ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    



眠りが浅い



情報TOP






眠りが浅い時の漢方薬
  1. 甘麦大棗湯
  2. 酸棗仁湯
  3. 炙甘草湯
  4. 釣藤散
  5. 天王補心丸
  6. 柏子養心丸
  7. 補中益気湯
  8. 抑肝散加陳皮半夏湯



満月は眠れない?
2013年、スイスのバーゼル大学などの研究チームが、健康な老若男女に月齢や時刻が分からない室内で寝てもらって、「満月は眠れない」のが本当かどうか実験を行った。 その結果、この傾向を裏付けるデータが得られた。 成果は米科学誌カレント・バイオロジー(電子版)に掲載。

実験は20〜74才の33人が対象。
夜11時台〜朝7時台までベッドで横になってもらい、脳波や眼球の動き、睡眠ホルモンのメラトニン分泌量などを調べた。

その結果、満月ごろの夜は新月ごろの夜に比べ、平均して眠り始めるのに5分多く時間がかかったほか、睡眠時間が20分少なくなり、深い眠りが3割減少していた。
気温と湿度


(寝床内気候)
気持ちよく寝られる気温と湿度
  • 気温・・・・33℃±1℃
  • 湿度・・・・50%±5%




睡眠時間
  • 最適な睡眠時間には個人差がある。

睡眠時間と死亡リスク(1960年代米国)
  • U字型の関係が報告された。
    7時間眠る・・・・・リスクが最も少ない
    短いほど・・・・・・リスク高くなる
    長くなるほど・・・リスク高くなる

肥満との関係(日本大学医学部)
  • 1999〜2006年、22000人
    5時間未満・・・・・1.36倍肥満になりやすかった。

高血糖のリスク
  • 5時間未満・・・・1.27倍血糖値が上がりやすい

血清中性脂肪値(厚生労働省研究班)
  • 5時間未満・・・・・高い
    6〜7時間・・・・・最も低い
    8時間以上・・・・・高い




寝不足 睡眠不足。
グッスリ眠れない。
→「マグネシウム不足
むずむず脚症候群かもしれない
西洋薬 催眠鎮静剤








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査