ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ナトリックス



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





降圧利尿剤
一般名 インダバミド


「テナキシル」「ナシンドレン」[ナトリックス



◎腎臓に作用して尿量を増し、余分な水分・塩分を排泄し、また血管の緊張を緩めて血圧を下げます。
◎遠位尿細管におけるNa,Clの再吸収を抑制して水の排泄を増加させる。





本態性高血圧症






1.アステミゾール投与中の者。
2.急性腎不全の者
3.体液中のNa・Kが減少している者。
4.チアジド系薬に過敏歴がある者。
5.テルフェナジンを投与中の者。
6.無尿の者。







1.ACTHを投与中の者。
2.下痢・嘔吐中の者。
3.減塩療法を実施中の者。
4.交感神経を切断後の者。
5.高カルシウム血症の者。
6.高齢者
7.ジギタリス製剤を投与中の者。
8.重篤な冠硬化症の者。
9.重篤な肝疾患・肝障害の者。
10.重篤な腎障害がある者。
11.重篤な脳動脈硬化症の者。
12.進行した肝硬変症の者。
13.心疾患のある高齢者。
14.糖質副腎皮質ホルモン剤を投与中の者。
15.乳児。
16.副甲状腺機能亢進症の者。
17.本人や血族に痛風糖尿病患者がいる者。



1.アヘンアルカロイド系麻薬との併用で起立性低血圧が増強する。
2.ACHTとの併用でカリウム放出が過剰になる。
3.アルコールとの併用で起立性低血圧が増強する。
4.ツボクラリン及びその類似作用物質との併用でその麻薬作用が増強する。
5.糖質副腎皮質ホルモン剤との併用でカリウム放出が過剰になる。
6.糖尿病薬の作用を減弱する。
7.ノルアドレナリン等の昇圧アミンとの併用で、昇圧アミンに対する血管壁の反射性が低下する。
8.バルビツール酸誘導体との併用で起立性低血圧が増強する。
9.リチウムとの併用でリチウムの毒性が増強する。




妊婦へ
の影響
授乳中止





ナトリックスの副作用(五十音順)
  1. 胃部不快感
  2. 胃が重く感じる。
  3. イライラ感
  4. AL-P上昇
  5. 悪心
  6. 嘔吐
    過敏症 発疹
    湿疹
    掻痒
    紅斑
    顔面紅潮
    光線過敏症
    →中止

  7. 肝障害
  8. 顔面紅潮。
  9. クレアチニンが上昇。
  10. 血小板減少・・・・→中止
  11. 血中カルシウムが上昇する。
  12. 眩暈
  13. 倦怠感
  14. 口渇
  15. 高Ca血症・・・→減量又は休薬
  16. 高血糖症。・・・→減量又は休薬
  17. 高尿酸血症。・・・→減量又は休薬
  18. 光線過敏症
  19. GOT上昇
  20. GPT上昇
  21. シビレ感(下肢)
  22. 食欲不振
  23. スティーブンス・ジョンソン症候群・・・中止
  24. 頭痛
  25. 頭重
  26. 総コレステロールが上昇・・・→減量又は休薬
  27. 多形滲出性紅斑・・・中止
    多形滲出性紅斑 紅斑
    掻痒
    粘膜疹
    →中止し処置
  28. 中性脂肪が上昇・・・→減量又は休薬
  29. 低Cl性アルカローシス・・・→減量又は休薬
  30. 低カリウム血症・・・→減量又は休薬
  31. 低ナトリウム血症・・・→減量又は休薬
  32. 尿素窒素が上昇。
  33. 白血球減少・・・・→中止
  34. BUN上昇
  35. 頻尿
  36. ふらつき
  37. ほてり
  38. ねむけ
  39. 白血球減少
  40. 便秘
  41. 発疹。
  42. 耳鳴り
  43. 夜間尿



関連情報 高血圧
降圧利尿剤






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査