ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



妊娠・可能性あるもの



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告






受精の現象にカルシウムイオンの細胞内放出が欠かせない
1995年、精子が卵子に泳ぎ着き、融合するや否や細胞の分割が始まることを発見したのが、「御子柴細胞制御プロジェクト」で総括責任者を務める御子柴克彦・東京大学医科学研究所教授である。 


細胞内のカルシウムイオンのタンクがあり、その水門を『イノシトール3リン酸受容体』というタンパク質が固めているという事実だ。     
  • たとえば、精子が卵子に潜り込むと、間を置くことなくタンクがカルシウムイオンを放出、これをきっかけに静かだった細胞が動き始める。


同じことは、神経細胞が別の神経細胞から情報を受ける際にも起こることが分かった。

神経伝達物質の刺激は、カルシウムイオンタンクの開放を起こすという機構で見る限り、受精と全く変わらない。

調べてみると、筋肉の収縮、免疫系や内分泌系の活性化など、非常に多くの動きが同様の仕組みで進んでいた。


研究グループが現在、注目しているのが
脳の病気とカルシウムイオン放出機構との関係である。

これまでに、放出機構を妨害すると小脳の記憶メカニズムが働かなくなることを確認した。

又、タンクに細工をすると実験動物が癲癇<テンカン>のような発作を起こすことを確認している。



飲酒の影
「母親が妊娠中に飲酒した場合、1kg未満で生まれてきた超未熟児(超低出生体重児)では、生後4週間以内に死亡する危険度が飲酒しない母親に比べて高いという調査結果を、神戸大医学部と全国11カ所の新生児担当医師らとの共同研究グループがまとめた。
 神大医学部小児科の中村薫教授、芳本誠司医師らが、新生児集中治療施設室(NICU)がある東京、大阪などの病院と協力し、一昨年の1年間に生まれてNICUで治療が必要だった低出生体重児計785人について、母親の生活習慣などについて調べた。その結果、
<1>750g未満のうち4週間以内に死亡
  飲酒なし(139人)--------29%(41人)
  飲酒習慣あり(5人)------60%(3人)
<2>750g〜1kg
  飲酒なし(204人)--------9%(19人)
  飲酒習慣あり(12人)-----33%(4人)
<3>1kg〜1.5kg 
  飲酒なし(442人)--------3%(12人)
   飲酒習慣あり(25人)-----0%(0人)
1kg未満の低出生体重児で母親の飲酒習慣がある場合の死亡危険度の上昇が目立った



食事
レバー
「妊娠中にレバーを食べ過ぎると胎児の発育に悪影響を与える恐れがあることを、 昭和薬科大学が動物実験で突き止めた。
レバーには大量に取りすぎると胎児の 発育を妨げるビタミンAが多く含まれており、食べ過ぎは発育不全や死産を引き 起こす可能性があるという。妊婦は鉄分不足をレバーで補うことがあるが田代真 一教授は「妊娠中はレバーを食べ過ぎないこと」と警告している。


ビタミンA
は胎児の体の形成にかかわる物質で、米国の産婦人科学会は妊婦がビタミンAを摂取しすぎると胎児に悪影響があると注意を呼びかけている。


研究グループは、100g中の牛レバー中にビタミンAが若い女性の1日の必要量の25倍もあることを解明、その摂取の影響をネズミで調べた。

実験では、妊娠する1週間前からレバを与えたネズミと、普通のエサを与えたネズミの胎児の発育を比較した。
この結果、人間に換算して1日に約100gのレバーを食べ続けた親は普通のえさを食べたグループに比べ、奇形や死産の発生率が(19%)から(26.7%)に高まり、300g与えると発生率は(31.8%)に達した。
研究グループはネズミの胎児の発育不全がレバー中のビタミンAに起因しているとみている。ただ、適量は必要な栄養素でもあり、妊娠していなければレバーを食べ過ぎても問題はないという。
 




に注意
先天性トキソプラズマ症

「妊娠中に初めて感染すると、胎児に移って脳などに障害を起こす可能性があると言われる『先天性トキソプラズマ症』は、火の通っていない生肉などを食べると感染の危険性が高まるので要注意。

そんな調査結果を欧州の研究グループがまとめ、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルで発表した。
グループはイタリアやスイス、ノルウェーなど5ヶ国の6年の妊婦計1000人あまりを対象に、感染の有無や食習慣、生活スタイルなどを聞いて何が危険因子なのか調べた。

初めての感染が妊娠中ではなかった人を含め感染者は252人。

感染源は年によってばらついていたが、約3割〜6割が食肉だと判断された。

生肉や十分に加熱していない肉を食べた場合の感染リスクは、子羊肉で約3倍、牛肉では約2倍になることが分かったという。


トキソプラズマ症 
原虫が原因。
ネコ
 の糞を通して感染することがあるたされるが、ネコを飼っていても感染率が上がる傾向はみられなかった。もっとも、ネコの糞のついた土には触れない方がいいらしい」




エイズウイルス(HIV)の母子感染
妊娠中に適切な措置を執ればエイズウイルス(HIV)の母子感染を防げるようになったにもかかわらず、防止策が確立した1996年以降も対策を取らなかった母親から生まれた11人の赤ちゃんが感染、うち7人が死亡するかエイズを発症したことが、厚生労働省研究班の調査で判明。防止策を実施しなかったのは、母親が妊娠初期にHIV抗体検査を受けなかったために感染に気づかなかったことが原因と見られ、研究班の戸谷良造・国立名古屋病院第1産科医長は「公的補助制度を充実し全妊婦が検査できるようにすべきだ」と訴えている。
研究班は、全国の産婦人科約1600施設と小児科3300施設を対象に実施。約半数の施設から回答を得た。小児科の調査によると、母に複数の抗HIV薬を投与し帝王切開で出産後、子にも同薬を飲ませる感染防止策が確率した1996年以降では、この方法で出産した86人からは1人も母子感染が起きていなかった。しかし、この方法をとらなかった50人のうち11人が母子感染していた




“知らないのは愚か”
“知らせないのは罪”

フランスでは2000年11月、未成年者の人工中絶を減らすため、性交直後に服用すると効果のある緊急避妊薬を学校などで無料配布することが決まった。国会で1年がかりの激しい論争を繰り返した末の決定だった。

フランス国内の未成年者の妊娠は年間約20000件。

その半分が望まない妊娠で、約6700件(1998年)が人工中絶を選んだ。こうした若者の性の問題に対応するため、校内に避妊具の自動販売機を設置する学校も有れば、保健室が照会する避妊問題相談所を通じ、生徒が無料で避妊薬(ピル)を入手することも出来る。
それにかかわらず、なかなか減らない人工中絶に対応するため、ロワイヤル学校担当相(当時)は昨年1月、学校での緊急避妊薬の無料配布に踏み切った。

緊急避妊薬は、フランス国内で2種類が認可されており、学校などで配布されるのは、『ノルノボ』名で販売されているもの。大きな副作用もなく、昨年から処方箋なしで薬局で購入できるようになった。

性交後72時間以内に1錠、その後12時間以内に2錠を服用することで受精卵が子宮に着床することを防ぐ効果がある。
  • 服用のタイミングから
  • モーニングアフターピル」とも呼ばれる。


2010年、「ノルレボ錠0.75mg」あすか製薬

海外での臨床研究によれば、妊娠を阻止できる確率は84%。避妊できるのは、薬に黄体ホルモンが含まれ、女性の体で働くホルモンのバランスをすこしずらして妊娠しにくい状態にするためとされる。

排卵そのものを遅らせたり抑えたりして受精自体を起きなくする。排卵後で受精していても子宮内に着床しにくい状態に変えると考えられている。





受精に関与
アンジオテンシン変換酵素

体内で血圧を調節していることで知られる酵素が、受精にも関与していることを発見した。
この酵素の機能のうち受精に関係する機能を止めることが出来れば、新たな避妊薬になる可能性がある。 


成果は2005年1/24付けのネイチャーメディシン電子版に掲載。

新機能を発見したのは、阪大の竹田潤二教授、京都大学再生医科学研究所の近藤玄・助教授らのチーム。 


細胞表面にくっつく様々なタンパク質を切り離す作用がある酵素を発見し、詳しく調べたところ、

血圧を上昇させる『アンジオテンシン変換酵素』であることが判明した。

切断されるタイプのタンパク質は数100種類だが、受精に関係している。

この酵素が無いと精子と卵子は結合できない。

この酵素の働きを止める化合物を見つければ、新しい避妊薬となる。 







のむ中絶薬でトラブル
個人輸入

日本で未承認の「飲む中絶薬」がインターネットの個人輸入で出回り、服用した女性の中に出血が止まらないなどのトラブルが発生したり、使用してはいけない子宮外妊娠の女性が服用して緊急手術に至ったケースもあることが2004年9/25、判明。

厚生労働省監視指導・麻薬対策課などによると、妊娠初期に飲んで人工的に流産させる錠剤タイプの経口中絶薬で、日本では未承認だが、フランスやアメリカでは承認され医師の監視下で使われている。
米食品医薬品局(FDA)のHPに掲載された服用の手引きによると、妊娠49日以内が対象で、子宮収縮剤と組み合わせて服用する。子宮外妊娠の人は使用禁止。使用可能な者でも100人のうち1人程度は出血量が多く手術が必要になる、としている。






激しい腹痛、吐き下しがあれば
その女性が未婚・既婚を問わず、妊娠による腹腔内出血をマークすべきです。
  • 22歳の女性。
  • バーのホステスで独身。
  • 部屋の中で全裸のままあおむけに倒れていた。
  • 健康状態は普通だったという。
  • 解剖の結果、腹腔内に1800_bの血液が貯留しており、右卵管の峡部が破裂していた。
  • すなわち子宮外妊娠による卵管破裂が死因。

(越永重四郎著「監察医の事件簿から」)




ガン患者の卵巣を凍結保存後、妊娠
ガン治療後に解凍・人工授精して妊娠
  • 2012年、米ハーバード大学や東京医科歯科大学などは、ガン患者の卵巣の一部を凍結し、ガン治療後に解凍・人工授精して妊娠させることに成功した。
  • 新しい卵巣凍結法として凍結タンクに高い磁場をかけ、一定時間低温下においた。
  • 成果はネイチャー・プロトコルズに掲載。
  • 研究チームは子宮頸ガンを治療する前の患者から卵巣の一部「卵巣皮質」を採った。
  • 従来の凍結方法よりも2倍強い磁場のもとで凍結した。−5℃でも水が凍らない状態で20分間おいた後に、−140℃まで冷やして保存した。その後、融解させて卵子の元となる卵母細胞を取り出し、薬品などで処理して患者の卵管に戻したところ、24週間後に成熟した卵子になった。
  • 卵子になった後に、もう一度採りだして、体外受精させて子宮に戻したとところ妊娠した。
  • 従来の方法で凍らせると、成熟した卵子には育たなかったという。
  • 研究チームは、成熟した卵子では卵母細胞の時から9つの特定遺伝子の働きが高井ことも突き止めた。
  • 妊娠に適した卵子の指標になる。




(ピエゾ式)
顕微授精は精子を微小なガラス管で卵子に注入し受精する方法
  • ガラス管が瞬間的に動きスムーズにさせるので卵子へのダメージが少ない。


従来法は精子を入れた微小なガラス菅で卵子の細胞膜を破ってから注入するタイミングが難しく、刺す際に卵子が変形しダメージがあり、卵子の生存率を引き上げるのに限界があった。

荻窪病院虹クリニックの平岡謙一郎室長は2010年10月〜11年12月までに、同意をえて卵子約500個を使い、従来法とピエゾ式を比べた。
卵子の生存率は・・・
  • 従来法が90%、ピエゾ式は95%

受精率は・・・・・・・・
  • 従来法が70%、ピエゾ式は77%

ピエゾ式は1998年に世界初のクローンマウスを作るときに使われたのが最初





代理出産・・・67歳
世界最高齢
  • アテネ・AFP時事
  • ギリシャで67歳の女性が、自らの43歳の娘の代理母となって出産に成功した。
  • アテネの産科医のチームが2017年1/2までに、発表した。
  • 主治医は国営テレビに対し「娘の医学的状況に基づいた出産だった。国際的な記録に基づけば世界最高齢の代理母」と述べている。








<1>妊娠初期に使用不可の精油:
  • [アニス][マグワート][アルニカ][バジル]
    [クラリセージ][サイプレス][フェンネル]
    [ヒソップ][ジャスミン][ジュニパー][マージョラム]
    [セージ][タイム][ウインターグリーン]
<2>妊娠後期(6ヶ月以降)に使用可能:
 ラベンダー
 ローズマリー:脚の浮腫




関連情報 二分脊椎
妊娠高血圧症候群
不妊症
カルシウムイオン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査