ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ねあせ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




ねあせの漢方薬
  1. 加味逍遥散
  2. 滋陰至宝湯
  3. 炙甘草湯
  4. 十全大補湯
  5. 知柏地黄丸
  6. 天王補心丸
  7. 補中益気湯
  8. 六味丸





ねあせ(寝汗)
寝汗がすぐに病気のサインとはいえないことが多い

発汗には体質が大きく影響する。

子どもは代謝が旺盛なこともあって、大人に比べて発汗量が多い。
特に乳幼児は体温が自律神経や環境温度の影響を受けて変動しやすいので、病気でなくても寝汗をかくことがある。

  • 従って、
  • 寝汗がすぐに病気のサインとはいえないことが多い。

寝汗の原因を考える上で
大切なものは、他の症状を伴っているかどうかである。
  • 発熱の有無、顔色の良しあし、脈拍の速さや呼吸の状態については最低限チェックしたい。
    熱があったり、顔色が悪かったりすると、その影には病気が潜んでいる。
    悪い夢を見たり、何かのストレスで良い睡眠がじゃまされたりしている時にも寝汗がみられるが、長時間続くことはない。


慢性的な病気のために寝汗が続くこともある

幼児や学童では扁桃腺が大きいため睡眠中の呼吸が苦しそうに見えることがあり、寝汗をかきながら時に無呼吸状態に陥る。
肥満や著しい痩せに関係する慢性的な寝汗は、代謝や呼吸循環に関する病気の可能性がある。




寝汗の民間療法
アマドコロ・カキ・カニ・クコ・クワ・サンシュユ・サンショウ・シカ・シジミ・タンポポ・ツルドクダミ・ニラ・ヤマノイモ・リンドウ・ワタ






関連情報 盗汗」 
発汗異常」 
多汗」 
汗かき」 
倦怠感
」 
ムチ打ち症」 
「紅参」








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査