ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



日本漢方



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)





日本漢方の特質
普通漢方というと現在、中国で行われている中国の伝統医術と同じものと思っている向きも多いようであるが、それは、とんでもない間違いである。


我が国の医術は、鎌倉時代に中国の伝統的な医術から脱皮する萌芽見られ、室町の中期に医聖《曲直瀬道三》がでて、中国の伝統的な医術から脱皮して、我が国独自の医術体系をつくっている。

そして、この道三流の医術が全国を風靡して、徳川の中期に及んだが、徳川の中期に医傑《吉益東洞》が出て、この道三流の医術に真っ向から反対し、厳正な批判を加え、我が国の医術は古代の漢方に復古すると同時に、我が国、独特の漢方がうち立てられた。

それ故、我が国の漢方はまったく現在の中国の伝統医術とは別のものであることを知らねばならない。それはあたかも現在の日本の文章が、漢字や漢語と用いて書かれて居るけれども、訓み方も、使用法も、中国とは全く違っているのと同じことである。
(中略)





中国には医学を創始した医祖神が二柱ある。
  • 神農と黄帝である。

神農系の医学は不老長寿を目的とする医学で、
黄帝系の医学は純粋に疾病を治療するための医学である



病がなければ人間は天寿を全うして長生きできる訳ではあるが、不老長生ということと疾病を治療するということは、厳密に区別しなければならない。(中略)


中国では、この二つの医術は後漢の頃までは、ハッキリと対立していた。

そして神農系の医学は神農の易学によって体系づけられ、黄帝系の医学は黄帝の易学によって体系づけられていたのである。
(易)
  • 伏羲が八卦を画し、文王がこれを演べて64卦とし、
    文王と周公が卦爻の辞(彖辞と爻辞)を作り、孔子が十翼を作った。


◎易には3つあった。
@ 『周易』
A 『連山
B 『帰蔵
「周礼(シュウライ)春官大トの職には、三易の法をつかさどる」
易は陰陽の変化を以て天地人三才の道を演べたもの。
現在、伝わっているのは周易。



現存する『易経』によると、易には三種あって、「連山」と「帰蔵」と「周易」だとされているが、「周易」は神農易を母胎とするもので、黄帝易は現在の『易経』の説卦伝中に述べられている易説であることがわかる。その思想体系が全く違っているのである。


神農系の易学は現存の『易経』の思想体系と同じで[有]の哲学であり、陰陽の二元が四象に分れ、その四象がさらに八卦に発展し、この八卦を重ねて陰陽が六十四卦に変化して、宇宙万物の実相が明らかにされるというものである。



これに対して、黄帝の易学は[無]の哲学である。
宇宙万有は無というものが、活動が太始、太初、太素などの経過を経て陰陽未分の渾沌の気を生じ、この気が分かれて陰陽が生じ、この陰陽から三陰三陽に発展し宇宙の万物が発達すると説くのである。
  • (中略)

吉益東洞
  • 我が独自の医術は、徳川の中期に出現した医傑《吉益東洞》によって創始された。(中略)東洞の医学は壮観である。彼は宋・元の後世医学を排斥して、漢の古方に帰れと説くばかりでなく、漢の古方の医説さえ批判して、さらにこれを乗り越えた。

医の術は方のみ、方に古今なし、ただに随って方を選用し、証が去って病が治すればそれで良いと言い

また病因病名に拘らない。(病因=六淫・四傷)

万病は唯一毒であると主張したのである
  • このような考え方は古今東西にないことである。しかも彼は、この自説を実践して奇蹟的効果をあげている。
    (荒木正胤著「月刊・薬事」十五巻五号参照)










日本漢方の特徴1つのに、腹診を開発したことがあります。
中国漢方には無く、西洋医学の腹診とも、その方法や目的が異なります。
多くの天才を輩出した江戸時代に確立された腹診は、「気」の流れと、虚実の判断を可能にする事で随証療法の精度を高めました。
東洋医学

吉益東洞のいう「古方」とは、「傷寒論」や「金匱要略」に記載された処方のみを用いることではなく、張仲景の医論である「方」と「証」を対比させた治療法則をもつものを古方といっている。

古方と後世派では「陰虚」の意味が違う。
古方の漢方処方


・いろいろな病気の症状・経過・適用すべき方剤などを、重症の傷寒と軽症の中風とを例にとりながら、説いたのが《傷寒論》。

早くから臨床医学の宝典として珍重され、《黄帝内径》とともに後世の医家に用いられた。

わが国近世中期に、傷寒論にもとづく医学理論を重視した学派を古医方という。
もとは《傷寒卒病論》十六巻。
現行本は、晋の王叔和の改編を経て、北宋の治平年間(1064〜67)に改訂されたもの
漢方書籍




人名(敬称略)














相見三郎
高橋口海
山田光胤
大塚恭男
寺師陸宗
藤井美樹
宮坂光洋
岡部正憲
松田邦男
清水藤太郎
荒木性次
木村康一








和田正系
藤平健
伊藤清夫
小倉重成










矢数道明→
矢数有道
中島紀一
木村佐京
矢数圭
室賀昭三
菊谷









木村長久
高橋道央
安西安周






柴田良治
西山英雄







坂口弘
陰虚」について





チェック
関連情報
東洋医学」「病位」「病質
熱証・寒証」「実証・虚証」「「陰虚
漢方医学」「医食同源」「古方の漢方処方」「韓国漢方
臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬
傷寒論漢方3000処方
6つの物質










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査