも小辞典」p210)


薬剤の副作用で起きる難聴(薬剤による難聴
  • 「アシクロビル(ゾビラックス)」「シスプラチン」「PL顆粒」「ブロバリン」「リュープリン」






進行性難聴
イスラエルのテルアビブ大学と米ワシントン大学の共同チームは、40歳以上の大人に発症しやすい『進行性難聴』を引き起こす遺伝子を突き止めた。突然変異を起こした遺伝子が原因とみられ、人間が一定の年齢に達すると、この遺伝子が働いて難聴が進む。遺伝子の働きが詳しく分かれば治療法の開発につながるという。
この遺伝子は『DFNA15』と名付けられ、染色体上では先天性難聴を引き起こす遺伝子のすぐ近くにある。正常な部分と突然変異を起こした部分が対になっており、患者が18歳前後までは正常な遺伝子の働きで聴力を維持できるが、年齢を経ると突然変異を起こした遺伝子の働きが優勢になるという






低音難聴
低い音だけが聞こえにくくなる。

耳の中のリンパ液が過剰に分泌され、カタツムリの殻に似た「蝸牛」という器官周囲のリンパ管が風船のように膨らみ、音波による振動が少なくなり低い音の感受性に異常をきたす。
(症状)
  • 音楽を聴くと聞こえない音がある
  • 会話が聞きづらいことがある
  • 低音で大きな耳鳴りが続く
  • 水の中にいるように音がこもる
  • 耳鳴りはあるがめまいは無い。
  • 低い音が聞こえなくなった。

(原因)
  • 女子ホルモンのバランス
  • 自律神経のバランス
  • 精神的肉体的ストレス




遺伝性難聴
内耳の毛が異常だった
  • 2016年、神戸大学・京都大学のチームが解明。
  • 遺伝性の難聴は特定の遺伝子の異常で音をとらえる内耳の「毛」の形が崩れることが一因だった。
  • 遺伝性難聴
    • 新生児の約1000人に1~2人。
    • 原因遺伝子・・約100種類が特定されている。
  • 内耳には渦巻き状の管があり、内部の有毛細胞に生える「聴毛」が音の振動で揺れると電気信号が脳に伝わる。
  • 聴毛はアクチンという分子でできており、研究チームは、DIA1に異常があるとアクチンを聴毛に必要以上に供給し形を崩してしまうことを突きとめた。
  • チームは、原因不明の難聴患者1120人のの遺伝子を解析。
  • 2つの家系で「DIA1」という遺伝子に異常があるのを見つけた。
  • DIA1に異常があるマウスを作製。そのマウスは、年を取るにつれてすべての音域で音が聞き取りにくくなるのを確認した。




骨導聴力検査
検査で正確を期すなら骨導聴力検査
  • 「ピー」というかすかな音が聞こえたら、手元のボタンを押す。健康診断でおなじみの聴力検査の光景だ。
    音は空気の振動として、鼓膜、中膜、中耳、内耳へとつぎつぎに伝わっていく。
    振動は内耳で電気信号に変えられ、聴神経を経て脳に達する。ルートのどこかに異常があれば、音がよく聞こえなくなる。
    検査で使われるのは125ヘルツ(1ヘルツ=1秒間に1回振動)の低音から8000ヘルツの高音まで、7段階。1975年に国際的に統一された。
    健康診断などでは検査の効率を上げる為、普通は1000ヘルツと4000ヘルツの2つだけを調べている。
    慶応義塾大医学部の井上泰宏講師(耳鼻咽喉科)によると、年をとると高音が聞き取りにくくなることが多い。内耳に異常で難聴やめまいなどが起きる『メニエール病』は、逆に低音から聴力が落ちる。
    だが、こうした通常の検査だけでは、異常箇所の特定は難しい。正確な診断には耳の後ろの骨に振動を加え、音を感じるかどうかを調べる「骨導聴力検査」が不可欠だ。
    骨の振動は鼓膜や中耳を通さず、直接、内耳に伝わる。骨導聴力が正常なのに音が聞き取りにくければ、鼓膜や中耳に異常があるーーなどと原因が絞りこめる。
    「ただ音が聞こえるのと言葉が聞き取れるのは別の問題。この点を良く理解してほしい」と井上さん。言葉は高低さまざまな音が混じり合っている為、高音の聴力だけが落ちても、正しく聞こえなくなる。補聴器は不必要な音まで増幅してしまうこともあり、井上さんは「聴力が落ちている人にはゆっくり話しかけることが大切だ」と話す





難聴向けスピーカー
  • 音声の周波数のうち難聴者が聞き取りにくい子音部分増幅することで、補聴器が無くても聞き取れるようになる。
  • 九州大学大学院医学研究院のチームが性能を評価。

  • サウンドファンが開発したスピーカー。
  • 振動板の曲面全体から音を発生するスピーカーで、蓄音機の仕組みを応用した。
  • ピストン運動で振動板を動かす一般的なスピーカーに比べて音に指向性があり、小さな音でもしっかり聞こえる。


聴神経の機能を再生
  • 2015年、京都大学の関谷徹治研究生らが開発。
  • 6/16、米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載
  • 耳の神経が死ぬと、瘢痕と呼ぶ硬い組織ができる。神経の元となる前駆細胞を瘢痕化した組織へ注射すると、瘢痕表面に漏れ出た前駆細胞が自然に中に入り込み、生着する現象を偶然見つけた。
  • 17匹のラットの耳の後ろに穴を開けて聴神経をつぶし、生じた瘢痕組織の表面に、別のラットから取って培養した神経の前駆細胞を約12000個置き、傷口を閉じた。3ヶ月後に調べたところ、10匹の聴力が回復し、聞き取れる音量の下限が約50dB(デシベル)から35dB(デシベル)まで下がった。



チェック
関連情報
突発性難聴」「薬剤性難聴 」「老人性難聴」「めまい



TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸よく使う漢方薬