naoru.com/なおるコム/ナオルコム/ 毒をとってアウンの呼吸で元気にキレイになりましょう


ハダカデバネズミ


通 販 カタログ 病名(症状)



 



ガンにならない。
 ハダカデバネズミ


老いてもガンにならないだけでなく、長寿。

実験用マウスと体の大きさはほぼ同じであるにもかかわらず、寿命はマウス(寿命3.5年)の10倍近くも長いことになる。
  • 理化学研究所には37年生きているハダカデバネズミがいる。





心拍数が少ない
心拍数がマウスの1/3。

細胞分裂の速度がヒトやマウスに比べて非常に遅い。





ゲノム解読
2011年、米ハーバード大学と韓国、中国などの国際チームは、ハダカデバネズミの全遺伝情報(ゲノム)を解読した。
  • 成果はネイチャーに掲載。

ハダカデバネズミは
アフリカに生息するネズミの一種で、寿命が約30年、体毛が無く、酸素が少ない地下でも生息できる。


解析の結果、
ゲノムに含まれる遺伝子の数は2万2561個で、この中にハダカデバネズミの特有の遺伝子群が96種類見つかった。





 女王のふん
 アフリカの半乾燥地帯の地中に生息するハダカデバネズミの群れでは、妊娠中の女王のふんを他のメスが食べると、ふんに含まれる女性ホルモンの影響で子育てに積極的になり、出産と子育ての効率的な分業が成立することを麻布大学のチームが発見。

女王を頂点に役割が決まり、群れが1つの生き物のように振る舞う生態は哺乳類ではめずらしい。

ハダカデバネズミは数十匹の群れのうち、1匹の女王と数匹のオスだけが子づくりし、他は女王が出産すると赤ちゃんを温め、排泄を手伝う。
エサが少ない環境のため、糞に混ざった栄養も捨てないように、自分や仲間の糞を食べる。

子供を作らないメスに妊娠中の女王の糞を9日間食べさせると、その後に赤ちゃんの鳴き声に強く反応するようになった。




マウス

リケッチア

遺伝子組み換え

ワーファリン

スーパーラット






             通販カタログ
 ブログdraun    副作用
  ブログ(google)   ツムラ番号 
     
 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved