ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




任脈(CV)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)



針灸のツボ
脊椎と器官
足の関節
五行色体表
六十四卦

広告






<14>Conception Vessel (任) (24穴)

任脈とは、
  • 生殖器内部から起こり、会陰に出て、腹部正中線を上行する。
    口唇下部で2枝に分かれ、顔面を上行して目に入る。



任脈の流注
  • 任脉は、中極の下すなわち会陰(CV-1)より起こり、前に行きて陰阜(阜=おか)の毛際に上り、曲骨(CV-2)を循り、中極(CV-3)に至り、関元(CV-4)に上りそれより腹部正中線を上行する。
     すなわち石門(CV-5)・気海(CV-6)・陰交(CV-7)・神闕(CV-8)・水分(CV-9)・(CV-10)・建里(CV-11)・(CV-12)・(CV-13)・巨闕(CV-14)・鳩尾(CV-15)・中庭(CV-16)・チ中(CV-17)・玉堂(CV-18)・紫宮(CV-19)・華蓋(CV-20)・(CV-21)を経て、天突(CV-22)・廉泉(CV-23)の間において咽喉部を循り、上ってZ部(Z=オトガイ)の承漿(CV-24)に至り、下唇をめぐり口角をめぐりて上唇の齦交GV-28(柱)(=はぐき)において督脉と会し、鼻翼の外方より眼下の承泣(ST-1)に至り、以て目に入る






経穴名 適応する症状・病名




CV-1
(エイン)(Huiyin)
(効能)
  1. 意識をハッキリさせて、蘇生させる
  2. 便と病の出をよくする。
(主治)
痔、陰道炎、陰茎痛、閉経、遺精、子宮脱、溺水窒息。

意識障害、精神不安、小児のひきつけ、大小便不利。

溺水/窒息/失神

○会陰部の中央
○知覚神経(陰部神経)
○会陰筋

(取穴)
会陰部で♂は陰嚢根部と肛門を結ぶ線上の中点。♀は後陰唇交連と肛門を結ぶ線の中点。

直刺0.5〜1寸




CV-2
(キョッコツ)(Qugu)
(効能)
  1. 尿の出をよくする
  2. 月経を調整して痛みを止める
(主治)
遺尿、小便不利、陽痿、遺精、白帯(多い)、子宮退縮不全、会陰掻痒

膀胱炎、尿道炎、遺尿、勃起不全、月経痛、月経不順。

手術後の排尿困難

(取穴)
前正中線上で、恥骨結合の上際にとる。
恥骨結合の上に曲骨をとる。(古代、恥骨を曲骨という)
下腹部、前正中線の上で恥骨結合の上縁。

○恥骨の上際中央
○知覚神経(腸骨下腹神経前皮枝)
○白線

直刺0.5〜1寸





CV-3
(チュウキョク)(Zhongii)
(効能)
  1. 尿の出をよくする
  2. 腎を暖めて陽気を補う
  3. 月経を調整しておりものを止める。
(主治)
膀胱疾患、婦人病、生殖器病、坐骨神経痛、下肢リウマチ、頭重。

遺精、勃起不全、月経不調、不妊症、陰部瘡瘍、おりもの。
(配穴)
「中極+子宮」(月経不調、不妊症)

○朝の目覚めに体がだるいという。「中極へ灸するといい。中極は膀胱経だから」。灸すると朝から目覚めよく、頭が爽快になったという。中極は膀胱経の募穴だから、膀胱系全体にひびく。そうして頭の大半は膀胱経の絡うところである。
手術後の排尿困難

○恥骨の上方1横指
○知覚神経(腸骨下腹神経前皮枝)
○白線

膀胱経の募穴

(取穴)
下腹部の前正中線の上、へその中央から下に4寸。

直刺0.5〜1寸





CV-4
(カンゲン)(Guanyuan)
(効能)
  1. 元気を養い、補う。
  2. 月経を調整しておりものを止める。
(主治)
小腸・膀胱の疾患。
婦人病一般、腹膜炎、腹痛、白帯(多い)、急性関節リウマチ、精力減退。陽痿
遺尿、尿閉、頻尿、排尿痛、回虫症

不妊症、おりもの、性欲減退、勃起不全、頻尿、脱肛、糖尿病、排尿障害。

養生/強壮作用

○恥骨の上方2横指
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

小腸経の募穴
元気の関所の意味。
(取穴)
下腹部、前正中線上、へその中央から下方に3寸。

直刺0.5〜1寸



CV-5
(セキモン)
(Shimen)
(効能)
  1. 気の巡りを改善し、
  2. 痛みを止める
  3. 津液がよく流れるようにする。
(主治)
腹部膨満、水腫、小便不利、崩漏、閉経、白帯(多い)、

下痢、心悸亢進、浮腫。
(配穴)
「石門+商丘」(少腹痛に)

避妊作用

(取穴)
前正中線上で神闕の下2寸にとる。


○臍の下2横指
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

三焦経の募穴
古代、無月経・不妊症の婦人を石女という。
石門は妊婦に禁鍼なので、名づけられた。
別名は「丹田」ともいう。

直刺0.5〜1寸




CV-6
(キカイ)(Qihai
(効能)
  1. 陽気を補って気を増す
  2. 月経を調整する
  3. 精のもれを防ぐ。
(主治)
下焦の原気を充実させる。
腸疾患一切、腹膜炎、盲腸炎(急性には20〜50壮)、泌尿器疾患、生殖器疾患、
腰痛、不妊症、下腹痛、神経衰弱。
内臓の虚弱からくる一切の元気不足症。
衰弱した疾患に第一に応用。遺尿、遺精、神経衰弱
月経不調、閉経、おりもの、勃起敷衍、下腹部痛、浮腫、下痢、ぜんそく。
(配穴)
「気海+足三里」(尿路疾患)

喘息の起座呼吸に

(取穴)
前正中線上で、神闕の下1寸5分にとる。

○臍の下1横指半
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

元気、腎の精気の集まるところを気の海という。
(取穴)
下腹部、前正中線上で、へその中央から下に1.5寸。

直刺0.5〜1.5寸




CV-7
(インコウ)
(Yinjiao)
(効能)
  1. 月経を調整し、おりものを止める。
  2. 水分を排出して腫れを抑える。
(主治)
腎臓炎、腸疝痛、腹膜炎、下痢。

月経不順、おりもの、不正性器出血、腹痛、
胃炎、浮腫、そけい部の疼痛。
(配穴)
「陰交+承山」(胸のつかえ)

○臍の下1横指
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

(取穴)
下腹部の前正中線上でへそ中央から下に1寸。

直刺0.5〜1寸




CV-8
(シンケツ)(Shenque)
(効能)
  1. 陽気を補う
  2. 水分を排出する
  3. 脱肛を治す
  4. 腸を整えて下痢を止める。
(主治)
臍あたりの腹痛、腸鳴、下痢、虚冷症、体力衰弱、水腫。
浮腫、下痢、腹痛、脱肛、てんかん。

養生/強壮作用

○臍の正中
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

(配穴)
上腹部、へその中央。

「闕」は宮殿の門、神は生命の意味である。臍帯をとおして胎児に母体から精血を授け、神ー生命体を形成する「神気の出入り」を表す。

「神闕」=両腸骨稜の最高点を水平線で結び、前正中線と交わるところに神闕をとる。




CV-9
(スイブン)
(効能)
  1. 津液がよく流れる様に調整する
  2. 気のめぐりを良くし、痛みを止める。
(主治)
胃内停水、小便不利、腎臓炎、下痢、腹膜炎、腹水、遺尿症。
腸内の水分の吸収と排泄に特効あり。

浮腫、顔面浮腫、胃内停水、下利、腹部腸満

○臍の上1横指
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線



直刺0.5〜1寸


CV-10
(ゲカン)Xiawan
(効能)
  1. 脾を回復させ、胃の機能を改善
  2. 上がった気を下ろし、嘔吐を止める。
(主治)
[気海]と共に下焦の病を治す。
腎臓疾患、膀胱疾患、腰痛、生殖器疾患、下肢の病気、胃アトニー、糖尿病。

胃部の膨満感、嘔吐、しゃっくり、消化不良、下痢。

○臍の上2横指
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白隔線

(取穴)
上腹部の前正中線上、へそ中央から上方に2寸。

直刺0.8〜1.5寸




CV-11
(ケンリ)(Jianli)
(効能)
  1. 脾を回復させ胃の機能を改善
  2. 上がった気を下ろし、水分を排出する。
(主治)
胃痛、嘔吐、消化不良、胃下垂、水腫、腸炎

食欲不振、腹部腸満、浮腫。
(配穴)
「建里+足三里」(慢性下痢に)

胃腸の養生穴

○臍の上3横指
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

直刺0.5〜1寸



CV-12
(チュウカン)(Zhongwan)
(効能)
  1. 脾を回復させ、胃の機能を改善する
  2. 腑気を通じさせる。
病気は気を病むと書く。気は三焦にあるのです。人間の精神を丹田に収めるには、先ず三焦を調えなければなりません、その三焦を調えるにはどうしても陽池(TE-4手少陽三焦経 )とが要る。
(主治)
中焦の病を治す。
胃カタル、胃痙攣、胃酸過多、胃下垂、胃アトニー、食欲不振、十二指腸潰瘍、肝臓及び胆嚢の疾患、糖尿病、つわり、子宮の位置不正。

心悸亢進、蔵そう、精神不安、てんかん。
(配穴)
+腕骨」(嘔吐に)

疝気というのは気の滞りです。疝気が悪いとガスがたまっていけません。疝気を治すには、手の陽池と腹のへ灸すればよい。
胃下垂も胃拡張もでなおります(沢田流)

うつ症状/不眠症

胃経の募穴
○上腹部の中央 胸骨の下3横指 
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

(取穴)
上腹部の前正中線上、へその中央から上に4寸。

直刺0.8〜1.5寸



CV-12
(ジョウカン)(Shagwan)
(効能)
  1. 胃の気を下降させて、胃の機能を改善
  2. 痰を取り除き
  3. 精神を安定させる。
(主治)
[ダンチュウ]と共に上焦の病を治す。
胃痙攣、胃酸過多、胃潰瘍、胃カタル、神経性心悸亢進症、喘息、めまい、肋膜炎。

難聴、中耳炎、歯痛、眼痛。
三叉神経痛、顔面神経麻痺、小児のひきつけ。
(配穴)
+神門」(精神障害に)

去痰/安眠作用

○胸骨の下方2横指 
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線
(取穴)
上腹部、前正中線上、へその中央の上方5寸。

直刺0.5〜1寸




CV-14
(コケツ)(juque)
(効能)
  1. 心をおだやかにし、精神を安定させる
  2. 胸のつかえを取り除き、痛みを止める。
(主治)
心臓病一般、胃酸過多、食道狭窄、喘息、呼吸器病、上肢の神経痛・リウマチ。

胸痛、咳嗽、心痛、心悸亢進、精神不安、てんかん、健忘、しゃっくり、黄疸
(配穴)
「巨闕+心兪」(動悸、胸苦しさに)

去痰/安眠作用

○胸骨の下方1横指 
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

心経の募穴
「武術での水月。強打されると悶絶する。その気付けは[心兪]を叩くor押すと覚醒する」
(取穴)
上腹部の前正中線上、へその中央から上に6寸。
(刺法)
直刺0.5〜1寸




CV-15
(キュウビ)(Jiuwei)
(効能)
  1. 心をおだやかにし、精神を安定させる
  2. 胸のつかえを取り除き、ぜんそくを鎮める。
(主治)
心痛、胃痛、嘔吐、シャックリ、テンカン、精神病

精神不安、腹皮の痛みとかゆみ、
(配穴)
「鳩尾+後谿(SI-3)」(てんかん)

(取穴)
前正中線上で、胸骨剣状突起の直下(CV-12の上3寸)にとる。
上腹部の前正中線上、胸骨体の下端から下に1寸。

○みぞおちの中央 
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

任脈の絡穴
剣状突起の直下で左右の肋骨が分かれる所にあるのが鳩尾穴。その形が両翼を広げた鳩に似ており、剣状突起が鳩の尾に似ているところからこの名が付いた。
(刺法)
直刺0.5




CV-16
(チュウテイ)(Zhongting
(効能)
  1. 胸のつかえを取り除き、気のめぐりを改善する
  2. 気を下降っせて嘔吐を止める。
(主治)
ヒステリー、乳房炎、

胸痛、ぜんそく、嘔吐、胃酸過多。
(配穴)
「中庭+中府(LU-1)」(嚥下困難、嘔吐に)

○左右第5肋間で胸骨の正中
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○白線

(取穴)
前胸部の前正中線上、胸骨体下端の中点。
(刺法)
横刺0.3〜0.5寸



CV-17
(ダンチュウ)
(Danzhong)
(効能)
  1. 気のめぐりを改善し、痛みを止める
  2. 津を生じ、液を増やす。
(主治)
心臓病、肋膜炎、狭心症
心悸亢進、神経衰弱、背面の肩胛骨間の疼痛。

咳嗽、ぜんんそく、神経症、憂鬱症、
しゃっくり、母乳の不足。
(配穴)
「チ中+気海」(しゃっくり)

○左右乳頭間で胸骨の正中
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○ー

心包経の募穴
(取穴)
前胸部の前正中線上、第4肋間と同じ高さ。
(刺法)
横刺0.3〜0.5寸




CV-18
ギョクドウ)(yutang
(効能)
  1. 胸のつかえを取り除き、気のめぐりを改善する
  2. せきを止め、ぜんそくを鎮める
(主治)
気管支炎、哮喘、胸膜炎、嘔吐
胸痛、咳嗽、ぜんそく、嘔吐、乳房腫痛。
(配穴)
「玉堂+幽門(KI-21)」(嘔吐)

○左右第3肋間で胸骨の正中
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○ー

(取穴)
前胸部の前正中線上、第3肋間と同じ高さ。
(刺法)
横刺0.3〜0.5寸




CV-19
(シキュウ)
(効能)
  1. 胸のつかえを取り除き
  2. 気のめぐりを改善し、咳を止め、ぜんそくを鎮める。
(主治)
気管支炎、肺結核、胸膜炎

胸痛、咳嗽、ぜんそく、ノドの痛み、喀血、嘔吐
(配穴)
「紫宮+玉堂(CV-18)+太谿(KI-3)」(せき)

紫宮は帝王の星座名。本穴は心臓の位置にあるので、名づけられた。

(取穴)
○左右第2肋間で胸骨の正中
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○ー


(取穴)
前胸部の前正中線上、第2肋間と同じ高さ。
(刺法)
横刺0.3〜0.5寸




CV-20
(カガイ)

(Huagai)
(効能)
  1. 胸のつかえを取り除き
  2. 胸部の調子をととのえ
  3. せきを止め、ぜんそくを鎮める
(主治)
咽喉炎、喘咳、胸痛

○胸骨体と胸骨柄の接合部
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○ー

(取穴)
前胸部の前正中線上、第1肋間と同じ高さ。
(刺法)
横刺0.3〜0.5寸




CV-21
(センキ)(Xuanji)
(効能)
  1. 胸のつかえを取り除き、肺の機能を整える
  2. せきを止め、ぜんそくを鎮める。
(主治)
胸痛、喘咳、咽喉腫痛
、ぜんそく、ノドの痛み。
(配穴)
「+気海」(慢性気管支炎、気管支喘息)

○頸窩の直下
○知覚神経(肋間神経前皮枝)
○ー

(取穴)
前胸部の前正中線上、胸骨上窩から下に1寸。天突の下方1寸にある。
(刺法)
横刺0.3〜0.5寸




CV-22
(テントツ)(Tiantu)
(効能)
  1. 肺気の通りをよくする
  2. せきを止め、ぜんそくを鎮める。
(主治)
哮喘、気管支炎、咽喉炎、甲状腺腫大、嘔吐

呼吸困難、ぜんそく、梅核気、急性失声症。

定喘去痰の常用穴

○頸凹の中央
○知覚神経(頸横神経)
○胸骨甲状筋

(取穴)
前頸部の前正中線上、胸骨上窩の中央。
(刺法)
0.2寸斜刺後、胸骨柄内縁に至り、鍼先を下方に変え気管前縁を1寸横刺。




CV-23
(レンセン)(Lieque)
(効能)
  1. ノドの調子を整える
  2. 舌のこわばりを緩める
  3. 腫れを抑えて、痛みを止める。
(主治)
気管支炎、咽喉炎、哮喘、舌炎、流涎、中風後の失語

舌下腫痛、、言語障害、急性失声症、嚥下困難
(配穴)
「廉泉+通里」(失語症)

○喉頭突起の上際
○知覚神経(頸横神経)
○ー

(取穴)
前頸部の前正中線上、喉頭隆起の上方で、舌骨の上にあるくぼみ。
(刺法)
直刺0.5〜1寸

漿



CV-24
(ショウショウ)(Chengliang)
(効能)
  1. 津を生じ、液を抑える
  2. 筋を緩めて伸ばし、経絡の通りをよくする。
(主治)
顔面神経マヒ、牙関緊急、牙痛、流涎、頭頂痛

三叉神経の下顎神経痛、下歯痛、顔面浮腫、構音障害。
顔面浮腫、糖尿病。
(配穴)
「承漿+後谿」(頭頂強痛)

(取穴)
前正中線上で、オトガイ唇溝の中央の陥凹部にとる。

○おとがい唇溝の中央
○知覚神経(下顎神経)
○口輪筋

(取穴)
顔面のオトガイ唇溝中央のくぼみ。
(刺法)
斜刺0.3〜0.5寸


広告





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬