ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ニトロダームTTS
(ニトログリセリン)




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告






狭心症治療薬
一般名 ニトログリセリン
商品名 「ニトログリセリン」「ニトロシンパフ」「ニトロダームTTS」「ニトロペン」「ニトロラム」「バソレーター」「バソレータ-RB」「ヘルツァー」「ヘルツァーS」「ミオコール」「ミニトロ」「ミリス」「ミリスロ-ル」




①静脈系容量血管を拡張して前負荷を軽減し、末梢動脈を拡張して後負荷を軽減する(細胞内cGMPの増加によるとされる)。
②太い冠動脈を拡張し冠動脈の攣縮を緩解する。
③その結果、心筋への血液の供給量を増やし、狭心症の痛みを去ります。




狭心症






①硝酸・亜硝酸類に過敏歴がある者。
②低血圧(重篤な者)
③頭部外傷がある者。
  • 頭蓋内圧亢進状態のもの
④脳出血している者
⑤貧血(著しい者)
⑥閉塞隅角緑内障





原発性肺高血圧症
低血圧
閉塞性心筋症(肥大型)



以下との併用で血圧低下作用が増強されます。
1.飲酒。
2.ACE阻害剤
3.Ca拮抗薬
4.他の血管拡張薬
5.メジャートランキライザー

以下との併用で、頭痛を引き起こし、血圧低下作用を増強する。
亜硝酸製剤
硝酸製剤

以下との併用で、本剤の作用が減弱される。
アスピリン
非ステロイド性消炎剤







ニトロダームTTS副作用(五十音順)
①嘔吐

②かぶれ

顔面紅潮

④頸部硬直感

下痢

⑥血圧低下

⑦倦怠感

⑧失神

⑨心悸亢進

⑩頭重感

⑪頭痛

⑫接触性(激しい)皮膚炎が起きる。

⑬尿失禁(尿もれ)

⑭熱感

⑮脳貧血

⑯吐き気

⑰発汗

⑱疲労感

⑲びらん

⑳頻脈

㉑浮腫

㉒便失禁(便がもれる)

㉓耳鳴り

㉔めまい




赤血球からの酸素放出を増加させる
血管を広げ、血液の流れる量を増やすことから、狭心症の特効薬とされているニトログリセリンに、赤血球からの酸素放出を増やす働きがあることが、国立香川医科大の教授らの実験で分かった。

研究したのは、香川医大第二生理学の小坂博昭教授(48)大阪大医学部第一生理学の精山明敏助手(40)。

体内で作られる一酸化窒素には、血管を拡張させて、血流を調節する働きがあるとされている。

ニトログリセリンにも一酸化窒素が含まれている為、狭心症の発作が起きたときに飲むと、血管が広がって血液が多く流れ、末端の細胞への酸素供給量が増え、発作が治るとされていた。

だが、化学的な作用は未解明の部分が多いため、小坂教授らは、ラットに即効性と遅効性のニトログリセリン系の狭心症の薬を与え、独自に開発した装置で末端の血管から細胞へ入る酸素量などを測定した。
 
その結果、血液量はほとんど変化がないのに、即効性の薬は、使用直後から酸素量が急激に増え、15分後には約1.8倍になった。遅効性の薬は酸素量がゆっくりと増加し、増加傾向が持続していた。

小坂教授は「過去の実験で、体内で作られた一酸化窒素ヘモグロビンとくっついた。酸素供給量が増えるのは、ニトログリセリンの一酸化窒素赤血球中のヘモグロビンと結合し、酸素が放出されるため、との仮説が裏付けられた。
  • ネイチャー・メディスン1997年4月号。




ニトログリセリン
硝酸化合物で総称で、ニトログリセリンはその代表である。

心臓の動脈を広げて血液や酸素の供給を増やす働きがあるため、狭心症の発作に効くという説明が一般的だ。

だが本当に重要なのは末梢の静脈を拡張させて、心臓に戻る血液の量を一時的に少なくし、心臓にかかる負担を軽くすることである。

硝酸剤は心不全に対して長い間使用されてきたが、現在は耐性が生じることやより効果的な血管拡張剤が出てきたため、心不全の治療における役割は低くなってきた。

最も即効性があるニトログリセリンは飲むと肝臓で分解される。
舌の下に含んで溶かすと早く吸収されて、よく効く。
除放錠や貼り薬もあるが、1日中効くようにすると耐性がすぐに出来る。

体内に薬が無い状態を1日8時間以上作ると耐性が出来にくい。
除放錠の服用は1日1回にし、貼り薬は1日10時間程度はがしておくと良い。昼だけ症状が出る人は夜は使用しないようにする。
舌下錠を立って飲むと一気に血圧が下がって失神することがあるので、必ず座って使用するようにする。

バイアグラと硝酸剤を併用すると血管が拡張しすぎて、ショック状態に陥ることがある。医師の注意を良く守るようにして欲しい」

ニトログリセリン
  • 祟城大学の前田浩教授(熊本大学名誉教授)らは、狭心症治療に使うニトログリセリンを、ガン病巣部に塗布することで抗ガン剤を効果的に送り込めることを発見した。
    マウス実験で、ニトログリセリンを塗布しない場合に比べ、ガン細胞に2倍の濃度で薬剤が集積した。腫瘍の大きさも塗布しない場合に比べて半分以下になった。
    成果は、2008年の日本癌学会で発表。


関連情報 狭心症
心筋梗塞症
心臓病







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬