ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ニューレプチル



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





抗精神病薬 広告




強力な精神安定剤
一般名 プロペリシアジン
商品名 [アパミン][イリヤキン][ニューレプチル][プロペチル]
作用機序 ★中枢のD2-受容体及びα1-受容体を遮断する。
★脳の中枢に直接作用して、精神病に伴う自発性の低下・無為などの症状に用いる
効能・用途
(五十音順)
★精神分裂病。




使ってはダメな者

★エピネフリン投与中
★昏睡状態
★循環虚脱状態
★強力な中枢神経抑制薬を投与中。
★フェノチアジン類に過敏歴ある者。
★皮質下部の脳障害。
★エピネフリンとの併用はエピネフリンの作用が逆転する






が必要
栄養不良状態。
褐色細胞種
肝臓障害ある者。
ケイレン性疾患がある者・その既往歴がある者。
血液障害がある者。
高温環境にいる者。
高齢者。
呼吸器感染症。
心疾患がある者。
喘息(重症)の者。
脱水状態の者。
動脈硬化症の者。
肺気腫の者。
幼小児。



★以下の薬との併用は要注意。
中枢神経抑制薬
降圧薬
アトロピン様作用薬
★有機リン殺虫時との接触に注意。
★飲酒で相互に作用が増強する。
★リチウムとの併用で心電図に変化、重症の錐体外路症状、持続性ジスキネジアなど。
★ドンペリドン・メトクロプラミドとの併用で内分泌機能調節に異常、錐体外路症状を起こす。
★ドパミン作動薬との併用で相互に作用が減弱する。
★メチルフェニデートとの併用で血中濃度が上昇する。


妊婦への影響 投与しないことが望ましい。
服薬指導 眠気・注意力・集中力・反射神経の低下→自動車の運転などの危険な機械操作を避ける。




関連情報 抗精神病薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査