情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ネフローゼ






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







ネフローゼの漢方薬
ネフローゼ症候群
低タンパク血症
小児ネフローゼ
タンパク尿
腹水




ネフローゼ  nephrosis
  • 体がだるく、食欲が無く、口が渇き、水をかなり飲んでも尿があまり出ない。そのうちに、まぶたが腫れぼったくなり、足にむくみが出て、靴がはけなくなります。尿を調べるとタンパクが出ています。むくみがひどくなると、全身に及び、下肢や陰嚢などもむくみ、腹水が溜まり、皮膚は白ぶくれするようになります。

  • 高度のタンパク尿、低アルブミン血症、 高脂血症、著明な浮腫などを特徴とする腎疾患。
  • 腎糸球体の障害により血漿の透過性が高まり、尿中タンパクが高度(3.5g/日以上)になるため、血中のタンパクとくにアルブミンが減少する
    (血清タンパク6.0g/dl以下・アルブミン[3.0g/dl以下)。
  1. その結果、糸球体毛細血管の循環血液量が減少し、腎臓での水分・ナトリウムの排泄が阻害されて顔・足のむくみが生じる。
  2. アルブミンの減少とともに血中のコレステロール・中性脂肪が増加し高脂血症となる。
  3. この状態をネフローゼ症候群いい、
    1. 糸球体腎炎などを原因とする一次性ネフローゼ症候群と、
    2. 糖尿病慢性関節リュマチなどを原因とする二次性ネフローゼ症候群
    がある。


臨床分類
  1. 一次性ネフローゼ症候群(原発性糸球体疾患による)
    1. 微小変化群
    2. 巣状糸球体硬化症
    3. 膜性腎症
    4. メサンギウム増殖性腎炎
    5. 膜性増殖性腎炎
  2. 二次性ネフローゼ症候群(ほかの疾患に続発するもの)
    1. 全身性エリテマトーデス
    2. 結節性動脈周囲炎
    3. 糖尿病性腎症
    4. 多発性骨髄腫
    5. アミロイドーシス
    6. 先天性ネフローゼ


参考
  1. リポイドネフローシス・膜性腎症・膜性増殖性糸球体腎炎・巣状糸球体硬化症などの糸球体腎炎では、ネフローゼ症候群を呈することが多い。 
  2. 糖尿病SLEアミロイドーシスなどによる糸球体病変でも、尿に大量のタンパクが失われネフローゼ症候群を示すことが多い。
     (金芳堂「内科診断学」P717参照)

(副作用でネフローゼに)
  • 「イブプロフェン」「インドメタシン」「エンブレル」「ディオバン」「ブルフェン」「ペンタサ」「ボルタレン」「ロキソニン






高度タンパク尿を呈する腎疾患である。
その結果、[浮腫][尿量減少][高脂血症]をきたす。
ネフローゼ症候群は、高度のタンパク尿、低タンパク血症があり、高脂血症と強い浮腫が見られることが多い。



ネフローゼ症候群の原因疾患として、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、巣状糸球体硬化症などがあり、二次性ネフローゼ症候群の原因疾患として、糖尿病性腎症、ループス腎炎、アミロイド腎炎などがある。(漢方診療医典)



(1)1日3.5g以上の持続性のタンパク。
(2)低タンパク血症。
(3)浮腫
(4)高脂血症。

尿検査・・・・タンパクの有無
血算・・・・・潜血
尿タンパク定量
24時間Cr
BUN
Cr
尿量
血清総タンパク・・・・6g/dl以下
アルブミン・・・・・・・・3g/dl以下
尿NAG・・・・増加(高度のタンパkプ尿で)
尿β2-ミクログロブリン
血清β2-ミクログロブリン
血清脂質・・・・総コレステロール・・・・250mg/dl以上









を合併
タンパク尿と高脂血症を指摘され大学病院を訪れた。話を聞くと、最近、しばしば夕方になると下肢のむくみがあることに気づいていたという。
起床時に顔がはれぼったいことは無いかと尋ねたら、「気にはしていないが、ある」と答えた。検査の結果、1日に4gものタンパクが尿に漏れ出ており、血中コレステロールは血液1cc当たり382mgと高い値を示した。
血中タンパクの主成分であるアルブミンが健常者の半分程度しかなく、ネフローゼ症候群と診断された。
ネフローゼ症候群は、種々の腎臓の糸球体病変で起こる。その組織病変よりごく軽症なものから、腎機能障害を生じ最終的には腎不全に至るものまで様々である。Dさんの場合、腎の組織を特殊な針で採取し病理検査すると、巣状糸球体硬化症であった。
この病気は急性にも慢性にも発症するが、ネフローゼ症候群によく効くステロイド剤が役に立たないケースがしばしばある。経過は5年~20年まで再発を繰り返し、3~4割の方が腎機能障害から腎不全に陥る。
一方、高コレステロール血症(高脂血症)はネフローゼ症候群患者に必ず見られれる合併症だ。
<1>最近、この高コレステロール血症が糸球体のメサンギウム細胞の障害と増殖を引き起こし、腎障害を助長することが分かってきた。
<2>さらに、コレステロールを是正すれば腎障害が防御できるという実験結果があり、実際に患者にコレステロール合成阻害剤を投与して腎機能障害を軽減したとの報告もある。
<3>また、悪玉コレステロールである超低比重リポたんぱく(LDL)を直接取り除くLDLアフェレーシスという治療法により、血液中のLDLを50%減少させるとタンパク尿も激減することが分かってきた。
「アフェレーシス」とは、患者さんの血液中から不必要な成分(ここでは悪玉のLDLコレステロール)を取り除いて、浄化した血液を再び患者さんに戻すことです




ネフローゼ症候群」「低タンパク血症」「小児ネフローゼ」「タンパク尿」「腹水






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査