情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




(PIH)
妊娠高血圧症候群








ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)



妊娠の雑病
(妊娠前後の問題)




妊娠高血圧症候群
pregnancy induced hypertension(PIH)
(病態)
  • 妊娠20週以降〜分娩後12週までに高血圧が見られる場合。
    またはタンパク尿を伴う疾患。
    これまで妊娠中毒症と呼ばれていたが、2005年4月から妊娠高血圧症候群と名称変更。


(検査)
  1. 血圧
    ・収縮期(140mmHg以上)拡張期(90mmHg以上)・・・軽症
    ・収縮期(160mmHg以上)拡張期(110mmHg以上)・・・重症
  2. 尿タンパク・・・・・24時間尿で300mg/日以上で
    ・2g/日未満・・・・軽症
    ・2g/日以上・・・・・重症
  3. クレアチニン・・・・・1.5ng/dl以上
  4. BUN・・・・・・・・・・20mg/dl以上
  5. 血清タンパク・・・・5g/dl以下
  6. 尿酸・・・・・・・・・・5.5mg/dl以上
  7. 尿中エストリオール・・・・15mg/日以下







母体の死因

  • 子宮外妊娠
  • 妊娠時高血圧症候群
  • 羊水塞栓症・・・分娩直後の母親の急死の過半数を占める。






PIHの治療
  • 2010年、大阪大学の伊川正人准教授らは、妊娠中の女性の血圧が異常に上がる「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」をマウスで再現し、コレステロールを下げる薬を投与して治療する実験に成功した。
    成果は米科学誌アカデミー紀要(電子版)に掲載。
    妊娠中毒症は妊婦の脳出血をひきおこすほか、胎児の発育遅れなどを招く危険がある。
    研究チームは、マウスの胚に血管の成長を抑えるタンパク質の遺伝子を導入し、代理母マウスの子宮に入れた。
    妊娠の後期に血圧が高くなり、妊娠中毒症とそっくりの状態になった。
    この母マウスに、血中コレステロール値を下げる薬「プラバスタチン(メバロチン)」を投与すると血圧が正常に戻った。
    血管成長を促す作用のある胎盤成長因子が血中で増え、sFLT1が減少していた。
    腎障害や、胎盤で血管がうまく作られないために起こる胎児の発育の遅れなども改善した。









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬