ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



においに過敏(臭覚異常)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)






臭覚異常
  • ニオイに敏感すぎる。





自己臭症
  • 嗅覚の意識が自分のニオイに向かう病態に自己臭症がある。
    自分の体臭や口臭が人に迷惑を与えると思い込む。





Kalman症候群
  • ⇒間脳疾患の1つ。
  • 散発性・家族性に見られ、男子に多い。

(症状)
  • 性腺発育不全による類宦官症(主徴)
  • 嗅覚異常(主徴)
  • 色盲
  • 知能低下






いやなニオイを学習
2010年、大阪大学の木村幸太郎特任准教授らのチームは、イヤなニオイに対する学習が神経細胞へのドーパミンの働きによって制御されていることを、線虫の実験で突き止めた。

成果は米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに掲載

実験では線虫に嫌なニオイを事前に1時間かがせた後、再びかがせた。事前にニオイをかがせなかった場合に比べて、おり遠くに逃げられることがわかった。

この学習機能に必要な遺伝子を探索。
  1. ドーパミンを合成できないよう遺伝子変異を起こしたタイプや、
  2. 特定のドーパミン受容体が損なわれたタイプ 線虫では「よりキライになる」という学習が起こらなかった。
  • このドーパミン受容体は「RIC」と呼ばれる左右一対の神経細胞で働いており、受容体に作用する精神病の治療薬を投与した場合も、今回の学習が起きなかった。







ニオイ、鼻の粘膜で分解
2010年、東京大学の東原和成教授らは、匂いが伝わるメカニズムの一端をマウス実験で突き止めた。鼻の粘膜に溶け込んだニオイの物質の一部を酵素が分解し、元のニオイ物質と混合物をニオイとして感じていた。

酵素の量や種類は民族や年齢で微妙に異なる。
人によってニオイの感じ方が違うという。



鼻の上皮細胞を覆う粘膜に、葉のニオイ物質であるアルデヒドや柑橘類などのニオイ物質であるアセチル基を持つ物質を分解する酵素があることを突き止めた。

ハーブの一種「クローブ」の香りであるアセチルイソオイゲノールをマウスに嗅がせ、覚えさせた。

分解酵素が働かないようにして嗅がせたら、反応しなかった。

鼻の粘膜を調べると、普通のマウスではアセチルイソオイゲノールと分解物であるイソオイゲノールがあった。一方、酵素が働かないマウスの粘膜には分解物はなかった。

東原教授は“粘膜では元の物質と分解物の両者をそれぞれ認識し、それらを合わせたものを1つのニオイとして感じている”と説明する。




においの好き嫌い
ヒトを含むほ乳類の嗅覚の情報は、たとえると約10000画素のデジタル画面に画像化され、この情報を元に脳がこのニオイは好き、嫌いなどを判断していると、坂野仁・東大名誉教授は語る。


さらに「cAMP」という伝達物質を介してニオイに対する神経を形成していく。

このように進化の過程でニオイに対する機能は増えてきたが、その一方で「迷う」という自体も生じているとという。

たとえば、ニオイの好き嫌いについても本能と学習の2本立てで判断するためで、そこに葛藤が生じる




好きキライの脳内メカニズム
2016年、理化学研究所がショウジョウバエで解明。

ニオイの好きキライが脳のどのような情報処理によって決定されるかは不明だった。

ショウジョウバエの嗅覚回路に着目し、その神経活動からニオイの嗜好を解読。

ハエの行動に応じてニオイや景色が変化する「仮想空間」を構築し、その中で飛行するハエのニオイに対する応答を解析した。

その結果、
84種類のニオイに対して誘引(留まる行動)〜忌避(逃げる行動)まで様々な反応を示した、


ハエはニオイを認識するスピードは速く、嗅覚刺激と接触してから約0.2秒誘引・忌避行動を選択した。

嗅覚情報を処理する脳領域「触覚葉」がニオイに対してどう応答するかを調べた。

触覚葉は約50個の糸球体で構成され、各糸球体は異なるニオイ情報を伝達する経路とみなすことができる。

レーザー顕微鏡を用いたカルシウムイメージングで糸球体群の神経活動パターンの記録に成功。各糸球体は固有の割合(重み)で誘引もしくは忌避に貢献することが分かった。

従来の「ニオイの嗜好は特定少数の糸球体の活動によって決定される」とする仮説が覆った。







においで
動物がいやがる忌避剤を開発する脳科学香料の技術顧問を務める公益財団法人・大阪バイオサイエンス研究所の小早川令子室長らは動物の嗅覚メカニズムから天敵の忌避が先天的な嗅覚神経回路によることを解明。

天敵の存在を思い起こさせ恐怖感を起こす「機能性におい分子」の発見に成功。



関連情報 片頭痛

ニオイが分からない









TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬