情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ねこ(猫)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)



ネコひっかき病
トキソプラズマ症
慢性疲労症候群
イヌ
音楽療法




ネコ
分類 1.界・・・・・動物界 Animalia
2.門・・・・・脊索動物門 Chordata
3.亜門・・・脊椎動物亜門Vertebrata
4.綱・・・・・哺乳綱Mammalia
5.上目・・・ローラシア獣上目Laurasiatheria
6.目・・・・・ネコ目(食肉目)Carnivora
7.亜目・・・ネコ亜目Feliformia
       イヌ亜目Caniformia




ねこ
  • 幼少時に口にしたものしか食べない性質がある。
  • ネギ類を食べると、血液中の赤血球が破壊されて健康被害を生じる(ネコ・イヌ)
  • ネコを、たとえば、縦ジマしかない部屋で育てられると、、ネコは縦ジマしかみえなくなっちゃう。大脳の神経細胞を調べると、ふつうならば、縦ジマに反応するニューロン、斜め30度に反応するニューロンなど、いろいろな線分方向に反応するニューロンが見つかる(中略)、さて縦ジマしか見えないネコの足元につっかえ棒を置いておくと、このネコは横方向の線は見えないから、つまずいてコケちゃう(池谷裕二著「単純な脳 複雑な「私」p113〜)
  • ネコは鏡を見て自分と認識できない。
    もともと乾燥地帯で生息していた。

  • 人間や霊長類と違い、視覚より聴覚で多くの情報を得ています。視界の悪い場所でも音を頼りに待ち伏せして狩をしてきた。

ネコの発情は年に2回やってくる。
  • ネコは交尾排卵する動物なので妊娠しなければ期間中くりかえし発情行動が起こる。

100Hz・・・呼吸困難に有効(ネコ)
  • ネコが呼吸も出来ないような状態の時にゴロゴロ声を出して自分で治し、翌日にはエサを食べた。ネコのゴロゴロは100Hzまで出る。」

  • 振動を自然界では、ヘルツという単位であらわします。
    1ヘルツ(Hz)は、一秒間に1振動する音です。
    1キロヘルツ(KHz)とは、一秒間に1000振動する音のことを言います。







野良猫に餌を与える行為により、糞尿の悪臭で精神的苦痛を被った」などとして、神戸市のもと居酒屋店主らが近くに住む住民4人に500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2003年6/11、神戸地裁であった。前坂光雄裁判官は「異臭は我慢の限度を越え、エサを与え続ける行為は違法」として、4人に計150万円の支払いを命じた。
判決によると、4人のうち2人は自宅近くの空き家で野良猫にエサを与え続けるなどし、2001年頃には10匹前後に増えた。もと店主の自宅などに入り込み、排泄した糞尿により店に悪臭が漂うに様になった。
裁判官は「都会では他人に不快感を与えない配慮が当然要請される」としたうえで「ネコ嫌いの人が不快感を味わっている場合には給餌を注しすべきだ」と判断した。
元店主側はこのトラブルを巡って2001年、神戸地裁に調停を申請。その際、4人から名誉を傷つける行為を受けたことも裁判官は認定し賠償額を算定した








ネコの肉球
  • ・汗をかいて熱を発散させる唯一の場所
  • ・肉球からフェロモンを出す

風呂嫌い
  • 毛に油分が少ないので風呂嫌い。
  • 狭い湯船につけると良い(狭いところが好き)。

尾っぽが曲ったネコ
  • インドネシアに尾曲ネコが多いという。
  • 長崎のネコに多い。






サーズSARS」のウイルスがネコに感染する

鳥インフルエンザ
  • 2006年2/28、ドイツのフリードリッヒ・レフラー研究所は、北部バルト海のリューゲン島で先週末に死骸で見つかった1匹の猫から高病原性の鳥インフルエンザH5N1型ウイルスの感染を確認したと発表。
    ほ乳類への感染例はドイツでは初めて。
    人にも感染するウイルスかどうか調査中。
    ウイルスに感染した鳥を食べたネコへの再感染はアジアですでに報告されている

アレルギー
  • 米バイオベンチャーのA社(カリフォルニア州)はアレルギーを引き起こさないネコを作ることに成功した。アレルギーの原因物質を作る遺伝子を特定し、この遺伝子を持たないネコを掛け合わせた。
    アレルギー反応を引き起こす原因はネコの唾液や皮膚に含まれるネコ抗原(Fe1D1)と呼ばれるアレルギー誘導物質。
    A社はバイオ技術を使ってFe1D1を生産する遺伝子を特定。この遺伝子を持たない突然変異のネコを探した。猫アレルギーは鼻水やクシャミ・皮膚のカユミなどを伴う米国アレルギー・喘息・免疫学会(AAAI)によると、米国の猫アレルギー人口はおよそ3000万人。
    子猫はワクチン接種や不妊手術をすませた状態で引き渡される。獣医による健康証明と1年間の保証が付く。

アルツハイマー
  • 2012年、長崎県対馬に生息する国の天然記念物のツシマヤマネコで、アルツハイマー病の患者と同じような脳の変化が起きたことを東京大学のジェームズ・チェンバーズ特任助教(獣医病理学)らの研究チームが発見し、米オンライン科学誌に発表した。
    病気などで死んだ山猫の解剖で判明した。
    チームは、ヤマネコ14匹のうち5匹の脳の神経細胞に、アルツハイマー病と同じような異常なタンパク質が蓄積しているのを確認した。
    5匹に認知症の症状が出ていたかどうかは不明だが、異常が見つかったヤマネコの多くは高齢とみられ、加齢に伴って進行する一般的なアルツハイマー病と似ていた。
    タンパク質の蓄積がハッキリ確認できたのはツシマヤマネコが初めてだという。





ネコの黄色脂肪症(イエローファット)
  • 昭和50年代は高価なペルシャ猫などから室内飼育が始まった頃である。
  • 手術で腹部を切開すると普通は白い皮下脂肪組織が現れるが、当時は黄疸でも無いのに時として黄色い脂肪を持つ個体が出現した。
  • イエローファットは魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)などの脂肪酸の酸化によって起こる。このため鮮魚店や寿司店で飼われ、青魚を主食としているネコにたびたび認められた。ビタミンE製剤を治療に用いた。
  • 現在、キャットフードにはもれなくビタミンEが添加してある。
  • 桜井富士朗・帝京科学大学教授


ホルモン異常が飼い猫に
  • 2016年、愛媛大の野見山桂准教授らのグループが、飼い猫の血中から高濃度の残留性有機汚染物質を検出し、甲状腺ホルモンへの影響を初めて確認した。
  • 甲状腺機能障害を起こす可能性がある。
  • 有機物質「ポリ臭素化ジフェニルエーテル」(PBDEs)は、難燃剤として広く使われるが、体内にとどまるとホルモン分泌に影響を与える。
  • グループがネコの血清55検体を調べたところ、PBDEsと、PBDEsが体内に取り込まれてできる物質が、ヒト血清の数倍〜数十倍検出された。
  • また、PRDEs濃度が高い血清ほど甲状腺ホルモンが少ない傾向も判明した。
  • イヌの血清検体も同様に調べたが検出されていない。
  • 国内の主要30種類のペットフードを調べると、天然のPBDEsが高い濃度で検出された。カツオやマグロを原料とするものほど高濃度で、ウエットフードの方がドライフードより高かった。




民間療法
F虫を殺す
耳聾に
乳労による癰の腐爛に
反胃を治す
咳喘で寝られない者を治す
難産の催生に使う






ブタの腎臓をネコに移植
  • 2010年東京慈恵会医科大学の横尾隆志・腎臓再生研究室長らは、ブタの胎児の腎臓をネコに移植し、ネコの腎臓に育てることに成功した。

    飼い猫の3割以上が慢性腎不全で死亡する。

    ブタの胎児から腎臓になる細胞を取りだし、ネコの腹部の脂肪に移植したところ、大きさ約1mmだった細胞が3週間後に約1cmになった。ネコの体内にある腎臓の幹細胞が血液を通じてブタの細胞に集まり、ネコの腎臓になった。
    特殊な薬を投与すればブタの細胞は無くなり、拒絶反応は起きない。


ネコひっかき病
トキソプラズマ症
慢性疲労症候群
イヌ
音楽療法








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査