ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


(PIH)
妊娠高血圧症候群




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






妊娠高血圧症候群
pregnancy induced hypertension(PIH)
(病態)
  • 妊娠20週以降〜分娩後12週までに高血圧が見られる場合。
    またはタンパク尿を伴う疾患。
    これまで妊娠中毒症と呼ばれていたが、2005年4月から妊娠高血圧症候群と名称変更。


(検査)
  1. 血圧
    ・収縮期(140mmHg以上)拡張期(90mmHg以上)・・・軽症
    ・収縮期(160mmHg以上)拡張期(110mmHg以上)・・・重症
  2. 尿タンパク・・・・・24時間尿で300mg/日以上で
    ・2g/日未満・・・・軽症
    ・2g/日以上・・・・・重症
  3. クレアチニン・・・・・1.5ng/dl以上
  4. BUN・・・・・・・・・・20mg/dl以上
  5. 血清タンパク・・・・5g/dl以下
  6. 尿酸・・・・・・・・・・5.5mg/dl以上
  7. 尿中エストリオール・・・・15mg/日以下







母体の死因

  • 子宮外妊娠
  • 妊娠時高血圧症候群
  • 羊水塞栓症・・・分娩直後の母親の急死の過半数を占める。






PIHの治療
2010年、大阪大学の伊川正人准教授らは、妊娠中の女性の血圧が異常に上がる「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」をマウスで再現し、コレステロールを下げる薬を投与して治療する実験に成功した。
成果は米科学誌アカデミー紀要(電子版)に掲載。


妊娠中毒症は妊婦の脳出血をひきおこすほか、胎児の発育遅れなどを招く危険がある。

研究チームは、マウスの胚に血管の成長を抑えるタンパク質の遺伝子を導入し、代理母マウスの子宮に入れた。
妊娠の後期に血圧が高くなり、妊娠中毒症とそっくりの状態になった。

この母マウスに、血中コレステロール値を下げる薬「プラバスタチン(メバロチン)」を投与すると血圧が正常に戻った。
血管成長を促す作用のある胎盤成長因子が血中で増え、sFLT1が減少していた。

腎障害や、胎盤で血管がうまく作られないために起こる胎児の発育の遅れなども改善した。







(妊娠高血圧症候群)
酸化ストレスで症状が改善

2017年、鈴木教郎・東北大学準教授らのグループ。
体に悪影響を及ぼすことが多く、胎児の発育を妨げる妊娠高血圧症状の一因でとされてきた酸化ストレス

“悪玉因子と考えられてきた酸化ストレスに良い効果があることが分かった。さらにデータを集めたい”(鈴木准教授)

グループによると、妊娠高血圧症候群は、妊婦の3〜5%が発症する。
母体から胎児に栄養素を送る胎盤の血管が減少し、胎児の成長を阻害する。
母体にも臓器障害などが生じる。

妊娠高血圧症候群になった妊婦にも、細胞を傷つける活性酸素が細胞内にたまった「酸化ストレス」の状態が見られ、病気の一因とされてきた。

そこで、妊娠中に高血圧を起こすマウスで、酸化ストレスのレベルを変化させる実験をした。その結果、
  •  酸化ストレスのレベル
    a 妊娠高血圧マウスは妊娠中に約20%が死んだ
    b レベルを下げると、胎盤の血管は減少し、致死率は40%に上昇。
    c レベルを上げると胎盤の血管は正常に形成され、致死率は5%以下だった






妊娠の雑病
(妊娠前後の問題)







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬